そんな、べんちゃーな?

ボーイスカウトのVS隊長のべんちゃーな話

鞍馬

【鞍馬山】 牛若丸ハイキング 2014

あれから2年かあ。月日の経つのはあっという間やね。
今日はのんびり鞍馬でもいきますか。
-----------------------------------------------------------------------------
【鞍馬山】 牛若丸ハイキング 2014
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2014.10.18
天候:晴れ時々曇り。
場所:鞍馬山
出発:鞍馬駅(叡山鉄道)
到着:貴船口駅(叡山鉄道)
道程:[1]鞍馬駅→[2]由岐神社→[3]本殿金堂→[4]木根道→[5]魔王殿→[6]貴船口駅
Map:20141118_root_kurama
歩行:3時間
歩数:9520歩
距離:約 7Km
高低:20141118_koutei_kurama

備考:2009.10.3 【鞍馬山】 牛若丸ハイキング
2012.11.03【鞍馬山】 牛若丸ハイキング 2012
BV:★★(安心。途中でお弁当を食べるところあり。天狗が楽しい。)
CS:★★★(同上。牛若丸の話が楽しい。)
BS:★★(距離が物足りない。)
VS:★(高校生年代にはちょっと物足りないかもしれない。)
指導者:★★★ (空気が美味しい。気晴らしにいかが。でも遠いか。)
-----------------------------------------------------------------------------
■ 0900自宅出発
のんびりとしていたらこんな時間になってしまった。
桃山台から淀屋橋まで乗る。
0930ノンストップ京阪電車
いつのまにか新しいタイプの特急電車ができてる。
出町柳まで50分らしい。早い。470円。
後で気がついたのだが、「鞍馬貴船1dayチケット」を買う方が得だ。
大人一人1600円で京阪電車と叡山鉄道が乗り放題だ。
通常料金なら、淀屋橋と鞍馬の往復は1780円だから180円安い。
しかも、愛山料も200円が100円だ。

■ 1020出町柳
出町柳の改札口のすぐ右手にアンスリーという小さなコンビニがある。ここでお弁当を買った。
さらに叡山鉄道に乗る。相変わらずICカードは使えない。
するっと関西は使えるのだが、関西ではこのカードの廃止が決まったそうだ。
叡山鉄道はどうするんだろう。
終点の鞍馬駅までは大人420円だ。
■ 1039出町柳
券売機で切符を買っていたらもうすぐ出発だというアナウンスにあわてて改札を通過して電車に飛び乗った。
席はほとんど満席だったが、立っている人はいなかった。
せっかくだから先頭車両に移動する。

叡山鉄道は単線だ。途中の駅ですれ違う。
ゆっくりと景色を楽しんでくださいと言わんばかりのスピードで進む。情緒があってよい。
今はまだ紅葉していないがシーズンにはたくさんの人が押し寄せる。

20141018_kurama01

ジャパニーズピノキオ?

20141018_kurama02

鞍馬寺

■ 1100鞍馬駅
2年ぶりにに鞍馬に来たな。駅の小さなトイレに行列ができていた。外国人観光客も多い。
駅前には巨大な天狗のオブジェがある。
それを指差して、ジャパニーズピノキオとしゃべってる。
ちょっと違うな。天狗は嘘はつかない。

■ 1110鞍馬寺仁王門
愛山料として大人一人200円を支払う。

急な坂道を登る。周囲の人はフウフウいいながら歩いていた。
今日はケーブルカーが停止している。

そういえば、10月22日は有名な鞍馬の火祭りだ。
なんとなく思い出した。

20141018_kurama03

門から大杉さんを見る

20141018_kurama04

広々とした本堂金堂

■ 1115由岐神社
門をくぐると大きな杉がある。大杉さんと親しまれているらしい。まるで人間みたい。
いやいや御神木だ。
ここから、段差の小さな階段をゆっくりと歩く。
本堂まで800メートルほどだ。
途中の休憩所で休んでいる人がいる。

