そんな、べんちゃーな?

ボーイスカウトのVS隊長のべんちゃーな話

関西以外の山

白山登山の記念DVDが完成

白山の記念DVD毎年夏季プログラムにはCDでスライドショーを作成している。
最初に作ったのは2000年頃。
あの頃はスライドショー自体がめずらしく、また、つくってもパソコンで起動するまで2分はかかる代物だった。
今は技術の進化もあって、DVDで作成している。

この記念DVD。
活動していたときよりも感動が深い。
記憶も断片的になってしまっているからかもしれない。
しんどいことを忘れてる。

参加者全員に配布しているけど、スカウトより保護者に見てもらいたいと思って作っている。
保護者がスカウトの活動の様子を直接みることはないから。
すこしでも、スカウトといっしょに経験を共有できたらいい。

それと、ますますボーイスカウト活動を続けようとスカウト自身が思いを深めてくれたらもっといい。

私はDVDの編集テクニックを覚えることができるので一石二鳥。

とはいえ、寝不足が玉にきず。

-------------------------------------------------
DVD
再生時間: 29分
収録画像: 約240枚
収録録画: 4本(サンヨー:Xati)
制作時間: 40時間
-------------------------------------------------

【白山】 なんとなくこの1枚 −第3組の御前峰

今、記念DVDを作成している。
なかなか進まない。写真が多すぎる。

ま、それはともかく、今日はこの1枚。

山頂3組御前峰に登った第3組
暴風雨の中で登った第3組は、檜皮スカウトと馬場スカウト。
第1組と第2組に続いて最後に到着。

なにせ、風が強い。カメラも振れるほどの暴風雨。
私たちが到着した頃が一番強かったのではと思うほど。
カメラのレンズには水滴がぬぐってもぬぐってもついてしまう。
晴れていれば、どんな景色だったんだろう。
でも、スカウト達はそんなことはおかまいなしに元気。

誰だって、山頂につけば元気がでる。
気温は12度。

登ってきた汗で、レインウェアの下はぐっしょり。
寒さは感じない。

2700メートルの世界はどんな感じ?
いつもとかわらん?

そりゃそうやな。

晴れたときにもう一度来ようぜ。

【登山グッズ】 石井スポーツへ行く

突然、石井スポーツが本日8月18日より閉店セールをするとの知らせ。

えっ、何でやのん?
という気持ちと、それやったら今日から行かんと。

というわけで、仕事が終わってすぐに梅田の石井スポーツへと向かった。
到着してみると、未だかつて無いほどの人混み!

メッチャ、人がいるやん!
人々は手に手にグッズを抱えて、店内をうろついている。

以前から30L前後のザックが欲しかったのでザック売り場へ向かう。

なに? ほとんど売り切れている!!

ドイターの28Lが欲しかったんだが、そんなもん。とうにない。
ミレーの45Lクラスや20L以下のザックが少し残っている程度。

そして、私の目当ては...。
かろうじて、アークテリクスのボラ30Lが3,4個残っていた。
とりあえず、キープ。
ま、私が持っている50Lのザックはアークテリクスなんで、使用感は知っている。それに、当然のことながら値段がいつもより安い。(閉店セールだから)
なんと、レジでは、さらに10%値引きするそうだ。(これには驚き)

ならばと、ザックカバーも追加で買っておく。

そりゃ、みんな行くわな。
ステッキ売り場はほとんど売り切れていた様子。

私の横で、店員の方とお客さんが会話していた。
突然のことなんでびっくりしたよ。私もです。しかたがないです。

なんともさびしい会話だった。
聞くと、大阪支店(梅田)は10月25日に閉店とか。

まだまだ掘り出し物がありそうなんで、また顔を出してみよう。

【白山】 なんとなくこの1枚 −第2組の御前峰

今日選んだのはこの1枚。

7月25日午前9時前。
風速20メートルはあろうかという暴風雨。
室堂(2450m)から約40分かけて御前峰(2702m)を目指した。

第2組の御前峰到達装備は十分。気温は12度。
BS隊は3組に分れて出発。
そして、午前10時過ぎに到達。
撮影は先に到着していた川本RS隊長。
カメラではよくわからないが、周囲はものすごい風。

笑ってるのが余裕やね。
スカウトにとっては面白かったようだ。


写真後の左から、中西BS隊長、中津スカウト、河野スカウト。
写真前の左から山本BS副長、関野スカウト。

よくみると河野スカウトは制服ズボンをはいている!?
もう、ぐしょ濡れ状態。

この後ろにはどんな景色があるのだろうか?
想像しながらのショット。

今度来るときは、素晴らしい眺めの前で撮影したいなあ。
でも、これはこれでスカウト達にはキョーレツな思い出になったとか。

川本RS隊長の嵐を呼ぶ男伝説はほんまもんやった。

【白山】 なんとなくこの1枚 −南竜ヶ馬場についた第3組

今、写真を整理している。
300枚を越える写真があるけど、ひとつひとつ見てたらあっという間に時間が経ってしまう。
そうしているうちに、どんどん時間が過ぎて記憶も薄れてしまいそうになる。
記録は時系列にしなくてはと思う。
でも、たまには思いつくままに1枚ずつ紹介しても面白そう。
ということで、引き抜いた写真。
第3組南竜ヶ馬場に到着す★室堂から南竜ヶ馬場に帰ってきた第3組
暴風雨が吹き荒れた山頂だったが、そこから展望歩道をゆっくり降りてきたところ。
今回の登山では、グループを3つに分けて行動。
それぞれのグループが無理をせずペースを合わせて登山してきた。
これが、第3組。

写真左から、藤田団委員長、深田副長、檜皮スカウト、馬場スカウト、そして私。

あれほど降った雨も上がり、妙に静かになった山辺を黙々と下ってきた。
木道をゆっくりとしたペースで進む中、遠方に誰かがいる。

近づくまでは、それが誰かわからなかったが、よく見ると矢沢リーダーだった。
周囲には、私たちだけ。誰もいない。風も止んでいる。

そこで、撮影してもらったのがこの写真。
みんながどんな気持ちで下りてきたのかがよくわかる。

先頭集団から30分以上も遅れての到着だったけど...。

なんとなく。
気分がよかった。





記事検索
Archives
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS

このブログのフィードです。登録してくださいね。

RSS
  • ライブドアブログ