そんな、べんちゃーな?

ボーイスカウトのVS隊長のべんちゃーな話

嵐山

【京都】嵯峨野清滝 ベンチャー隊歓迎ハイキング 2018

もう春。入学シーズン到来。
ベンチャー隊の上進歓迎と送別ハイクに行くか。
-----------------------------------------------------------------------------
【京都】嵯峨野清滝 ベンチャー隊歓迎ハイキング 2018
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2018.03.25 (日曜日)
天候:晴れ(最高18度最低7度)
場所:清滝
出発:阪急嵐山
到着:阪急四条
道程:[1]渡月橋→[2]トロッコ嵐山→[3]二尊寺→[4]鳥居本→[5]落合橋
→ [6] 清滝→ [7]月輪寺分岐 →[8]高雄橋 → [9]槙ノ尾バス停
歩行:4.5時間
Map:省略
距離:約12Km
高低:とくになし
駐車:清滝
トイレ:嵐山駅/清滝
備考: 【京都】嵯峨野清滝ハイキング
BV:★★★(落合橋から)
CS:★★★(落合橋から)
BS:★★★(いける)
VS:★★★(飽きない)
-----------------------------------------------------------------------------
ボーイスカウトの活動年度は4月始まりに改正されたので、新旧交代と学年代わりであわただしい。
2018年度は新高校生たちが8名上進してくる。
ベンチャー隊も10名を超える大所帯だ。
進路先も決まり開放気分に浸っている新VSスカウトの歓迎とVS隊を卒業するスカウトの送別を兼ねて京都にハイキングにいくことにした。
■0830 千里中央駅集合
■0845 千里中央駅(モノレール)
■0915 南茨木
急行で行こうとしたが、電車が満員に近いので、準急でいくことにした。
■1005 嵐山駅
良い天気だ。今日の予想最高気温は18度というがもっとあがりそう。
たくさんの観光客がゾロゾロと下車してくる。

今日は、試験勉強明けだからゆるゆるとしたハイクにしよう。
駅前から、渡月橋まではすぐ。桜の開花予想では3月26日ごろとか。
見所となる渡月橋の桜はまだまだ七部咲きくらいだった。
それにしても、観光客が多い。
桂川の浅瀬はサラサラと流れていて風情がある。
大堰川沿いを一列になって進む。
阪急嵐山駅の前で記念撮影

阪急嵐山駅の前で記念撮影

渡月橋の前で記念撮影

渡月橋の前で記念撮影

観光客でごった返す渡月橋を渡り、大堰川沿いを歩く。
厳密に言うとこの川は保津川である。すれ違う観光客に日本人らしき人はいない。
ここはどこの国?といわんばかりの観光スポットだ。
そんな喧噪な観光地にあって、スカウト達は何食わぬ顔をして私のあとを着いてくる。
よく聞こえないが、なにやらわいわい話をしているようだ。
ま、それが楽しければ、それでよし。わたしも修学旅行の思い出は、景色ではなくエピソードだったからな。
公園を抜けて、トロッコ列車の嵐山駅を越えて、ズンズン進む。
そう、観光が目的ではないのだ。
渡月橋の前なのでこれは保津川

渡月橋の前なのでこれは保津川

時代劇の撮影場所として有名な二尊院

時代劇の撮影場所として有名な二尊院

■1120一の鳥居
ふむ。ちょっと、休憩するか。余裕の表情のスカウト達である。
楽しいのかそうでないのか、よくわからんが、楽しそうだから楽しいんだろう。
ずっと、しゃべりっぱなしである。

それにしてもだ。コジャレた嵯峨野の街並み。情緒満載。
写真は掲載しなかったが、旅行雑誌に載るような風景の連発だ。
佐藤スカウトが、なにやらこのあたりええ感じやなあ。とつぶやいていた。
そこをザックを背負ったボーイスカウトが歩く。ん、いい感じ。
デートするならここが穴場だ。と、心の中でつぶやく。
鳥居のしたでもぐだぐだと話をする

鳥居のしたでもぐだぐだと話をする

一の鳥居はデカいランドマーク

一の鳥居はデカいランドマーク

さあ、出発しようか。鳥居を左に進む。
鳥居の下で欧州人らしき若者が休んでいる。二人とも会話するでもなくスマホを操作していた。
そうか、最近はスマホで調べるんやな。とか思いながら先に進む。

山の中の舗装道路をひたすら上ることになるが、たいしたことはない。
あっと、いう間に、六丁峠にさしかかる。
気温が上がってきたのか、道路からムッとした熱気が体を昇ってくる。

清滝への下りの一部分にぽっかり空いた空間がある。
ここから鉄橋を走るJRの列車が見えるのだ。唯一のスポットである。
通り過ぎようとしたが、みんな、じっと待っている。
やがて、列車がやってきた。おおお〜、という感じでスマホで写メを撮っていた。
やがて六丁峠に

やがて六丁峠に

保津川下りの舟が見える!