■ 1130本堂金堂
ここまで来ると見晴らしがよい。
参拝者がなにやら離れたところに並んでいる。
すぐに本堂にいかないのだ。
なんやろと思って観察すると、本堂前の20メートルほど手前に円形になった石の真ん中に三角の石がある。
その三角形の石の真上に立って一人の参拝者が本堂を拝んでいるのだ。
しばらくして、そのサークルを出て本堂に向かうと、次の人がサークルの真ん中に進んで拝む。
これを見ている人が順番に並んでいるのだ。こんな儀式は初めて見た。
2年前にはなかったな。誰かが始めたのだろう。
もし、これが正式な参拝方法なら説明書きがあるはずだがどこにもない。
そばにあった説明板には土を掘ったら板石がたくさん出土して、それを敷き詰めたということは書いてあった。
誰かが勝手にやり始めたことなんだろう。

無視してスタスタと本堂に入り参拝した。中には、数人の参拝者がいた。
本堂では読経が低く響いている。
お参りしてから本堂をでた。

20141018_kurama05

奥の院への階段

20141018_kurama06

ひっそりと背比べ石がある

裏に回って奥の院への階段を上がる。
少し急な階段だが、息が上がるほどではない。登り切ると宝物殿にでた。
すぐ横には与謝野晶子が弟子からプレゼントされたという書斎が丸ごと東京から移設されていた。
なんでここに?
説明があって経緯が書かれてあったが詳細には興味がなかったので部屋の中だけチラ見して先へ進んだ。
木の根がボコボコでた歩きにくい道になってくると背比べ石に出会った。

■ 1140背比べ石
たくさんの観光客が訪れていた。
その昔、牛若丸が自分と身長を比べたという石である。120cmほどか。
真偽のほどはわからないが、愉快なネーミングだと思う。

左手を見ると小高い丘のようなところに大きな木の根の集団が目に入った。
転けそうになりながら登り切ると、広く切り開けた場所に出た。

20141018_kurama07

大きな木の根

20141018_kurama08

正直じいさんは小さな弁当を買うのだ

■ 1150昼食
20人ほどの団体客がすでに休んでいた。木のベンチが8つほどある。
みんな楽しげに話をしている。おばちゃんたちは猛烈に喋っている。
ちょっと離れたところで、お昼をとることにした。
すると、その20名の集団のリーダーと思しき人が、ひょろろ〜と笛を吹いた。
なんとも小さな音色だ。そんな小さな音では誰も集合しないだろう。
と、思っていたら、なんとなくみんなが立ち上がって集まってきた。
聞こえてるんや。すごい。
ちょっと驚いた。

20141018_kurama09

目の前の木はツイストしていた

20141018_kurama10

こんなベンチがたくさんある

一汗かいたので、体が冷える。
いつものように神様と山の神様とボクのご先祖様と両親に感謝して御神酒をいただく。
初冬を思わせるような気温だ。バーナーでお湯を沸かしカップ麺を食べた。
体が冷えているので暖かい食べ物が美味しい。

■ 1245出発
あー、お腹いっぱい。もう寝たいな。← 酔ってるだけ

20141018_kurama11

義経堂

20141018_kurama12

魔王堂

1300魔王堂
たくさんの人がいた。反対側から上がってくる人も多い。
前回はここで昼ごはんを食べたことを思い出した。

ここから急坂をゆっくりと降りる。水道管のような手すりが続く。
途中でツクツクボウシが鳴いていた。これだけ急な坂を登ってきたのかと思う。

20141018_kurama13

出口にある赤い橋

20141018_kurama14

振り返って門をながめる

■ 1320出口
6240歩。
川沿いの舗装道路を歩く観光客と一緒になって貴船口方向に歩く。貴船神社にお参りしたのだろう。
先の20名の集団が、きちんと一列になって歩いていく。

20141018_kurama15

橋を渡ってすぐの喫茶店

20141018_kurama16

こんな感じの川を見ながら歩く

■ 1325バス停
公衆トイレがある。
ここで小休止。
5人の女子大生らしきグループがいて、バスを待っていた。
貴船口まで歩くかどうか話し合っている。歩くなんて考えられないそうだ。

