そんな、べんちゃーな?

ボーイスカウトのVS隊長のべんちゃーな話

豊中20団

【淡路島一周150km】ベンチャー自転車隊が行く!最終日100km

2018年GWの豊中20団VS隊の活動です。(VS隊長レポート)
-------------------------------------------------------------------------------
記録:2018.05.05
天候:晴れ
場所:淡路島
出発:立川オートキャンプ場
到着:千里中央駅
ルート:立川オートキャンプ場→シームーン → 岩屋港→明石港→千里中央駅
Map:
国土地理院の大きな地図でみる

GPSの電池が途中で切れてしまったのでシームーンのところまでの記録となった。

参加:7名
[20団VS隊] 7名 れいじ、たかゆき、あき、ゆい、かんた、はるき、がくと
[リーダー] 3名 亀井VS隊長、山本VS副長、藤田副団委員長、段中CS副長
----------------------------------------------------------------------
●プログラムの概略(スカウトが立案したプログラム)
一日目(3日) 走行距離100km(千里中央から明石まで54km)
・朝5時の始発で男子は自転車で千里中央を出発。R171からR2を通って明石港へ。走行距離は54km。
・女子は、7時に西丘小学校に集合し、前夜に預けてあったスカウトのザックとテントを伴走車に搬入。
その後、電車を使って明石港まで移動し、男子と合流。
・サポート車は、岩屋港へ先回りしてスカウトの到着を待つ。
・全員、ジェノバラインというフェリーで岩屋港へ。リーダーと合流。
・女子は岩屋観光案内所でレンタサイクルを借りる。
・昼食後に反時計回りで出発。慶野松原キャンプ場に向かい、1日目はそこに宿泊する。

二日目(4日) 走行距離 60km
・慶野松原キャンプ場を出発し、道の駅「うずしお」へ。
・ハンバーガコンテストで1位になった「淡路島オニオンバーガー」を食べる。
・そのまま、海岸通りを自転車で走り、水仙郷とある立川オートキャンプ場へ向かう。2日目はそこで1泊する。

三日目(5日) 走行距離100km(明石港から千里中央まで54km)
・キャンプ場を出発して、20km走行し、「シームーン」でパドリングを実行する。その後、岩屋港へ向かう。
・女子は、岩屋港で自転車を返す。
・スカウトは全員で明石でお昼ご飯を食べる。
・その後、男子は自転車で千里中央へ向かう。女子は電車で千里中央へ。
・リーダー車は、岩屋港から千里中央へ向かう。
・千里中央駅前で全員が合流する。

この計画を立案、実行することで全員が技能章の「自転車章」の取得を目指す。

参考:
2018.05.03 【淡路島一周150km】ベンチャー自転車隊が行く!1日目100km
2018.05.04 【淡路島一周150km】ベンチャー自転車隊が行く!2日目60km
----------------------------------------------------------------------
■0540 起床
起床予定は午前6時だったが、早く寝たのと、寒くて目覚めたのだ。
はっきり言って「寒すぎる」。油断していた。ここはまるっきり山だ。
5月にもかかわらず3月下旬並みの寒さだった。
早速、お湯を沸かしてコーヒーを飲むと少し体が温まった。
20180505-05

マイバーナーで朝食

20180505-06

この自転車で千里中央まで帰る

■0630 テント干し
今日のメインはパドリングなのだ。今回のプロジェクトのメインともいってよい。
「シームーン」なるレジャー施設に行ってパドリングをやる。

パドリングを楽しんだ後に、千里中央まで自転車で帰らなければならない。
遊ぶ時間を少しでも長く確保するためには早く出発する必要がある。

ところが、なかなかテントが乾かない。
なぜ?
そう、ここは山間なので朝のうちは日光がささないのだ。困った。
しかたなく、日が射しているナゾのパラダイスの建物の前までテントを運んだ。
太陽は偉大だ。ものの15分ほどでテントが乾く。
20180505-01

テントの裏は湿気でベタベタ

201805050-02

でかいヘキサゴンテントはみんなで干す

■0730 出発
あれほど、怪しいといっていた施設の管理人のおじさんが、スカウトたちの自転車を軽トラに乗せて入り口まで運んでくれるという。
前日におじさんがわざわざサイトまでやってきて申し出てくれたのだ。
なんて、親切なんだ。ラッキー!
スカウトたちは喜んだ。この坂は尋常な坂ではないのだ。
ざっと見積もって高低差80メートル。斜度18度。自転車を持ち上げるようにして押して上がらないといけない。
軽トラで2回にわけてスカウトたちの自転車を運んでもらった。
荷台で自転車が落ちないように同乗したスカウトがスリリングな体験を喜んでいる。

いっしょにキャンプをした神戸のベンチャースカウトたちにお別れを言ってから出発した。
17NSJで会おう!

17NSJで会おう!

20180505-04

軽トラに自転車を載せて上ってもらう

今日もいい天気だ。
幸運に恵まれている。念の為、キャンプサイトのゴミチェックをする。
さあ、我々も出発しよう。
次は、20km先の水分補給地点だ。
20180505-07

車には荷物が満載

20180505-08

走行中のスカウトをとらえた

■0920シームーン
スカウトたちは9時までに着きたいと考えていたようだが、10時からの営業だった。
着替えていたらちょうと10時くらいになるからいいだろう。結果オーライだ。

ところが、受付の人の話では、期待していたパドリングはできないそうだ。
海は凪いでいるようにみえるけど、風が強いとか。
どうする?スカウトたちは相談の結果、バナナボートに乗ることにした。

20180505-09

パドリングができないとなったら何にする?

20180505-10

とにかく救命胴着はつけないといけない

GWの5日。一番乗りでやってきたスカウトたち。
係の方がどこから来たのかと尋ねたので千里中央から自転車で。と答えると目を丸くしていた。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


さっそく、4人チームと3人チームに分かれて乗船する。
モーターバイクのパワーを考えるとそのほうが良いのだそうだ。
スカウトたちには、運転中の手の合図を教えている。スピードアップとダウンのサインだ。
バイクの音が大きいので声は届かない。
だから、運転中に手で合図するから、良く見とけよと言うことらしい。
気をつけないと、途中で海に落ちても気が付かずに先に進むことだってあるらしい。
けっこうおどされて(笑)、ビビらされるのであった。

しかし、いざ、スタートしてみたら、女子の絶叫は出るわ。男子の叫びは出るわで興奮マックス。
1回あたり15分くらいか。ちょっと、サービスしてくれて大回りをしてもらった。
顔の見分けがつかないくらい遠くまで海の上を走っていく。絶叫する声だけがかすかに聞こえる。
20180505-12

絶叫マシンに匹敵する?