保津川下りの舟が見える!

峠からくねくねとした道を下りる。下からは、時折、必死の形相で漕いでいるロードバイクが上がってくる。

■1200入り口
おお〜、清滝への入口だ。と、思っているのは私一人かもしれない。←予感は当たる
スカウトたちに聞くと、ここに来たのは初めてだという。それにしても反応は淡淡としている。

渓流沿いの路を歩いて行く。
安田スカウトが、盛んに、ここの水はめっちゃきれいやなあ。を連発している。
先頭を歩く私は、飛ばしすぎに注意しながら、分速60メートルのピッチで歩く。←おそらく合っているはず。
歓迎ハイクといいながらも、ボクも楽しい。ここは大好きな渓流ハイクなのだ。
透き通る川に、ゆらゆらと魚が泳いでいる。晴天なので、川の色は、緑がかった青色である。
新VSスカウト達もキョロキョロしている。

ここから清滝に入る

ここから清滝に入る

話に夢中のVS隊

話に夢中のVS隊(なんだかうれしそう)

ざああ、という川の音を聞きながら歩くと気分がいい。
しかし、スカウト達はずっとしゃべっている。
耳を澄ますと、自分はいかにキャンプでドツボにはまったかという失敗エピソードで満開だ。
よく考えると、VS活動でうまくいったときより、なにか、とてつもなく失敗したときのほうが記憶に強く残っている。
あとになって記憶に残るのは、きっと、そういうエピソードだな。と、今さらながら思う。
川を眺めながらスマホを見入るスカウト

川を眺めながらスマホを見入るスカウト

清流はさわやか。

清流はさわやか。

■1228清滝橋
さ、メシ、メシ、メシ、メシにしよう。河川敷に降りよう。
周囲は誰もいない。第一、桜は七部咲き。花見客は来ない。
これが秋だったらこうはいかない。晩秋の清滝ハイキングではこんな感じだった。

今日は歓迎ハイクなので、私とY副長でホットドッグをごちそうしようかと企画していた。
バーナー4器を用意してきた。Y副長は、必殺フライパンにヤカンのスペシャルバージョン。
フランクフルトをフライパンで炒め、ホットドッグを炒め、そう、なんでも炒めて食べるのだ。
カレー味のキャベツまで付いて、これにマスタード付けたら、どやっ、ちゅうくらい豪華なクレイジーホットドッグができあがり。
升田スカウトもなにやらバーナーやらお菓子を持ってきてくれて、その横でテキパキと準備する。

このコースで唯一のロープのコース

このコースで唯一のロープのコース

さあ、クレイジーホットドッグを食べよう

さあ、クレイジーホットドッグを食べよう

BS隊の基本は固定キャンプだから、移動キャンプを主とするVS隊の食事に慣れてもらう。
さあ、食べよう!

えっ、おにぎり食べてる?
新VSスカウト達は、まじめにスカウト弁当を食べているではないか。おおー、神よ!
こらああ、食え!このなにげにゴージャスな昼食を。水2Lとともに担いできたこの歓迎の食事を。

えっ、いいですって?西スカウトと北澤スカウトは話に夢中だ。
女子スカウトたちは遠慮しているのかもしれない。ベンチャーの野蛮さに警戒しているのか。
さらに、横を見ると、三木スカウトが、ゆったりとスケッチをはじめているではないか!
おおー、ボーイスカウト活動。スケッチブックを持っているのがすごいぜ。

「ベンチャーは、タフでなければキャンプはできない。優しくなれなければベンチャーの資格がない」
フィリップ・マーロウの言葉を思い出した。←ちょっと、場面がちがうか。

川嶋スカウトがホットドッグをあぶる

川嶋スカウトがホットドッグをあぶる

ちょっとピントがぶれたがカレー味のキャベツをいれたホットドッグ

ちょっとピントがぶれたがカレー味のキャベツをいれたホットドッグ

しかし、そこはローバー隊から参加してくれた近藤スカウト。
余裕の表情でカップメンを食べながら、「うまそうっすね」と近寄ってきた。
チーズが余っている。
今度、東京へ行くことになった川嶋スカウトは、
「こういうのはとりあえず炒めてみましょう。なんとか、食えますって。」
とやおら、フライパンにアルミホイルを敷き詰めて焼き始めた。
ドツボの経験は、他のどのスカウトよりも多いという経験の持ち主...。
炒めれば、なんでも食える男。

おっ、味はまあまあいけるな。でしょ。

何?お箸がない?どうする、川嶋?