川を左手に見ながら舗装道路を歩いていると正面からバスがやってきた。
10分ほどで後ろから折り返しのバスに追い抜かれた。
道なりに進み左へカーブするところに貴船口駅が見える。
同時に、あの軍団も見える。
狭い駅で一緒になったら大変だとばかり速足で追い抜いた。

■ 1350貴船口
9150歩
切符をそそくさと買った途端、電車が入ってきた。
ラッキー。電車に飛び乗った。
待ち時間ゼロ。車内の乗客はまばら。

■ 1420出町柳
9520歩。
さあ、どうする。このまま京阪電車に乗るか。でも、ちょっと喉が渇いた。
駅横にはロッテリアがある。
アイスコーヒーを買って京阪電車に持ち込むことにした。
■ 1436出町柳
ここが始発なので余裕で座ることができる。京阪特急に乗る。

■ 1532淀屋橋
■ 1610桃山台

[感想]
[1] のんびりとしたハイキング。
[2] お得な切符で行くべし。
[3] 千里中央からだと2時間弱もかかるのが難点。
[4] 交通の往復に時間がかかるがほとんど座れるから許す。

【鞍馬山】 牛若丸ハイキング 2012

もう一度行きたい。そう思って3年の月日が経った。
そうだ、鞍馬へ行こう。← 前回に引き続き、連続のパクリ。
なのにあなたは京都へ行くの〜。と歌いながら鞍馬に行ってきました。
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2012.11.03
天候:晴れ時々曇り。
場所:鞍馬山
出発:鞍馬駅(叡山鉄道)
到着:貴船駅(叡山鉄道)
道程:[1]鞍馬駅→[2]由岐神社→[3]本殿金堂→[4]木根道→[5]魔王殿→[6]貴船口駅
Map:
より大きな地図で 【鞍馬山】 牛若丸ハイキング 2012 を表示
歩行:3時間
歩数:8800歩
距離:約 4Km
高低:20121103_koutei
備考:2009.10.3 【鞍馬山】 牛若丸ハイキング
BV:★★(安心。途中でお弁当を食べるところあり。天狗が楽しい。)
CS:★★★(同上。牛若丸の話が楽しい。)
BS:★★(距離が物足りない。)
VS:★(高校生年代にはちょっと物足りないかもしれない。)
指導者:★★★ (空気が美味しい。気晴らしにいかが。でも遠いか。)
-----------------------------------------------------------------------------
■ 08:04 桃山台駅
 空は晴れているが空気は冷たい。
■ 08:30 淀屋橋(京阪特急)
 おけいはんの特急に乗る。京阪電車は特急料金が不要なので助かる。
■ 09:25 出町柳 (京阪)
 昔の駅は地上にあったが、今は地下。(地上にあった頃が懐かしい)
 改札を出てすぐ右前方にコンビニがある。ここで弁当を買う。
 叡山鉄道の出町柳の駅付近にはコンビニはないので要注意。
 それに鞍馬駅付近にもコンビニはない

20121103_kurama_1020121103_kurama_11

■ 09:45 出町柳(叡山鉄道)
 ポイントはずばり。pitapaが使えないっていうこと。つまりICカードには対応していない
 だから、切符を買わなくてはいけない。しかも、切符販売機は2台しかない。
 行楽シーズンは切符を求める人で行列ができるので、京阪から乗り換えする人は時間を余裕を持っておいた方がよいだろう。

20121103_kurama_1220121103_kurama_13

■ 10:15 鞍馬
 電車の先頭に陣取って、子供みたいに写真を撮る。
 たくさんの人がこの電車に乗っている。
 途中には無人駅もあって、停車するごとに運転手と車掌の二人が切符を回収する。
 実にのどかな光景だ。
 まだ、紅葉にはほど遠い。11月中旬から下旬頃が見所かもしれない。
 その季節になったらライトアップするそうだ。