20180505-11_

振りほどかれないように必死につかまる


■1110出発
もう、十分堪能しただろう。観ているこっちも疲れたぜ。
紫外線が半端ない。きっちり、日焼けしてしまった。
名残惜しいが、帰ろう。
20180505-13

インスタ映えしてみる

20180505-14

さあ、帰ろう!


■1300岩屋港
先に岩屋港で待機していた支援車。地図でスカウトたちの位置を確かめながら今か今かと待つ。
時間を見ると1320のジェノバラインにギリギリ間に合うのだ。
やがて、歩道を走る姿がかすかに視界に入ってくる。頑張れ!

ゴーーール!
淡路島一周だ!女子は岩屋港まで150kmも走った。
それも20インチの自転車で。これはこれですごいと思う。
めちゃめちゃ喜んでいた。
おめでとう!女子高生はトライアスロン部でもない限り、自転車でこんな距離は走らない。
男子はまだまだ、これから60kmほど走らないといけない。

20180505-15

女子、感動のゴール!

20180505-16

全員で淡路島一周をフィニッシュ!

■1320岩屋港
レンタルサイクルを岩屋観光案内所に無事返却。
係のおばさんは、なにか感動したようですごく喜んでくれた。
ぎりぎり、1320のジェノバラインに間に合った。これを逃すと1時間後だ。
20180505-18

無事、自転車を返却

20180505-17

ジェノバラインで明石港へ

■1340明石港
スカウトたちはここで昼食。
我々は、先に西丘小学校に戻り、荷物を搬入する。
まだ男子は、60kmあるが地図で位置は把握している。
ゴールになったら迎えに行こう。
■1500明石出発(スカウト)
なんとゆっくりしていたんだろう。到着は8 時頃になるかもしれない。
と、危惧していたが、なんのことはない。ものすごい速度で帰ってきているではないか。
女子がいなくなった分、ロードバイク主体の自転車隊になっているので時速が上がっているのだ。
怪我をしないようにと心配するが、リーダーのれいじは昨年もおなじような状況を経験しているから制御できるだろう。
■1640三宮
早いなあ。もう、三宮か。
■1730芦屋
同じ時刻に女子は千里中央に到着する。
■1845軍行橋
■1930千里中央駅
先についた女子とともに最終地点で待つ。
地図の位置がぐんぐん近づいている。

やがて。

ゴーーーーーーーール!!!
男子、260km完走! やったな。

みんなの笑顔が広がる。
実際はもっと走っているだろう。
男子も女子もよく頑張った。
プロジェクトの成功、おめでとう!

20180505-20

全員でガッツポーズ!



[感想]
[1] パンク修理や自転車整備はしっかりと修得しておいてよかった。
[2] 長距離を走るにしたがい、自転車の漕ぐペースが安定してきたように思う。
[3] 安全対策は必須。スマホによる位置共有は役に立った。
[4] スマホの電源対策は必要。すぐに電池がなくなる。
[5] 今回で2回めとなる淡路島一周だが、二日目のキャンプ地はもう少し先まで足を伸ばしてもいいかもしれない。最終日の走行距離を短くできる。
[6] 自転車の種類によっては、女子でも男子と同じように走れると思う。女子にはまだまだ体力に余力があった。1日あたりの走行距離を考えればいける。
[7] 大量の汗をかく活動なので1日目にお風呂に入れたのは衛生面においても良かった。
[8] なかなか楽しいプロジェクトであった。機会があれば、またトライしたい。今度はリーダーも自転車で。←それは体力的に無理か


【淡路島一周150km】ベンチャー自転車隊が行く!2日目60km

2018年GWの豊中20団VS隊の活動です。(VS隊長レポート)
-------------------------------------------------------------------------------
記録:2018.05.04
天候:晴れ (途中で局地的な通り雨)
場所:淡路島
出発:慶野松原キャンプ場
到着:立川オートキャンプ場
ルート:慶野松原キャンプ場→道の駅あわじ → 立川オートキャンプ場
Map:
国土地理院の大きな地図でみる

GPSの電池が途中で切れてしまったのでシームーンのところまでの記録となった。

参加:7名
[20団VS隊] 7名 れいじ、たかゆき、あき、ゆい、かんた、はるき、がくと
[リーダー] 3名 亀井VS隊長、山本VS副長、藤田副団委員長、段中CS副長
----------------------------------------------------------------------
●プログラムの概略(スカウトが立案したプログラム)
一日目(3日) 走行距離100km(千里中央から明石まで54km)
・朝5時の始発で男子は自転車で千里中央を出発。R171からR2を通って明石港へ。走行距離は54km。
・女子は、7時に西丘小学校に集合し、前夜に預けてあったスカウトのザックとテントを伴走車に搬入。
その後、電車を使って明石港まで移動し、男子と合流。
・サポート車は、岩屋港へ先回りしてスカウトの到着を待つ。
・全員、ジェノバラインというフェリーで岩屋港へ。リーダーと合流。
・女子は岩屋観光案内所でレンタサイクルを借りる。
・昼食後に反時計回りで出発。慶野松原キャンプ場に向かい、1日目はそこに宿泊する。

二日目(4日) 走行距離 60km
・慶野松原キャンプ場を出発し、道の駅「うずしお」へ。
・ハンバーガコンテストで1位になった「淡路島オニオンバーガー」を食べる。
・そのまま、海岸通りを自転車で走り、水仙郷とある立川オートキャンプ場へ向かう。2日目はそこで1泊する。

三日目(5日) 走行距離100km(明石港から千里中央まで54km)
・キャンプ場を出発して、20km走行し、「シームーン」でパドリングを実行する。その後、岩屋港へ向かう。
・女子は、岩屋港で自転車を返す。
・スカウトは全員で明石でお昼ご飯を食べる。
・その後、男子は自転車で千里中央へ向かう。女子は電車で千里中央へ。
・リーダー車は、岩屋港から千里中央へ向かう。
・千里中央駅前で全員が合流する。