「ここは、マッチ棒で突き刺して食べましょ。」とあっさり。生き抜く男の香りがする。

マッチ棒でフランクフルトを食べる奴もおらんやろ。とか、話をしていると、面白そうだと
新VSたちもよってきて、あっという間にチーズウインナーはなくなってしまった。

新VSスカウトたちは食欲が無いから食べない。と思っていたが、
どうやら、少し戸惑っていたようだ。こうして、マッチ棒ウインナーは完売となった。

チーズのウインナーがうまそう

チーズのウインナーがうまそう

川下を見た風景

川下を見た風景(ゲンジボタルの生息地でもある)

■1340出発
さあ、出発しようぜ。水をたくさん背負ってきたが、ちょっと余ってしまった。
捨てるのももったいないので、だれか担いでくれ。
と、ジャンケンが始まった。幸運のジャンケンの勝ちを収めたのは予想通り佐藤スカウトだった。
重い水の残りを誰が担ぐか?ジャンケンで決める

重い水の残りを誰が担ぐか?ジャンケンで決める

さあ、出発しようか

さあ、出発しようか(人の話を聞け〜)

お腹がいっぱいになったので、歩行速度もゆっくりだ。
でも、それが気持ちがいい。
大きく深呼吸しようとしたら、周りは杉林なので気がついた。
マスクをしながら歩くことにしたが、マスクをしているのは私だけだ。
君ら、花粉症は?って聞いたら、全員が首を横に振るのみ。
ほほう、未だ、閾値に達していないんだな。いずれ、花粉症に悩まされるぞ。
と、いっても誰も耳を貸さない。
癒やしの風景

癒やしの風景

スギ花粉の林を進む

スギ花粉の林を進む

■1440 槙ノ尾
川沿いの路を歩くこと1時間。高雄まで歩いたことになる。
のんびりとした路で、花見の客もいない。
すぐ横が神護寺への参拝道の入り口だ。

もう少し、先まで歩こう。と、とりあえず、槙ノ尾バス停まで行ってみることにした。
バスの本数が少ないので、立ちっぱなしになってしまう可能性が高い。
時刻表を見たら、行ったばかり!
しかたがない、高山寺まで歩くか。と、迷っていたら、JRバスがやってきた。
ラッキー!
おまけにバスはガラガラだった。全員無事座れた。
■1540 四条大宮
小一時間、バスに揺られて阪急四条大宮に到着した。

ここで、升田スカウトと川嶋スカウトは、友情の東寺見物に出かけることになった。
かれらは4月からはVSを卒業する。頑張れよな。ローバーに戻って来いよな。
と、みんなから声をかけられながら別れた。ちょっと、寂しいな。

最後の高尾の風景

最後の高尾の風景

四条大宮で解散式

四条大宮で解散式

■ 1630 千里中央駅
長かったなあ。それでも、面白かった。
疲れはなさそうだ。相変わらず、しゃべってるからな。

さあ、今年もVS隊は面白い活動をしようぜ。

[感想]
1.やっぱりよいハイキングコースだ。
2.ホットドッグは美味しい。
3.逆コースもいいかもしれんが、昼飯に困るかも。

【東海自然歩道】ポンポン山から嵐山まで縦走25km 下見編

前々から計画していた縦走路の最後の行程の下見に行くことにした。
年内に下見に行く計画だからなんとしても行っとかないと。
という決意のもとの単独行です。
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2012.11.24
天候:晴れ時々曇り。
場所:ポンポン山から嵐山
出発:上の口バス停(JR高槻駅北のりば1番バス停から15分)
到着:嵐山駅(阪急)
道程:[1]神峯山寺→[2]本山寺→[3]ポンポン山→[4]金蔵寺→[5]苔寺→[6]嵐山駅
Map :痛恨のGPSの記録エラーのためマップなし。
歩行:7時間
歩数:43200歩
距離:約25Km
高低:マップなし
備考:山と高原の地図47「北摂と京都西山」
   2012.05.06【東海自然歩道】箕面から竜王山まで縦走 下見編
   2012.05.27【東海自然歩道】竜王山から摂津まで縦走 下見編
BV:★  (想定外)
CS:★  (想定外)
BS:★★ (ちょっときついかも)
VS:★★★(これくらいは歩かないと)
指導:★★ (体力を試すのにいかが)
-----------------------------------------------------------------------------
■ 06:28 自宅出発
■ 06:39 桃山台駅
コンビニで弁当を買う。店員がどちらに行かれるのですかと聞くのでポンポン山です。
え、それってどこにあるんですか?高槻です。山っていいですね。そうですね。
みたいなやりとりをする。興味があるんやろな。

