そんな、べんちゃーな?

ボーイスカウトのVS隊長のべんちゃーな話

ハイキング

【六甲】森林植物園ハイキング

トウェンティクロスの次はすぐ近くの森林植物公園に行ってみよう。
梅雨シーズンで土日はほとんど雨、雨、前。...自宅待機。
さすがにこれじゃあいけない。というので、思い切って雨のなかハイキングに出かけることにした。
-----------------------------------------------------------------------------
【六甲】森林植物園ハイキング
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2010.07.11
天候:雨
場所:神戸市立森林植物園
出発:同上
到着:同上
道程:[1]駐車場→[2]西洋アジサイ園→[3]森林展示館→[4]北日本区→[5]うさぎのくに
→ [6] 展望休憩所→ [7] 長谷池 →[8]ブリスベーンの森→ [9]展望台→ 駐車場
Map:ルートマップ(Google Map)
歩行:3時間
歩数:8300歩
距離:約 5Km
高低:
shinrinshokubutuenn
備考:
BV:★★★(安全に遊べる)
CS:★★★(プログラムによる)
BS:★★ (ちょっと物足りない)
VS:★  (刺激少なし)
-----------------------------------------------------------------------------
shinrin_10071101shinrin_10071102
■08:44神戸市立森林植物園
森林植物園は9時開園。
少し早く着きすぎたかもしれないと思ったがすでにオープンしていた。
入園料一人300円と駐車場500円をきっちり支払って駐車する。
駐車場には車が10数台停まっていた。
雨はパラパラと降っているが、傘をさすほどでもない。
料金所でもらったガイドマップを参考に歩いてみよう。
まずは、薬樹園と西洋あじさい園に行くことにした。

■09:00あじさい園
色とりどりのあじさいが花を咲かせている。
種類はあまり多くないが、美しく並んでいる。
そういえば、2年前に来たときも雨模様だった。
カメラを三脚に据えて撮影している人がたくさんいる。
雨なのに大変だろうと思う。
森林展示場へと進む。
少し雨が降ってきたので傘をさして歩くことにする。
shinrin_10071103shinrin_10071104
「あじさいクイズ」なるイベントがあるらしい。
マーキーに机を置いて、受付で女性が並んでこちらニコニコ見ている。
今日は、「あじさいクイズ」には興味が湧かなかったので、森林観察コースなるルートを進むことにした。
shinrin_10071105shinrin_10071106
■09:35うさぎのくに
なんじゃこれ。と、目立たないところに看板があった。
ちょっと立ち寄ってみると、50坪ほどの広さのゲージのなかにウサギが飼われているのを発見。
ビーバー年代の子供が喜びそうだ。(写真左)

■10:00展望台(6393歩)
コースは平坦だが、この展望台へのルートのみが上りになる。
といっても、50mも登らない。5分ほど歩くだけだ。
展望台の標高は455m。
小雨がしとしと降ってきた。
湿度のためか、汗びっしょりになる。
海が見える展望台とあるがなにも見えない。(写真右)
説明では淡路島が見えるとか。
shinrin_10071107shinrin_10071108
そのまま小路を降りると、青葉トンネルというコース唯一のトンネルの前にでた。
雨が少し激しくなってきた。

■10:15 長谷池
池の周りにはカメラマンがびっしりと陣取っている。
これには驚いた。雨だというのに。
まあ、よく考えたら、雨の情景を撮影しにきているのかもしれない。
「コウホネ」というスイレン科の浮揚植物が池を覆っている。(写真右)
黄色い花がきれいだ。
途中で野鳥の会の観察メンバを追い抜く。
長谷池をぐるっと回って「香りの道」に向かう。
少しずつ雨脚が激しくなってきた。
そこで、ブリスベーンの森へ迂回して展望台に向かうことにした。
shinrin_10071109■10:30 展望台
ブリスベーンの森と呼ばれるところにロッジがある。
ガイドマップではそのあたりから展望台へ続く道があるはず。
でも、探してもなかなか見つからない。
おかしいなと探していると、「リガの森」と呼ばれるロッジの近くに標識があった。
そこから150mほど登ることになった。
急な坂ではないが湿度のせいで体中がじっとりとなって汗が出る。
ここでも展望台から景色は見えない。
昼食を食べるには雨が激しいので戻ることにした。