この計画を立案、実行することで全員が技能章の「自転車章」の取得を目指す。

参考:
2018.05.03 【淡路島一周150km】ベンチャー自転車隊が行く!1日目100km
2018.05.05 【淡路島一周150km】ベンチャー自転車隊が行く!最終日100km
----------------------------------------------------------------------
■0600 起床
さわやかな朝を迎えた。テントのなかからスカウトたちの声が聞こえる。
ウンとひとつ背伸びをしてからテントから這い出した。少し肌寒い。

浜辺まで出た。瀬戸内海がさわさわと波打っている。湖のようだ。
遠くに風力発電の風車がクルクル回っている。
女子たちは浜辺にたたずみ、男子はすでにコッヘルでお湯を沸かしている。
海辺で朝食とはいい感じ。どうやらカップ麺を食べるようだ。
他のスカウトはテントの中で食事をしている。

浜辺でカップ麺を食べる

浜辺でカップ麺を食べる

海辺のピース

めっちゃ爽やかな朝だ

われわれも洗面をすませて食事の支度にとりかかる。
といっても、コーヒーとパンだけの簡単メニュー。

同時に、テントの乾燥作業を行う。
スカウトたちもテントの乾燥作業を手際よく処理している。

20180504-03

簡単な朝食

20180504-04

ヘキサゴン式のテントの乾燥作業

■0640リーダーを迎えに出発
遅れて参加するYリーダーを岩屋港まで迎えに出発した。
現地を始発電車で出発したので岩屋港には7時半ごろのジェノバラインで到着するという。
8時過ぎにはキャンプ場へ戻ってくるだろう。

■0800撤収
そうこうしているうちに、スカウトたちは、テントをあっという間に撤収してしまった。
ザックの準備も終わっていつでも出発できる。
ボーイスカウトはこういうところが手慣れてるなあ。と、Dリーダーが感心する。
Yリーダーもすでに到着している。

■0830 出発
今日は比較的アップダウンのきついコースを走る。
まずは、20kmほどの先にある道の駅「うずしお」を目指す。
あまり、早く出発してしまうと2時間ほどで道の駅に到着してしまう。
お昼兼用でバーガーを食べる予定なのでゆっくり出発するらしい。
出発もスカウトが決めることなので、私は見守るだけだ。

体調はどうかと確認したところ、みんな大丈夫だとのこと。笑顔もあるし、顔色もよい。
くれぐれも安全走行に気をつけるように。はい、わかりました。

20180504-05

テントが乾くまでの間、しばし、時間つぶし

20180504-06

さあ、出発だ

■0845ゲリラ豪雨!
彼らが出発してから15分ほどして、ゲリラ豪雨となった。
ザックなどの荷物は車につみこんだ直後だった。セーフ!
スカウトたちは大丈夫だろうか。雨は10分くらいで通り過ぎて行った。やれやれ。
さあ我々もスカウトを追いかけよう。
淡路島の南の方の道路は道幅が狭くてアップダウンが激しいのが特徴。
しかも道はくねくねと曲がっていて見通しが悪い。
やがて、車は彼らに追いついた。

女子は自転車を押して歩いている。
頑張れよーと、気楽に声をかけて一足先に緑の道しるべの阿賀野公園まで足を伸ばした。
ここでスカウトたちが来るの待つ。

■0950阿那賀公園
さっきの雨はなんだったのか。天気は、嘘のように晴れている。
遠くに四国や鳴門海峡大橋が見える。この公園で磯に降りて遊ぶことができるようになっている。
車椅子でも降りることができるのが素晴らしい。しばし、休憩。

20180504-07

雨で全身ずぶ濡れ!

20180504-08

緑の道しるべ阿那賀公園で一息

■1046 道の駅うずしお
道の駅に到着した。駐車場がいっぱいだったが、たまたま1台出庫したので駐車できた。
スカウトたちは今頃、急な坂を必死で上ってきているところだろうな。
道の駅は観光客で溢れている。みんな、鳴門の渦を見に来ているか、淡路島バーガーを食べに来ているに違いない。
んなことを考えていると、ベンチャー自転車部隊がやってきた。
あの急坂を立ちこぎで登りきってきたのだ。体力あるなあ。で、女子は?
(自転車を押しながらやってきた)

20180504-09

気温も上昇。女子はどうした?

20180504-10

これが、バーガーだ!600円は高いか安いか

■1200 バーガー昼食
淡路島玉ねぎバーガーは何でもコンテストで全国一位と二位になったらしい。
そのコンテストって何やねん。というツッコミはどこにもなく。ただただ1位と2位らしい。
そんな話とは別に長蛇の列が出きつつある。ともかくだ。食べてみないと話にならない。
我々は比較的前のほうに並ぶことができたが、みるみるうちに長蛇の列になる。
30分ほど待って。ゲット。スカウトたちは大きなバーガーを2つ食べる様子。

20180504-11

何を食べるのかを検討しながら並ぶ

20180504-12

これが、淡路島バーガー

女子は景色を眺めながら仲良く食べている。男子はガツガツ食い終わったような感じだ。
20180504-13

遠く四国を見ながら食事する女子

一気に食べ終わった男子

食べ終わって、どっと疲れた感を出す男子

■1200 展望所
バーガーを食べ終わったので、全員で鳴門海峡大橋の展望所まで歩いて行く。
展望所からは鳴門の渦が見えるが今は干満の差がない時なのであまり大きな渦は見えない。
しかし、瀬戸内海を一望できるので晴れやかな気持ちになる。

20180504-15

展望所からみた鳴門の渦

20180504-16

めっちゃ晴れてる。しまなみ海道を思い出す。

■1215出発
さあ、いこか。今日のキャンプ地に。
途中までは平坦な海岸沿いの道だが、キャンプ場手前で急な坂道があって、そこが一番しんどいところだ。
我々は今晩のバーベキューの食材を調達するために、南あわじにあるイオンに行く。
そこで、必要な食材や炭を購入する。飲料水も同じく。
腹をすかせたスカウトたちに食べさせる肉を買うのだ。
支援車にもそれなりの仕事がある。
まったく別方向なのだが、スカウトたちの位置はスマホで確認している。

■1400 給水
単調な道が続くが、晴天のため、アスファルトには熱がある。
熱中症には十分気をつけないといけない。
スカウトたちと合流するであろう場所で待ち受ける。
やがて彼らの姿を捉えた。水分を補給するために車を停める。
10分ほどで彼らは出発した。あと、25kmほど自転車で走らないといけない。
このペースだと5時前くらいになるだろう。
県道76号線を西へ走るのだ。20kmほど走るとやがて急な上り坂となる。
今回のプロジェクトでは、一番の難所である。
20180504-17

道の駅あわじを出発するところ

20180504-18

途中の給水ポイント

■1630 キャンプ場
高低差100mほどの県道76号線を登りきったところに「立川オートキャンプ場」への看板が見える。
そこから、滑り台を上から見たような坂道を80メートルほど下る。
そこに、今日宿泊する予定の「キャンプ場」があるのだ。
20180504-19

キャンプ場への案内

20180504-20

こ、ここは!