■ 07:00 新大阪(米原行き)
案外、電車は満席だった。

■ 07:16 JR高槻駅
駅について、北側にあるバス停への階段を降りたらバスが待っていた。ラッキー。
■ 07:18 JR高槻駅北(54上の口 行き)
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kurashi/bus_kotsu/bus/jikoku/eki/jr_takatsuki_kita/54.html

20121124_ponpon_1020121124_ponpon_11
■ 07:33 上の口(かみのくち)
万歩計2274歩。
バスを降りたのは私だけ。高槻駅からちょうど15分だ。

■ 07:39 原立石のバス停

20121124_ponpon_1520121124_ponpon_14
■ 07:52 鳥居
万歩計4142歩
ポンポン山まで7.6Kmの表示がある。第二名神の工事があるとか。

20121124_ponpon_1820121124_ponpon_19
■ 08:06 神峯山寺
5280歩。6.8km
中には入らずその横の東海自然歩道を進む。遠目に紅葉がきれいに映る。

20121124_ponpon_2120121124_ponpon_22
■ 08:55 本山寺
万歩計10086歩。
5分間休憩することにした。
今回は珍しくチョコレートを持ってきたので記念に撮影しておく。
後々、このチョコレートが空腹対策に役に立つとは夢にも思っていない。

■ 09:00 出発
ここまでアスファルト道を来たのだが、本山寺の分岐から右へ進むと山道になる。
しかし、1時間半もアスファルト道を歩くと足が痛い。
東海自然歩道のネーミングに無理があるやん。
行き交う人々は余り見かけない。
ハイカーや犬の散歩をしている人をたまに見かけるくらい。

20121124_ponpon_2420121124_ponpon_25
■ 09:30 大杉
万歩計11950歩。
分岐からちょうど30分。まずまずのペース。土の道はペースがあがる。

20121124_ponpon_2820121124_ponpon_27
■ 09:52 ポンポン山(678.9m)
万歩計14900歩。
山頂に到着。私を含めて二人ほど。もう一人の方にお願いして写真を撮っていただく。
良い眺めが展開する。
まだ、お昼には早すぎるので早々に出発することにした。

■ 10:03 出発

20121124_ponpon_2920121124_ponpon_30
■ 10:18 鉄塔
写真は鉄塔の下にある標識。
もう少し先に左へ降りる道があるはずだ。

■ 10:29 釈迦岳
17507歩。
なぬ?予定ではここに来るはずじゃあなかった!
おそらく鉄塔のところで道を間違ったんだ。
後でわかったのだが、鉄塔の下に行って景色をみてやろうとした。
その時に、元の道に戻らずに手前の道を進んでしまったのだ。
先を急ぐあまり注意がそれたのが原因。5万分の1の地図であるということをうっかりしていた。
■ 10:33出発

■ 10:42 鉄塔
万歩計18431歩。
やはりここやな。自分の間違いを確認した。25分のロスだ。

20121124_ponpon_3220121124_ponpon_33
■ 11:03 杉谷
万歩計20480歩。
杉谷手前の標識。こういう感じの標識が適当な間隔で表示されている。
ハイカーにはありがたい標識だ。

それにしても、計画より早く着きそうなので途中の昼食をどこでとるかが問題。
農道はアスファルト道。つまり、生活道路となっているので弁当を食べるような状況ではない。
周りを見渡しても誰も歩いてない。このコースは人気がないものとみえる。

20121124_ponpon_3420121124_ponpon_35

■ 11:18 大原森林公園への分岐(写真左)
万歩計22115歩。腹減ってきた。

■ 11:41 金蔵寺への分岐
どこでご飯食べよかな。
とりあえず休憩。周囲にハイカーがちらほら。
しかし、足下を見るとどう見ても普通の靴。
この人たちは途中まで車で来たというような感じだった。

■ 11:47 出発
で、本来はこの分岐は標識に示すように「金蔵寺へ」と進まなければならなかった。
しかし、どこを勘違いしたのか私はアスファルト道を直進したのだった。
頭のどこかに、東海自然歩道はアスファルト道という思い込みがあったのだろう。
結果的に同じ道路に出たのだが、くねくねと曲がった舗装道路は足に厳しい。(写真右)