■11:00ブリスベーンの森
ますます雨が激しく振ってきた。
ここにはロッジのようなものがある。
待望の昼食にする。
野鳥の会の方々が7、8人雨宿りを兼ねて恨めし気に雨を見ながら野鳥の会のスタッフの
人の説明に耳を傾けている。
さすがに鳥も飛んでいない。
雨脚はますます激しくなってきたが、寒くはない。
しばらくして、野鳥の会のメンバはどこかに去っていった。
■11:31昼食終了
食事が終わるころには雨も小降りになってきた。
雲のなかにいるようだ。
ぼちぼちと帰ることにする。
傘も悪くない。
shinrin_10071110

■11:54駐車場
予定通り12時前に駐車場に戻る。
ほどよい運動だった。
万歩計をみると8300歩ほど。5劼曚品發い心定だ。

感想
[1] 雨の日のハイキングは整備された公園が安心だ。
  いざというときのエスケープもできるし、屋根のついた休憩所が多い。
[2] 広い芝生広場があるので、団体で活動するにはもってこいだろう。
[3] ただ、交通の便がよくないのが難点。

【彦根】ひこにゃんハイキング

昨日の雨はウソのよう。
ちょっと足をのばして歴史ウォーキングに行こうか。
じゃあ、ひこにゃんに会いに行こう。
というわけで、彦根城にいきました。

-----------------------------------------------------------------------------
【彦根】ひこにゃんハイキング
----------------------------------------------------------------------------
記録:2010.04.24
天候:晴れ時々くもり
場所:彦根城
出発:彦根駅
到着:彦根駅
地図:駅からウォーキング
道程:[1]彦根駅→[2]俳遊館→[3]夢京橋キャッスルロード→[4]大手門→[5]彦根城 → [6]黒門→[7]玄宮園→ [8]埋木舎→[9]彦根駅
Map:ルートマップ(Google Map)
歩数:12359歩
距離:約7Km
備考:
BV:★★(ひこにゃんに会えるなら)
CS:★★(ちょっと物足りないかも)
BS:★★(ちょっと物足りないかも)
VS:★ (物足りない)
LD:★★(普通)
-----------------------------------------------------------------------------
■0820自宅を車で出発
hikone_10042401■0958彦根駅前駐車場
最初の1時間は300円。以後30分ごとに100円。
万歩計617歩。風が強くて少し肌寒い。
駅前で記念撮影。
駅前の交番所の裏にあるトイレをすませて出発。

■1010駅前マクドナルド。
ところが、なぜかお腹が空いたので誘惑に負けてマクドナルドで朝マックを食べる。
15分ほどで出発。
旭町西の交差点を左折して、佐和町商店街を抜ける。
突き当りを右折して立花町の交差点を左折。
信用金庫の手前の道を右へすすむ。



hikone_10042402hikone_10042403
■1100俳遊館(写真左)
入館無料。彦根の歴史などを俳句を通して知ることができる。
ここで、親切な係りの方からいろいろな話を伺う。
ふと見ると、「カロム」がある。(写真右)
このあたりで遊ばれるゲームである。めずらしいボードゲームだ。
しばらく見物して出発。
路地をすすむ、夢京橋キャッスルロードへ。

hikone_10042404hikone_10042405
■1156夢京橋キャッスルロード
4649歩。ここは、江戸時代の町並みを再現している。
よく整備されているなあ。町家風の店が軒を連ねている。
ぶらぶらのぞいてみる。
途中でガチャポンを発見。100円でピンバッチをゲットした。
こういうのを見るとやってみたくなるもの。

hikone_10042406■ 1203大手門
5130歩。
のどかな外堀沿いを進むと大手門がある。
案内所で拝観料600円を払って彦根城へとすすむ。
少し登りがあるがたいしたことはない。
人は少ない。


hikone_10042407hikone_10042408
■1232天守閣の前
たくさんの外国人観光客が訪れていた。
急な階段を登って3階立ての天守閣に。
松山城や姫路城の天守閣に登ったことがあるけど、なんとなくこじんまりとした感じ。

■1255天守閣出発
6405歩。1330にひこにゃんが来るというので方針を変更して
櫓前のうどん屋で昼食をとることにした。
13時30分から14時のあいだに「ひこにゃん」が来るらしい。

■1312櫓前で昼食
うどん。一杯500円。
なんでも晴れているときにしか開店しないらしい。

hikone_10042409hikone_10042410
■1328再び天守閣に
写真左は天守閣の屋根裏。太くて曲がった大木が使われていた。

ひこにゃん登場。すごい人。(写真右)
身長は140cmくらい。小さい人が入っているのだろう。
パフォーマンスも大変だ。写真のポーズを取っていた。
朝と昼の2回の定時に登場する。生ひこにゃんに会うなら、事前に調べておいたほうがよい。
どこかのおばちゃんが、「彦左衛門(ひこざえもん)」と呼んでいた。
(それは、ちがうやろ。と心でつぶやく)