そうなのだ。探偵ナイトスクープで紹介された「謎のパラダイス」という怪しい民俗館が併設されているのだ。
はっきりと思い出した。テレビで見たことがある。オートキャンプ場とあるから、疑いもしなかった。
しかし、このあたりで他にキャンプできる場所はないのだ。
なんという不思議な場所だ。このブログで詳細に報告できないが、キャンプ場とはなんの関係もない。

と、思っていたら、ボーイスカウトらしき団体が自転車でやってきた。
聞くと、神戸のベンチャー隊らしい。
引率のリーダーに話を聞くと、下見をしたけど適当な場所は他になく、ここしかない。とのことだった。
やっぱりね。

やがて、スカウトたちがわあわあ言いながら降りてきた。
Gスカウトが、隊長!ここは、ちょっとやばいっすよ。という。
そんなことは百も承知だ。笑顔で答える。そう、ちょっと変なキャンプ場だな。

とりあえず、テントを設営しろ。隣の神戸の団に挨拶にいけ。

20180504-21

やったー。この坂、やばいって!

20180504-23

隊旗を立てる

■1730 バーベキュー
遠くに瀬戸内海が見える。周囲は山に囲まれていて、映画「風の谷のナウシカ」に出てくる風の谷のようだ。
風は、山から海へと吹き下ろしている。
入り口から、このキャンプ上までは高低差80メートルはある。
これを自転車では乗ったまま登れない。斜度は18度くらいありそうだ。

まあ、しかし、いいところだ。腹が減ってきたのでバーベキューにしよう!
スカウトたちに異論はない。
リーダーとスカウトのコンロは別にしてある。
君たちは自分でやりなさい。はーい。

楽しそうに食べてる、食べてる。今日の走行距離は約60kmだった。

20180504-24

少しだけ瀬戸内海が見える

20180504-22

カロリー補給には肉が一番効果的

■2030 他団と交流
スカウトのいいところは、すぐに他の団と仲良くなれることだ。
どうやら同じ高校1年生らしい。今年のジャンボリーにも参加するそうな。
さっそくラインを交換していた。
スカウトは友情に熱い。か。

■2100就寝
周りは漆黒の闇である。電灯などはない。星空が目の前に迫ってくる。
キョンとかん高く鳴く鹿の声が響く。季節柄か虫の鳴き声はしない。
もう、寝るしかない状況だ。
スカウトも疲れたのだろう。すぐにシーンとなった。
今日で累計160km。明日が一番要注意。怪我をするのは最終日が多いのだ。
などと考えていたら、いつのまにか私も眠りに落ちてしまった。

【淡路島一周150km】ベンチャー自転車隊が行く!1日目100km

2018年GWの豊中20団VS隊の活動です。(VS隊長レポート)
-------------------------------------------------------------------------------
記録:2018.05.03
天候:晴れ
場所:淡路島
出発:千里中央
到着:慶野松原キャンプ場
ルート:千里中央→明石港 → 岩屋港→ 慶野松原キャンプ場
Map:
国土地理院の大きな地図でみる

GPSの電池が途中で切れてしまったのでシームーンのところまでの記録となった。

参加:7名
[20団VS隊] 7名 れいじ、たかゆき、あき、ゆい、かんた、はるき、がくと
[リーダー] 3名 亀井VS隊長、山本VS副長、藤田副団委員長、段中CS副長
----------------------------------------------------------------------

●プログラムの概略(スカウトが立案したプログラム)

一日目(3日) 走行距離100km(千里中央から明石まで54km)
・朝5時の始発で男子は自転車で千里中央を出発。R171からR2を通って明石港へ。走行距離は54km。
・女子は、7時に西丘小学校に集合し、前夜に預けてあったスカウトのザックとテントを伴走車に搬入。
その後、電車を使って明石港まで移動し、男子と合流。
・サポート車は、岩屋港へ先回りしてスカウトの到着を待つ。
・全員、ジェノバラインというフェリーで岩屋港へ。リーダーと合流。
・女子は岩屋観光案内所でレンタサイクルを借りる。
・昼食後に反時計回りで出発。慶野松原キャンプ場に向かい、1日目はそこに宿泊する。

二日目(4日) 走行距離 60km
・慶野松原キャンプ場を出発し、道の駅「うずしお」へ。
・ハンバーガコンテストで1位になった「淡路島オニオンバーガー」を食べる。
・そのまま、海岸通りを自転車で走り、水仙郷とある立川オートキャンプ場へ向かう。2日目はそこで1泊する。

三日目(5日) 走行距離100km(明石港から千里中央まで54km)
・キャンプ場を出発して、20km走行し、「シームーン」でパドリングを実行する。その後、岩屋港へ向かう。
・女子は、岩屋港で自転車を返す。
・スカウトは全員で明石でお昼ご飯を食べる。
・その後、男子は自転車で千里中央へ向かう。女子は電車で千里中央へ。
・リーダー車は、岩屋港から千里中央へ向かう。
・千里中央駅前で全員が合流する。

この計画を立案、実行することで全員が技能章の「自転車章」の取得を目指す。

参考:
2018.05.04 【淡路島一周150km】ベンチャー自転車隊が行く!2日目60km
2018.05.05 【淡路島一周150km】ベンチャー自転車隊が行く!最終日100km
----------------------------------------------------------------------
■0500 西丘集合
男子5名(れいじ、たか、かんた、はるき、がくと)が集まった。
いきなりハプニングが起こった。がくとの自転車がパンクしていたのだ!
ほほう、いきなりやん。おもろいことになりそうな予感。

集合場所まで自転車を押してきて、そこで全員で修理をすることになった。
まさにパンク修理の本番だ。穴の部位を特定している時間がないので
チューブごと取り替えることになった。
パンクしている後輪を自転車本体から外してチューブを取り替える。
すべてスカウトたちの作業だ。
空気を入れて車輪をはめてブレーキを調整して修理完了。自転車章の実践編だ。

■0556出発
約1時間遅れで出発することになった。
なんとか出発することができてホッとする。
これからどんなことが待ち受けているのやら。
男子スカウトたちは、R171を西へ進みR2を明石港へと進む。

パンクを修理しているところ

まさか、出発時にパンク!