 駅の出口付近に小さなトイレがある。  
 ここも女性用トイレの前で大行列ができていた。
 前回来たときも同じような状態だった。

 駅からぶらぶら歩いて鞍馬寺に向かう。

20121103_kurama_1420121103_kurama_15
■ 10:30 鞍馬寺
 前回と同じ時刻だ。
 駅から歩くこと100mくらいで、鞍馬寺の門前に。
 愛山料として200円払って案内のしおりをもらう。

20121103_kurama_1620121103_kurama_17
■ 1035由岐神社
大きな杉が見える。ご神木だ。
樹齢800年。高さは53メートル。

20121103_kurama_1820121103_kurama_19
大杉近くにある説明文と九十九折り参道。
前回も報告したが、清少納言が「枕草子」で「近うて遠きもの」の中に「くらまの九十九折りといふ道」と記したのがこの道だそうだ。
しばらく登りが続く。普通の靴だとちょっときついかもしれない。

20121103_kurama_2020121103_kurama_21
11:00 本殿金堂
少し曇ってきた。景色はこんな感じ。
たくさんの人がお参りしている。

20121103_kurama_22

立派な本殿金堂が見える。


20121103_kurama_2320121103_kurama_24
■ 11:15 背くらべ石
牛若丸が奥州平泉に去るときに、名残を惜しんで、ここで背くらべをした石といわれている。
このあたりに同じような石は他に見当たらない。へー、そうなんや。ちょっと愉快になる。

20121103_kurama_2520121103_kurama_26
■ 木の根道(写真左)
岩盤が固くて地下に根が張れない杉の根がこんなふうになっている。
ガイドブックによく出ている光景。歩きにくいので高齢の方は要注意。

■11:25 義経堂(写真右)
特にコメントはない。← 実は覚えていない。
というより体が冷えてきたので先に進んで昼食にしたかっただけ。

20121103_kurama_27
途中には、写真のような木の根道が展開する。
この山全体が岩盤が固いんやろな。

20121103_kurama_2820121103_kurama_29

■ 11:30 魔王殿
寒い!体が冷えるやん。太陽も隠れてるし...。
この先、昼食をとるスペースがないのでここで弁当を食べることにした。
たくさんの観光客がいたが、隅っこに陣取って食事にする。
そのうち、みんないなくなった。

火事注意という看板を確認して、バーナーでお湯を沸かす。
弁当よりもカップラーメンが食べたい。

しかしだ...。
儀式は欠かせない。ラーメンに注いだお湯の残りでカップ酒を温める。
グッドアイディーア!← こんなことには最大の力を注げる。
山の神様、鞍馬の神様、ご先祖様、その他皆々さまに感謝して熱燗をグィといただく。

あー、おいし。体が暖まる。

■ 12:13 出発
下りはけっこう急な階段が続く。膝を痛めないか心配だ。
こういうときにダブルストックが威力を発揮する。
中高年の方々には、このダブルストックをお勧めする。
なんど転倒から助けられたか。
私が買ったレキのダブルストックは2万円近くもするが十分元を取った。

20121103_kurama_3020121103_kurama_31
■1235 西門
しばらくすると西門に降りる。ここから登ってくる人も多いようだ。
川沿いに貴船口方面に下る。駅まで2.4kmほどだ。
ここからは平坦なコンクリート道が続く。

■12:45 バス停
ここにはトイレがある。バスを待つ人も多い。
のんびり貴船口まで歩くことにした。

20121103_kurama_3220121103_kurama_33

■ 13:20 貴船口駅
8890歩。
途中で歩いている人を見かけなかったのに、駅に着いてみればたくさんの人がいて驚いた。
帰りの電車はパノラマ電車だった。外を向いて座るようになってる。なるほど。
紅葉真っ盛りのシーズンは超満員になるそうな。

[感想]
[1] 前回と同じ。のんびりとしたハイキングだった。というより参拝やな。
[2] 距離は短いが前半はずっと登りの階段。きついと思う人はケーブルがある。
[3] 千里中央からだと2時間弱もかかるのが難点。
[4] 次回はもっと手前の駅から降りてコースを開発してみたい。
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS

このブログのフィードです。登録してくださいね。

RSS
  • ライブドアブログ