■1350黒門
万歩計8280歩。
ここから玄宮園に向う。

hikone_10042411■1400玄宮園
すばらしい庭園だ。最近、この手の風景をみると感動する。
よく考えられているよな。どこから見ても違う景色が見える。
鯉が泳いでいる。ひこにゃんの時にはいなかった外国人観光客がたくさんいた。


hikone_10042412hikone_10042413
■1424埋木舎(うもれぎのや)
ここで、井伊直弼が住んでいたとのこと。
井伊直弼は20人兄弟。そして14男。
いろいろたいへんな事情があったらしい。
詳しい話は歴史を勉強してください。

■1444彦根駅前
万歩計12141歩。
けっこうよい時間になった。駅前通りには人はまばら。
空き店舗が目立つ。

■ 1448分駐車場
万歩計12359歩。

[感想]
[1] 大阪からだと、活動時間が限られるのでスカウト活動にはちょっときついかも。
[2] 歴史の探訪という意味では興味の持っている人には面白いだろう。
[3] 距離は短いのでプログラム内容で勝負しないといけない。
[4] 街中でもあるので食事などには困らない。

【夙川】甲山ハイキング

そう、今日こそ山に行かねば。
といいつつ左足が気になる私...。
低山にしよう。そうしよう。低いのがいいな。
今日は黄砂が来ることだし。← 全然関係ないやん。
昨夜までどこへいくかを決めかねていたけど、
前々から行きたかった夙川(しゅくがわ)に行くことにしました。

-----------------------------------------------------------------------------
【夙川】甲山ハイキング
----------------------------------------------------------------------------
記録:2010.03.21
天候:黄砂で見通し悪し
場所:甲山(309m)
出発:苦楽園口(阪急神戸線)
到着:甲陽園 (阪急神戸線)
地図:
道程:[1]苦楽園口→[2]銀水橋→[3]北山池→[4]北山貯水場→[5]甲山→ [6] 甲陽園駅
Map:ルートマップ(Google Map)
歩数:13313歩(自宅から)
距離:約8Km
備考:「駅からウオーキング」JTBパブリッシング
BV:★★ (北山池の往復か、甲山の単独なら)
CS:★★★(植物園もある)
BS:★★★(いろいろ変化が楽しめる)
VS:★★ (刺激はすくない)
LD:★★★(ハイキングならオススメ)
-----------------------------------------------------------------------------
■0848自宅出発
御堂筋線「西中島南方」で阪急に乗換え。夙川駅で乗り換えて苦楽園口駅へ。

kabuto_10032101kabuto_10032102
■0940苦楽園口駅
「西宮市民のファミリーハイキング」なるイベントがあって、たくさんの人が集まっていた。
駅前のローソンで弁当を買って出発。(ここのローソンはお酒を扱っていない。)
風がきつく、黄砂の影響で景色がかすんでみえる。(写真右)
「夙川上流緑道(しゅくがわじょうりゅうりょくどう)」を夙川沿いに北上。
川のせせらぎがのんびりとして心地よい。
犬の散歩をしている人をたくさん見かける。

kabuto_10032103kabuto_10032104
■1016銀水橋
花崗岩がゴロゴロ露出している。ちょっとしたアルプスハイキングだ。
途中でヤマつつじ?が咲いていた。

kabuto_10032105kabuto_10032106
■1041北山池
綺麗に整備された環境のなかで北山池が3つある。
池沿いに歩くととても気分がよい。
真夏だったら泳ぎたいところだ。(すぐ横の看板に魚釣りと水泳は禁止とあった。)

kabuto_10032107kabuto_10032108
橋を渡ってすぐのところに花見ができる公園があった。
サクラが咲いている!ラッキー。
少し戻って北山緑化植物園へと向かう。
しばらくすると、緑化植物園の裏門が見えた。
いのしし防止のための柵がある。
そこから中に入る。
kabuto_10032109kabuto_10032110
■ 緑化植物園
中国風の建物があったり、数奇屋造りの北山山荘があったりと変わった植物園だ。
いろいろな植物があったがなんとなく進む。
この三連休にもかかわらず人が少ない感じ。
そのまま正門に進み、駐車場を抜けて北山遊歩道を通る。