20180503-02

さあ、行こうぜ!

■0700 西丘小学校集合(女子)
あき、ゆいの二人と合流。
二人の荷物と前日に倉庫に保管してあった男子スカウトのザック、テントなどを車に積み込む。
リーダーも入れて11人分となるとけっこうなボリュームとなる。
テント2張り(大1、中1)、テント2張り(リーダー用)、クーラーボックス1、BBQコンロ2、ブルーシート2
■0716出発
女子はここから電車を乗り継いで明石港へと向かう。
われわれリーダーは車で合流地点の岩屋観光案内所へと向かう。
箕面有料道路からこの3月に開通したばかりの新名神で淡路島を目指すことにした。
名神を走ってみると、ゴールデンウィークにもかかわらず渋滞がなく嘘のように空いている。
このままでは早く着きすぎるので宝塚北サービスエリアで時間をつぶすことにした。

元気いっぱいの女子スカウト

元気いっぱいで明石港へ向かう二人

宝塚北SAで一休み

支援車は新名神の宝塚北SAで時間を潰す


昨年、しまなみ海道を自転車で走ったときに、お互いの位置を確認できるようにと、グーグルマップの位置の共有を使ってみた。
これが、結構便利だったので、今回も同じように私とスカウトたちはこの3日間だけ、お互いの位置を共有することにした。
以下の画面が、私がずっとトレースしていた画面である。
完全なリアルタイムではないが、そこそこに正確である。全員が表示されていないのは、スマホの電池の加減によるみたいだ。
スカウトたちも支援車に乗った私の位置がわかる。これで、合流する地点までの時間などがだいたい予想できるのだ。
数年前までは考えられなかったが、今はITの進歩の恩恵を受けている。
スカウトティングもIT化をもっと活用していかないといけない。

グーグル・マップで位置を共有しているところ(171号線を南下)

07:51 国道171号を南下している

20180503-06

10:44 須磨浦公園を快走

20180503-07

11:28 明石港へ到着する寸前

■1135 明石港(千里→岩屋 54km)
男子スカウトたちの猛烈な速度アップでなんとか11時40分のフェリーに間に合った。

■1140 乗船
ジェノバラインという渡船に乗る。ここから岩屋港までは直線で7kmほどだ。

■1200 岩屋港
岩屋観光案内所。ここで女子は予約してあったレンタサイクルを借りる。
20 インチの小さな自転車だが淡路島を一周回ることになる。えっ、一周するの?
係のおばちゃんが心配そうに見守っている。あなた方大丈夫!?お母さんのような対応だった。
ついでに空いていたら私も借りようと思ったが、残念ながら駄目だった。
ここには5台しかないそうだ。(少なすぎる...。)
予定ではここで昼食を取る予定だったが。2km先にある道の駅あわじまで移動することにした。

岩屋観光案内所

岩屋港のなかにある岩屋観光案内所

ジェノバラインのフェリー乗り場にて

全員そろって淡路島一周自転車の旅がはじまる

■1240 道の駅あわじ
岩屋港から1.7km離れたところにある道の駅。ここは食事のメニューが豊富だ。
GWの初日とあって人で溢れかえっていた。
ここで、スカウトたちと我々リーダーは別行動。あくまでも我々は支援のみ。

待つのが苦手なリーダーたちは、食堂でカレーとかうどんとかでお腹を満たす。←適当
スカウトたちは、シラス丼を始めとする海鮮丼を食べたそうな。←ゴージャス
60km近く自転車で走ってきたのでお腹が空いたのだろう。すごい食欲だ。

■1328 出発
道の駅あわじの自転車置き場

駐輪場も自転車でいっぱいだった

道の駅で海鮮丼を食べる

海鮮丼を食べたらしい

■1445野島スコーラ
スカウトからこのままのペースで進むと早くキャンプ場に着きすぎるぎるので途中寄り道するとの連絡があった。
地図で位置を確認しているので心配はしていない。
そのとおりのところにいるからだ。
なんでもヤギを見たそうな。←ようわからん

途中で、念の為、彼らの走行をチェックした。先頭はリーダーのれいじ。
ペースを考えて走る大事なポジションだ。
その次に、女子たちがならび、男子スカウトが一列に続く。車間距離も十分取っているな。
スカウトたちの自転車を漕ぐ姿勢もよい。よしよし。

時速15kmくらいで走行中の自転車

20インチの自転車もいるので時速15kmくらいの速度

自転車の隊列を前からみたところ

先頭はれいじが引っ張る

■1500 車隊先行して慶野松原到着
■1530 マイマート
スカウトたちは、事前の計画通りにスーパーに立ち寄って、明日の朝食を調達する。
今晩は、最初から外食の予定だ。

■1800 慶野松原に到着
全員、ようやく到着。
足がヤバイだとかなんとか言っていたが元気そうなので安心した。
岩屋港から慶野松原まで44.6kmあるが、途中で寄り道をしているので50kmくらいは走っているだろう。
疲れているだろうが、早々にテント設営にとりかかる。自分たちの寝床は自分たちで準備しなければならない。
雨が降っていないだけラッキーだ。
ボーイ隊のときは、家型テントやドームテントを設営してきたが、ベンチャーにくるとヘキサゴン式の少し変わったテントも立てることになる。
先輩が指導して設営する。これで3種類以上のテントが建てられることになるので、スカウトの進歩手帳もチェックが入る。(おおー、スカウト活動になってる)
いろいろなテントを立てることでスキルが上がっていくのだ。

慶野松原に到着するところ

1日目のゴール!