20121124_ponpon_3820121124_ponpon_39


■ 12:25 大原野神社
万歩計29011歩。

20121124_ponpon_4120121124_ponpon_42

20121124_ponpon_4320121124_ponpon_44
■ 12:36 花の寺
万歩計29930歩。
どっからこんだけ人が来るん?というくらい人がいた。
寺の門までいったが拝観料がいるということなので入るのを止めた。
塀越しにみると、見事な紅葉が見える。
たくさんの人が行列を作っているやん。観光客やろな。
そこから、しばらく歩くと柿畑を抜ける。
周囲は柿を売っている農園だらけだ。
道路沿いでこれでもかというくらい柿を売っている。

■ 13:12 皆掛の交差点
万歩計33700歩。
結構、足にじわっときてる。
高速道路の工事でダンプカーが行き交っている。

■ 13:33 桜坂公園内で昼食
万歩計35770歩。
数百メートル先にイオングループを見ながら、公園内の道路沿いでご飯を食べる。
くっそー、眺めが全然良くない。とはいうものの、いつもの儀式だけは忘れず御神酒をいただく。
気温は10度くらいか。ちょっと寒い。
さあ、これからの道を確認しようかと地図を広げようとしたら...。
えっ、地図を落としてる!どこにもない。
きっと、ザックから落ちたんや。なんというアンラッキーな。←このときはGPSの記録も失敗しているとは知らない。
■ 14:03 出発
お腹もいっぱいになったので、気を取り直して出発することにした。
エネルギーを補給すると、人間は元気を取り戻すもんやとつくづく思う。

20121124_ponpon_5920121124_ponpon_60
■ 14:58 苔寺
41340歩。
有名なお寺。事前に予約しておかないと入れないらしい。
今回は目的が違うのでスルーする。

20121124_ponpon_6420121124_ponpon_63
■ 15:04 鈴虫の寺
41900歩。
足が痛むので「鈴虫」のことは頭の中にはまったくない。早く嵐山駅に着きたい一心で歩く。
普通なら、なんでこんなに人が並んでるんやろという好奇心でいっぱいになるところだが今回はさすがにそんな気力も残されていない。

20121124_ponpon_6520121124_ponpon_66
■ 15:16 松尾大社
43130歩。
鳥居が赤い。それだけしか念頭にない。←つまりは心の余裕がなくなってる
それにしても足どころか股関節まで痛くなってきたような気がする。

20121124_ponpon_67
■ 15:38 嵐山駅
45400歩。
とうちゃーく!
ようやく、到着したと思ったら観光客でごった返していた。
紅葉シーズンだからか。ホームから人が落ちそうになるほどいる。
太ももはパンパンになっている。
まあ、よく歩いたので満足感はそれなりにある。
ビールでも飲んで乾杯したいところだが、人だかりのなかではそうもいかない。
おとなしく電車を待つことにした。

■ 15:52 出発
電車の中で座りたいのをぐっと我慢する。
ボーイスカウトの隊長のつらいところ。←ていうか満席だっただけやん。

■ 17:00 桃山台
万歩計46500歩。
今年になって一番歩いた記録となる。

[感想]
[1] 箕面からの縦走ではこのコースが一番の難関になるだろう。
特に舗装道路対策が必要だ。通常の靴では足を痛めそうだ。
[2] 山と高原の地図ではあまり役に立たない。
もっと細かい地図でないとルートを間違うだろう。
[3] 秋の行楽シーズンは避けた方が無難。
それだったら「嵐山」を起点にして箕面に向かった方がよいかもしれない。
[4] ポンポン山から嵐山までの間で、昼食をとる適当な場所が見当たらなかった。
[5] 全ルートを縦走するなら5月くらいの時期がよいだろう。
[6] またもやGPSの記録がエラーとなった。
  原因はウルトラSDカードが外れていたこと。気がつかなかった。
楽しみにしていたのに残念、次回からカードの装填はしっかりチェックしよう。

[7] 途中で地図を落としてしまった。
  まったく気がつかなかった。単独行なのでザックから落ちても気がつかない。
  ましてや周囲にはハイカーも見かけない。
  まさかのために、IPhoneを持って行っていたので助かった。
  それに今回のコースは舗装道路が多かったのでスマホの地図でも対応できた。
  次回から、地図の収納だけはしっかり確認したい。登山場所によっては命取りになりかねない。

以上
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS

このブログのフィードです。登録してくださいね。

RSS
  • ライブドアブログ