kabuto_10032111kabuto_10032112
■1130北山遊歩道の入り口
おだやかなアップダウンがいくつかある。
昨日の雨の影響で、遊歩道に小さなせせらぎができている。
何人かのハイカーとすれ違う。
ところどころに「いのしし注意」の看板がある。
最近、いのししが出現したらしい。

kabuto_10032113kabuto_10032114
■1144北山ダムに到着、昼食
あいかわらず風がきつい。しかし、天気はだんだんよくなってきた。
黄砂がすくなくなってきたようだ。
遠くの景色がうっすらみえる。おっ、あれって甲山やん。
天気予報を聞こうとラジオをつけたら高校野球の中継。
しばらくすると、各地の天気情報が。
黄砂はかなり大規模らしい。徐々にではあるが西日本は薄らいでいるとか。

■1214出発
北山貯水池のそのまま進む。目の前に甲山が見える。(写真右)
つきあたった道路を右折して「神呪寺」に向かってもよいが、
それじゃあつまらない。ぜひとも甲山に登りたい。
手元にある地図には甲山へのルートがない。
どうしようかと迷っていたら、オリエンテーリングのポストが見えた!
じゃあ、ということで直登することにした。(なんでやねん)
道なき道をひたすらよじ登る。後戻りはできない。
20分強。するとぽっかりと甲山の山頂に出た。

kabuto_10032115kabuto_10032116

■1246甲山山頂(309m)
たくさんの人がいる。子供がいる。
きっと普通のルートがあるんや。
どこかのビーバー隊がいた。歌ってるやん!
(後で話をお聞きすると神戸45団だとか。)
周囲を見渡すと、神呪寺への階段ルートが示されていた。
ゆっくり降りて10分とある。景色はよくなった。
長い石段を降りた。左足にはすこしこたえる。

kabuto_10032117kabuto_10032118
■1307神呪寺
毎月21日は弘法大師の祭りということで行事が行われていた。
831年創設。ほー。
なんでも融通してくださるので融通さんと呼ばれているとか。
後でネットで調べよう。
甲山森林公園を経由して帰る予定だったが、寺の前の車道を歩くのも
趣がないので住宅街を突き抜けることにした。

■1351甲陽園駅
万歩計13313歩。
歩数はそうでもないがよく歩いた感じ。左足首が少し痛む。
ちょっと登りがあるときついかも。サポーターはつけたままだ。
整形の先生は山登りを止めろといっていない。足首をしっかりバインドして登れとのこと。
痛んでいない筋を伸ばさないといけないらしい。
リハビリを続けろってことか...。
少しずつ距離を伸ばそう。

[感想]
[1] 川のせせらぎ、花、花崗岩、池などいろいろ変化があって楽しいオススメのコース。
[2] 甲山からのコースをもう一ひねりするとより面白いだろう。
[3] 黄砂がなければ景色はよかったと思う。

以上

【交野】星田園地ハイキング 1回目

左足首のじん帯損傷から20日目。痛みも和らいできた。
そろそろリハビリを兼ねて超低山ハイキングにいかねば。
ということで、府民の森「ほしだ園地」へ向かうことにした。
そう、星のブランコである。(なんでブランコなんや。)

-----------------------------------------------------------------------------
【交野】星田園地ハイキング 1回目
----------------------------------------------------------------------------
記録:2010.03.13
天候:曇り
場所:星田園地
出発:星田園地駐車場
到着:星田園地駐車場
地図:
道程:[1]駐車場→[2]ピトンの小屋→[3]星のブランコ→[4]やまびこ広場→[5]巨石→ [6] 磐船神社→[7] やまびこ広場→ [8] 駐車場
Map:ルートマップ(Google Map)
歩数:13800歩(自宅から)
距離:約7Km
備考:
BV:★★★(星のブランコがたのしい)
CS:★★★(星のブランコがたのしい)
BS:★★★(星のブランコがたのしい)
VS:★★★(ロッククライミングに挑戦)
LD:★★★(のんびりいける)
-----------------------------------------------------------------------------
■0837 自宅出発
きょうは、思い切って左足のギブスはとることにした。
しかし、ダブルストックは持参する。

hoshida_10031301hoshida_10031302
■0946 星田園地駐車場(写真左)
 駐車料金は3時間600円。
 数台止まっている。出発時の万歩計300歩。
 すぐに森林鉄道風歩道橋を歩く。(写真右)
 やはり、まだ左足が痛む。