小川テントを設営する

ヘキサゴン式の小川テントを設営する


計画では今から食事のところだが近くに温泉があることを発見したのでどうすると聞いたらすぐ行きますとのこと。
■1900 われわれは、先行して車で出発することにした。
スカウトには彼らの予定がある。

■2000 ゆとりっく(キャンプ場から2.3km 600円 お風呂)
風呂から出るとスカウトたちがガヤガヤとやってきた。
食事が先かお風呂が先か検討した結果、お風呂となった模様。
私達は近くの台湾料理店に入った。

■2040 SEAPAで夕食
あとで聞いたところ、スカウトたちは、みんなで仲よくお好み焼きを食べたらしい。
このあたりには食事できるところが限られてるので選択肢は少ない。
リーダーは、この時間にはサイトに戻ってきている。

■2140出発
地図のスカウトの位置が動かない?
スカウトたちに早めに戻るように連絡したら、今から帰るとのこと。

■2200キャンプ場
ワイワイいいながら帰ってきて、すぐにテントに入った。
まあ、元気やなあ。と感心する。

■2225就寝
今日は無事に100kmほど走行できた。
20インチという小さな自転車で走った女子を心配していたが、男子がペースをあわせて走ったのか、順調にゴールした。
明日もあるので寝ようか。と、隣のスカウトたち。

明日は午前6時起床だ。
さあ、われわれも寝よう。

【宝塚】中山奥の院 耐寒ハイキング 2018

毎年恒例のボーイスカウト豊中20団の耐寒ハイク。
今年は、中山寺奥の院の安らぎ広場。
全団が集合するって?先回りしよう!
-----------------------------------------------------------------------------
【宝塚】中山奥の院 耐寒ハイキング 2018
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2018.1.21
天候:晴れ (最高気温6度、最低気温−2度)
場所:中山寺奥の院
出発:中山観音駅(阪急電車)
到着:清荒神駅(阪急電車)
道程:[1]中山観音駅→[2]夫婦岩→[3]中山寺奥の院→[4]安らぎ広場→[5]清荒神→[6] 清荒神駅
Map:今回の歩行ルート

歩行:2時間
歩数:計測せず
距離:約 8Km
高低:ルートの高低差

備考:
BV:★★★ (十分いける)
CS:★★★ (いつものペースで)
BS:★★★ (きょっと距離を足さないと)
VS:★★ (物足りない)
-----------------------------------------------------------------------------
私はVS隊。阪急山本駅からBS隊と合流して中山連山を縦走する予定だった。
団の集合場所である中山寺奥の院ちかくの安らぎ広場を3時間かけて目指す。
久々の縦走に気合い十分。よっしゃあー。

ところが、やすらぎ広場で待機する予定だった団委員長が仕事の都合でダメになった。
そこで、ピンチヒッターとなったのが私とVS隊のY副長。←いつものコンビ
予定を変更して、やすらぎ広場に行くことになった。

やすらぎ広場では、先に待機しておいて、お昼ご飯のためにお湯を沸かすという特命があるのだ。
二人して、バーナー4、コッヘル4。という装備。

■0856大阪モノレール千里中央駅
駅前のコンビニで、おにぎりとお茶を購入。
VS隊が気になるが、しかたがない。みんな来るかなあ。最近のVSスカウトたちは、しんどいことは回避する傾向があるからなあ。
連絡しても「スルー」と称して無視することが多い。みんな、それがどういうことかわからんのやろうな。
大人は全部それがどういうことかっていうことを知っているのに...。
当人達はそれで良いと思っているのかな。社会に出たら苦労するやろな。きっと。
なんとかして教えてあげようと思う。

■0928中山観音駅
トイレをすませてから歩き出す。
参拝客は多くない。ここには何度も来たので手慣れたもん。
門をくぐってしばらくして左手におれて、墓地に向かう。
すぐに回りはハイカーだらけ。それも、圧倒的におばちゃん軍団だ。
中山観音のキンキラの塔

快晴 の中山観音

平成24年にできた土留め

平成24年にできた土留め

■1016夫婦岩
道は普通のゴロゴロ道。ちょっと石が多いな。
今日は天候が良いのでハイカーだらけ。正確には高齢者ハイカーが多いのだ。
普通に登ると1時間ほどで目的地に着いてしまうのでゆっくり歩くことにした。
周囲のハイカーは、おしゃべりが多いので、うっかりするとついていってしまうから要注意だ。
夫婦岩の休憩所には4年ぶりか。新しくなってるなあ。
標識をみて中山山頂ではなく夫婦岩へと向かう

道標はしっかりしているので見落とさないように

夫婦岩の写真

ここからの眺めもなかなかのもの

■1044中山寺奥の院
何年ぶりやろ、ここ。4年か。めっちゃ新しくなっているのでびっくりした。
赤い立派な神殿があるとはなあ。どうやってここまで資材を運んできたんやろ。
ボクの知っている奥の院は、ひなびた小屋があって、その横に「お助け水」がある。
こんなイメージやったが、まったく違う。明らかに開発されてるやん。って感じ。
しかも、めちゃ赤い。
ま、それはいい。それよりも、あの水は?
と、みると、社殿の左横に「大非水」なる湧き水があった。
うん。うん、やっぱ、昔からある湧き水をみると安心するな。
相変わらず、飲み水には適さないと書いてあるが、ハイカーたちはそんなことは完全に無視。(ここでも無視)
朱色が鮮やかな中山寺奥の院

綺麗になった社殿

大非水と呼ばれる湧き水

やっぱり飲んでみたい大非水

■1100安らぎ広場
中山寺奥の院はそこそこに出発。11時半にはカブ隊やビーバー隊が到着するハズ。
先行していないといけない。
道を探して、出発。
ところが、道が整地されすぎてる!
これって正しいのかな。と、いう不安がありながらもなんとか「やすらぎ広場」に到着した。

整地された車道

車が通りやすいように整地されている

やすらぎ広場手前のトイレは改修中だった

やすらぎ広場のトイレは改修中だった

■1130カブ隊が到着
だだっ広い芝生の公園だ。数人のハイカーがお弁当を食べていた。
その中を、われわれ二人はズンズン進んでいって、ここが一番いいだろうという場所を確保した。
ビーバーやカブ隊たちがきたら、ご飯を食べている余裕がないだろうという予測に基づいて、先に昼ご飯を食べた。
そんなことをしていたら、遠くから赤い帽子をかぶった軍団がやってきた。
だだっ広い芝生の広場

広々としたやすらぎ広場

遠くからカブ隊の1組がやってきた

おっ、カブ隊がやってきた!

