久しぶりの三連休。曇りだが雨は降らなさそう。
蒸し暑いのは承知で出かけよう。そうだ、京都行こう。
--------------------------------------------------
【【京都】鈴虫寺 ハイキング 2016
--------------------------------------------------
記録:2016.07.16
天候:曇り。最高気温31度。蒸し暑い。
場所:鈴虫寺
出発:阪急「桂」駅
到着:阪急「松尾大社」駅
地図:もっと!阪急ハイキング
道程:[1]案内所→[2]洛西高校前→[3]花の寺→[4]桂坂公園→ [5]鈴虫寺 →[6]松尾大社
Map:20160716_suzumushi_root

歩行:3時間
歩数:17670歩
距離:約11Km
高低:20160716_suzumushi_koutei

駐車:花の寺、鈴虫寺
トイレ:同上
備考:
BV:★ (退屈する)
CS:★ (退屈する)
BS:★ (退屈する)
VS:★ (物足りない。)
--------------------------------------------------
■ 0753 自宅出発
なるべく早く家を出ようと思ったが、この時間。
前々から行こうと思っていた鈴虫寺へ行くことにした。
■0817 南方
ここから準急に乗って桂駅を目指す。

suzumushi (1)

阪急「桂」駅

suzumushi (2)

バス停の洛西高校前が見える

■0858阪急桂駅
駅のコンビニで水分とおにぎりを購入。西口に降りて、バス停に向かう。

■0908 バス出発
2番系統のバスに乗って、洛西高校前を目指す。乗客は10数名。空いている。

■0927洛西高校前
歩数計1545歩。
キレイな道路だ。土曜日とあってガランとしている。
ここから歩いて、花の寺を目指す。

suzumushi (3)

農道を進む感じ

suzumushi (4)

こんな標識があちこちにある

のどかな田園風景が広がる。
時折、車が通る。典型的な農道を進む。
太陽は照りつけてはいないが、蒸し暑い。

suzumushi (5)

花の寺はガラガラ

suzumushi (6)

この地図は正しいが、現実はちがった

■0957花の寺
4245歩。
ほとんど、誰もいない。桜で有名な花の寺なので時季ではないのだろう。
お寺の中にはいるとお金がいるので、表玄関だけ見て折り返した。

suzumushi (7)

京都縦貫道沿いに歩く

suzumushi (8)

沓掛の交差点のそばにあった地図

■1034沓掛の交差点
7600歩。
予定では、東海自然歩道をゆったり歩くはずだった。
しかし、現実は、縦貫道がドカンと通っているので、それ沿いの道を歩くだけ。
花の寺に掲げてあった地図とはかけ離れた道だった。
風情はまったくない。どこかで道を間違ったのかもしれないな。
蒸し暑い中、道を探す気力も失せて、ただただ歩くのみ。暑い!

suzumushi (9)

このような道を歩く

suzumushi (10)

桜坂公園で昼飯

■1050コンビニ
ファミリーマートがあった。その横にあったトイレを借りた。
キレイなトイレだった。ついでに冷えたビールを買う。

■1102桂坂公園
9650歩。
ここで昼食にする。誰もいない。草ボウボウ。
ビールが腹にしみる。

■1147出発

suzumushi (11)

住宅街を抜ける

suzumushi (12)

竹林の中はヒンヤリとしていた

次の目的地は華厳寺。通称、鈴虫寺だ。
住宅街の中を突き進み、竹林の中を降りていく。
ひんやりとして涼しい。今日初めてハイキング道らしい道だ。
しかし、誰も歩いていない。ま、そやろな。
黙々と下り坂の竹林を歩く。

suzumushi (13)

でかい字で誘導してる

suzumushi (14)

おっ、タクシー料金表がある

山を下りきったところで
、ひょこりと駐車場みたいな広場に出た。
タクシーが並んでいる。その向こうに、鈴虫寺への案内板が見える。

suzumushi (16)

虫の字がいっぱい

suzumushi (15)

鈴虫寺の拝観料です

■1240鈴虫寺
15030歩。
ここ、来たことある。以前、箕面から嵐山まで縦走したときに真横を通過した。
行列ができている。今日は短いそうだ。いつもなら、もっと並んでいるとか。
20分ほどして、お寺の中に入る。ひとり500円也。
畳の大部屋に通された。お茶と和菓子がひとつ。
100人は入れるか。

クーラーが効いて涼しい。鈴虫がリーンリーンと鳴いている。
うわっ、めっちゃいてるやん鈴虫。
やがて、和尚さんらしき人が出てきて講話をしだした。
鈴虫は4000匹はいるらしい。

漫談である。落語かもしれない。
上手に釈迦の教えを交える。
この話術はどこで会得したのだろう。
なるほど、行列ができるには理由がある。
全国各地から拝観に集まってきていた。

suzumushi (17)

遠くに京都タワーが見える

suzumushi (18)

わらじを履いたお地蔵さんは珍しい

30分ほどして講話が終わった。
なんでも、帰りにお地蔵さんに願い事をしてかえれば叶うとか。
ここのお地蔵さんはわらじを履いているのが珍しいんだという。
願い事をした人の家まで歩いてこられるからわらじを履いている。
お守りを持ってお祈りして、そのあと財布にいれておくといいらしい。
で、そのお守りは300円。← 商売うまいな。

■1345出発
体が適度に冷えた。
ほとんどの人は、バスかタクシーで来ているようだ。
この季節、こんなところまで歩いてきてるバカな奴はいない。← おまえやん

suzumushi (19)

でかい鳥居

suzumushi (20)

松尾大社です

■1400松尾大社
15分ほど街中を歩くと松尾大社に着いた。
ここも観光客はまばら。なにせ暑い。

■1416松尾大社駅
17670歩。


[感想]
[1] 花の寺から鈴虫寺までの東海自然道は期待しないほうがよい。
[2] 祇園祭の7月には京都へのハイキングは避けた方がいい。熱中症になりそう。
[3] 鈴虫寺は和尚の話が面白かった。