hoshida_10031303hoshida_10031304
■ピトンの小屋
たくさんのハイカーが訪れている。ピトンというのはピッケルという言葉の別表現らしい。
ハイキングマップを購入。一冊100円。
すぐ横にクライミングウォールの巨大な設備があった。面白そうだ。
トイレを済ませて出発。
■1018 冒険の広場
ピトンの小屋から管理道を西へ直進。途中から「ぼうけんの路」へ。
階段で80mほど上ることになる。いつもならなんということもないが、足首に不安を抱えているので慎重に登った。15分ほど歩いて広場に到着。万歩計1766歩。
ここから「星のブランコ」へ向かう。
hoshida_10031305hoshida_10031306
■1020 星のブランコ
全長280mのつり橋。
よくもまあ、こんなところにつり橋を作ったもんやと感心。
しかし、歩くと気分がよい。最大地上高は50mもあるのだそうだ。
今日は曇りだったので眺望は駄目だったが、晴れていればかなり期待できそうだ。
おねすじの路をとおり、やまびこ広場へ向かう。

■1040 展望デッキ
やまびこ広場に到着。ここにもトイレがある。
ここから数分で展望デッキだ。
先ほど通った星のブランコが遠くに見える。
万歩計3236歩
しばらくして、やまびこ広場に戻る。
hoshida_10031307やまびこ広場を南下して、しばらくいくと「八ツ橋」(写真)というところで「まつかぜの路」へ進路をとる。


■1100 鉄塔
途中で右手にそれて、鉄塔のふもとまで10mほど階段を直登。
ここで昼食。万歩計4354歩。
hoshida_10031308■1140 まつかぜの路
昼食を済ませてふたたび「まつかぜの路」にもどる。
途中で巨石を発見(写真)。なんや、ハンバーガーみたい。
ここからはしばらくコンクリートのくだり路が続く。
これが左足にはつらい。数百メートル歩いて、たまらず休憩した。
靴ひもをしめなおして再び歩きだす。



hoshida_10031309■1228 磐船神社
これこそ、巨石。船のへさきのような形をしている。
洞窟のなかへ入るのは拝観料500円がいるとのこと。
今回はパス。たくさんのハイカーが休憩して食事をとっていた。
このあたりで雨がぱらついてきた。
いそいで戻ることにする。


hoshida_10031310 ■ 天野川のトンネル
磐船神社からすぐのところに天野川のトンネルがある。
このまま国道168号線を北上しようかと思ったが歩道がないとのこと。
車がびゅんびゅんスピードを出して走っているので危ない。
来た路を引き返すことにした。
■1240 星田園地の入り口



■1258 やまびこ広場
万歩計10059歩。ほかに誰もいない。

■1340 駐車場
万歩計13779歩。
よく歩いた。左足は少し痛む。
4時間駐車したので700円を支払った。
 
■1345 出発

[感想]

[1] 園地はよく整備されていて歩きやすい。ビーバー、カブともおすすめだ。
[2] 巨大つり橋を渡るだけでも満足感が得られる。
[3] 足を負傷していなければくろんど池とセットでコースをとってもよいだろう。
[4] 今回のリハビリで少し自信をつけた。
  次はもう少し速度を上げて歩けるようにしよう。

そろそろハイキングってか!

足首の靭帯を損傷して、そろそろ20日間ほど経った。
まだ、少し痛むが普通に歩けそうだ。

整形の先生も、足首を保護したトレッキングシューズなら低山登山はOKだとか。
年間目標51回まで、あと21回。

今週こそは近場でもどこかへ出かけたいとひそかに闘志を燃やしている。
って、そんなに気合を入れるほどでもないか。

ところで、この半年、ハイキングの本をたくさん買った。
今回もそのなかの1冊をぱらぱらめくってみる。

「もっと! 阪急ハイキング」

詳しくは阪急電鉄のホームページをご覧ください。

この本は、普通の本屋では売っていない。阪急電車の売店で取り扱ってる。
それに「マイ箸とマイフォーク」のおまけがついている。妙にうれしい。

手軽でよくできてる。地図がていねいでわかりやすい。

電鉄会社は利用客を増やすために、こんなに親切な本を出しているのだろう。

ボーイスカウト関係者におすすめの本である。

いかん。PRしている場合ではない。
この土日はどちらかリハビリハイキングに行こう。

その前に、ギブスが取れることを祈るのみ。
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS

このブログのフィードです。登録してくださいね。

RSS
  • ライブドアブログ