慌ててコッヘルでお湯を沸かす準備をする。
そうこうしているうちに、次々にカブ隊がやってきた。
そうして、ビーバー隊も。総勢50名近い集団になった。
カップ麺を食べるカブスカウトたち

カップ麺を食べるスカウト達

赤い帽子をかぶった豊中20団のスカウト達

元気なスカウト達

豊中20団のスカウトは、みな赤い帽子をかぶっている。員数確認や危険察知のためだ。
今回は、お湯を沸かすための器材を持ってこないので全員がポットにお湯を持参している。
やがて、山本駅から縦走してきたBS隊も合流して総勢70名近い集団となった。
BS隊は、中山山頂からやすらぎ広場まで15分でやってきたそうな。
普通でも30分はかかるのに。←めっちゃ速いやん。
■1237下山開始
全団で記念撮影してから、下山を開始。
怒濤のようにやってきて、怒濤にように去って行った。

下山のために去って行くスカウトたち

さあ。下山しよう

清荒神への分岐点の写真

清荒神への分岐

■1300清荒神への分岐
ま、いいとしようか。RS隊とゆっくりと下山しようかとY副長と話しながら進む。
しばらくすると聞き慣れた話し声がすると思ったら、案の定、ビーバー隊に追いついた。
わいわいいいながら歩いているのが楽しい。と、思った。
年齢的には「孫」かもしれない。←孫はまだいないんだが。
人間の本質と真正面から相対しているようで新鮮だ。
ビーバー隊の後ろからついていくところ

保護者のぶつぶつも面白い

元気なビーバースカウトたち

ビーバーの話はもっと面白い!

途中でビーバー隊を追い抜かしして先に進む。
このコースは民間の開発宅地と紙一重。だから、すぐそばに民家が見える。
それでも、このコースは奥の院からのコースである。
それなりに踏まれたコースがある。
すぐ側に宝塚の住居がせまる

すぐそばに民家が見える

清荒神へと降りる石の階段

清荒神へと向かう標識だ

■1328清荒神
どやどやした感じで登山口に到着してみたら、すごい人出に圧倒された
どっから来るねん、この人たち。
清荒神の布袋さん?

清荒神のキャラクター?

カラフルな建物

神殿はカラフル

■1405清荒神駅
せっかくなんで、お参りしていくことにした。
なんせ、ボクは、今年が還暦なのだ。(60歳)
池の鯉はみんな黒かった

なぜか錦鯉がいない

願い事がこもったお線香

願いがこもった線香がいっぱい


感想
[1] 中山寺もよく整備されている
[2] 手頃な距離である
[3] 団体での活動に向いている

【しまなみ海道】ベンチャー自転車隊、B級グルメの旅!最終日

2017年GWの豊中20団VS隊の活動です。(VS隊長レポート)
-------------------------------------------------------------------------------
記録:2017.05.05
天候:晴れ
場所:しまなみ海道
出発:カレイ展望公園キャンプ場
到着:尾道駅
道程:カレイ展望公園キャンプ場→伯方島 → 大三島→ 生口島→ 因島→ 向島→ 尾道駅
Map:
(注:途中でGPSの電池切れ。大島から今治までのルートが取れませんでした。)
参加:7名
[20団VS隊] 5名 升田智之、田中健登、福本明佳里、段中玲慈、滝雄大
[箕面6団VS隊] 2名 和田茉奈美、加藤小弥太
[リーダー] 3名 亀井VS隊長、山本VS副長、藤田副団委員長
----------------------------------------------------------------------
●プログラムの概略
一日目(3日) 走行距離53km
 朝5時の始発でVSスカウト達は電車で千里中央を出発。新大阪から姫路、そして岡山へ。
 いずれも急行のみを乗り継いで、一路、尾道へ。尾道ラーメンを食べる。
 そこで、レンタサイクルを借りて伯方島へ渡る。
 伯方島の隣にある身近島の無料キャンプ場でキャンプする。

二日目(4日) 走行距離 50km
 朝一番で身近島キャンプ場を出発し、宮窪から来島海峡大橋を渡り、今治市まで。
 今治市で、白楽天の「焼豚玉子飯」と登泉堂の「かき氷」を食べる。
 帰りは、大島にあるカレイ山キャンプ場で野営。
 自転車で往復する。

三日目(5日) 走行距離60km
 キャンプ場を出発して、伯方島で「塩ソフトクリーム」を食べる。あとは、一路、尾道へ。
 尾道で、「お好み焼き」を食べてから帰阪する。

参考:
【しまなみ海道】ベンチャー自転車隊、B級グルメの旅!1日目
【しまなみ海道】ベンチャー自転車隊、B級グルメの旅!2日目
----------------------------------------------------------------------
カレイ山展望公園

キャンプ場から少し上ったところにある展望台



カレイ山展望公園からみた風景

素晴らしい展望だ(是非、この画像をクリックして拡大してみてください)


■0500起床
爽やかな朝だ。降水確率ゼロ。気温は30度近くまであがりそうだ。
今朝も早起き一番乗りは升田スカウトだ。周囲のテント群はまだひっそりとしている。
お湯を手際よく沸かす。リーダーやスカウトたちも起き出してきた。
朝一番のコーヒーは美味しいなあ。ロールパンとマヨネーズを塗ったレタスを食べながら、なんとなく夏のキャンプのようだなと思う。
初夏の早朝は特に気分がいい。
ちょっと、時間ができたので展望台まで散歩することにした。
遠見茶屋とよばれるところまで歩いて2分程度だ。記録によると標高は232メートルもある。
途中に、ヤギを囲っている。ヤギは2頭いて、母ヤギが「雪」、子ヤギが「小雪」というそうな。

展望台に上ってみると、素晴らしい景色が展開していた。
カレイ山の名前の由来は、華麗な眺めが楽しめるので、カレイにしたのだとか。

テントの収納風景

でかいテントは収納にも時間がかかる

頭上は桜の木。毛虫だらけ

頭上は桜の木。毛虫だらけ

テント場の真上は桜。5月の新緑といえば、毛虫。
大量の毛虫が発生していた。滝スカウトが2カ所も刺されてしまった。私も1カ所。
撤収中にゴミの処理をしていたら、昨日のBBQ用に買ったキャベツがほとんどまるごと1個残っていることに気がついた。
持って帰るのもなあ。と、その時。良い考えが浮かんだ。
途中、見かけたヤギにあげよう。展望台に向かおうとしていたスカウトにヤギさんに食べてもらってくれと頼んだ。
後で聞いたら、速攻で完食だったらしい。よかった。
■0730出発
2班に分かれて、順番に昨日の福祉センターまで車で送る。

車で移動

君は後部座席で移動だ

自転車で出発

さあ、今日も元気に行こう!

■0800出発
次々に出勤してくるスタッフの方々から、おはようございますの挨拶を受ける。
みなさん、ニコニコして、自転車ありましたかと声をかけていただく。
最後の班が到着して、記念撮影。
さあ、帰ろう。
リーダー自転車は、私の番だ。
宮窪観光センターまでは緩い下りが続くのでスピードがでる。

伯方・大島大橋が見える

伯方・大島大橋が見える

伯方島の塩ソフトクリーム

私も塩ソフトクリームを食べる(伯方島)

■0900 伯方島SCパーク
朝の出発が遅かったのには理由がある。つまり、ここ伯方島の道の駅の9時開店に合わせてやってきたのだ。
狙いは、ズバリ「塩ソフトクリーム」だ。
9時開店にもかかわらず、たくさんの人がソフトクリームを食べている。
レギュラー250円。ビッグサイズ350円。
私は250円で、抹茶と塩のハーフソフトを買って食べた。
朝からソフトクリームなんて生まれてこの方記憶にない。でも、美味しいのだ。
スカウトたちはソフトクリーム以外にもいろいろ買って食べている。実に楽しそうだ。
ついでにお土産を買うことにした。伯方に来たからには、「はかたの塩」。
でも、スーパーなどでも売ってるものばかり。← そらそやろ。塩やからな
ちょっと珍しいような塩を買った。
造船所

造船所にでかいタンカーが

大三島へ向かう

大三島へ向かう

早々に伯方島を後にして出発した。
まだまだ気温は上がりきっていないが、路面からはムッとした空気が立ち上ってくる。
さすがに反対方向からの自転車は見かけない。
■1000大三島

b734e69c-s

向こうに多々羅大橋が見える

ロードバイクはチェーンが外れる

ロードバイクはチェーンが外れることが多い

下り坂になるとロードバイクのチェーンが外れることが多くなった。
ギアチェンジのタイミングがあわないのかもしれない。
ママチャリはそんなことはないのだが、ロードバイクは作りが繊細なんだろう。
チェーンの装着は女子スカウトのほうが手際がよい。男子頑張れ。見ているだけではダメだ。

背中に哀愁が漂う

なぜか、先行しては1人に。背中に哀愁が漂う

元気だけはある

うん、元気だけはあるな

大三島に入ってからは、休憩所を飛ばして先に進むことにした。
先頭を行く升田スカウトの判断である。私はただただ後ろからついていくだけだ。
常に先行しては、待っている田中スカウト。なぜか、堤防で海に向かって座っている。

多々羅大橋の柱を見上げたところ

多々羅大橋の柱を見上げたところ

拍子木を鳴らす

拍子木があって、これを鳴らしてみると反響するのだ

■1040多々羅大橋
途中の橋柱にはさまれたところで、拍子木が置いてある。
これをカンカンと鳴らしてみると、エコーがかかって面白い反響音がする。
スピードを上げて走っている人は気づかないかもしれないな。

チーフリングを流す

途中で立ち寄った浜辺で田中スカウトがチーフリングを流す

爽快なサイクリングロード

爽快なサイクリングロードだ

■1050多々羅大橋を降りたところ
まあ、いろんなことがある。
先ほどの多々羅大橋での反響音を動画撮影したいからというので2人のスカウトが引き返した。
だから、残りの舞台は、橋を降りきったところにある海辺で休憩することにした。
ところが、そこで石投げしていたら、何かの拍子に田中スカウトのチーフリングが海の中へ。
2メートルくらい先をゆっくりと漂っていく。みんな大騒ぎだ。
なんとか、チーフリングは回収した。
コンビニで休憩

行きと同じコンビニで休憩

因島大橋

因島大橋

■1150 瀬戸田町観光案内所
お腹が空いた。ここから尾道まで約32km。楽勝!
とはいうものの、帰りが一番気が緩むのだ。ケガのないように走ろう。
近くのコンビニまで移動して、コンビニまえで仲良く昼食。
私は、おにぎりとスープ。お湯の無料サービスはありがたい。暑くっても、温かい飲み物は元気がでる。
ここで、リーダーは自転車をチェンジ。私は支援車に乗ることになった。
■1215出発

■1300生口橋の付近
ところが、事件が起きた。すでに、車で尾道に入っていた私にスカウトから電話があった。
スカウトが1人、ケガをしました!
なにっ!
状況を聞くと、どうやら、ガードレールに手が当たって薬指を深く切ったらしい。
すぐさま、車で引き返し自転車部隊と合流した。
血は少々出たものの、すでに止血処理が済んでいた。爪のあたりの裂傷なので縫うことはできない。
スカウト全員が日頃の訓練の成果を見せたようだ。

リーダー3人で検討した結果、自転車に乗ることは手に負担ががかるので、スカウトは車に乗せて尾道へ。
救急病院へ行くことはないだろうが、しばらく様子を見ることに。
で、私はスカウトの自転車で尾道までいくことにした。

向島のメガネ岩

向島のメガネ岩で

尾道港にゴール

尾道港にゴール!

■1445メガネ岩
メガネ岩というのは、私が勝手につけた名前。
行きは通りがかったが、スピードを上げてたために通り過ぎてしまった。奇勝だ。
■1500出発

■1540尾道港
現地に到着。先に車で来ていたスカウトも元気に合流。
全員で記念撮影。トータル160kmほどの距離になる。お尻が痛い。
やったね。1人ケガしてしまったけど、大事に至らなくて良かった。
この活動の反省は、次のベンチャー会議でやろう。

で、とりあえず、ここで解散。

追記
スカウトたちは、近くのお好み焼き屋へいったそうです。
われわれリーダーは、車で大阪へ。ものすごい渋滞に巻き込まれ5時間半かかって大阪に。
スカウトたちは、新幹線で私たちより先に帰宅しました。

記事検索
Archives
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS

このブログのフィードです。登録してくださいね。

RSS
  • ライブドアブログ