昨年に引き続きベンチャー隊は六甲全山縦走にチャレンジ!
屋久島へ行くスカウトには訓練登山となるのだ。ううっ、ついていけるか?
--------------------------------------------------
【兵庫】六甲全山縦走 1日目 2016
--------------------------------------------------
記録:2016.05.04
天候:晴れ
場所:六甲全山
出発:須磨浦公園駅
到着:市ヶ原
地図:山と高原社「六甲・摩耶」
道程:[1]須磨浦公園駅→[2]馬の背→[3]鵯越駅→[4]菊水山→ [5]鍋蓋山→ [6]→[7]市ヶ原
Map:20160504

歩行:10時間
歩数:35071歩
距離:約25Km
高低:2016050401_koutei

駐車:対象外
トイレ:ポイント毎にある。
備考:
BV:★(向いていない)
CS:★(向いていない)
BS:★(向いていない)
VS:★★★(行くべきである)
--------------------------------------------------
スカウトには、15kgを背負うように指示してある。不足分は水で調整。
実際には10kg程度の装備で十分だが、あえて重い荷物で縦走訓練する。
以下は私の装備である。前回は10kg程度だったので少し重くした。
事前に計量したら14.5kgになった。

装備:どら焼き1,あんこ入り饅頭1、カレーパン1、あんぱん1
   アルファ米(わかめごはん)、みかん入りゼリー、スティックコーヒー
   準備水分/ペットボトル500mlお茶2本(爽健美茶)、水500ml2本。
   途中購入/ペットボトル500mlお茶3本、スコール500ml1本、水500ml一本
   行動食/ウイダーinゼリー3パック(すべてカロリー補給300kcal)、カロリーメイト
   その他/チョコレート1箱(一個29Kcal)、アメ一袋
   1人用テント(モンベルクロノスドーム儀拭
   ロールマット(エアー注入型)、シュラフ(1kg)
   コッヘル、バーナー、シェラカップ、250mlボンベ
服装:レインウェア上下。(ゴアテックス製)防寒を兼ねる
   速乾Tシャツ(L.L.bean) ← 着替えを省略
   ワークシャツ(ユニクロ) ←赤色の半袖シャツ
   登山用パンツ(ミズノ)← 伸縮性のパンツ
   帽子(キャップタイプ)
   タオルマフラー(愛媛県製)
   替えの靴下1足
   手袋(自衛隊使用)
   ネッカチーフ
   軽登山靴(シリオP.F.302)
   アークテリクス(ザック容量55L)
通信:ラジオ 1台(単三電池2)←  天気予報など
   ICボイスレコーダー(単4電池1)← 記録用
   携帯電話(ドコモ) ← メイン使用
   スマートフォン ← 情報収集用
   非常用バッテリー(マルチ対応)
   GPSロガー(単三電池1)
地図:地図(神戸市発行の六甲縦走の地図)
   コンパス(シルバNo.3)
薬 :サロメチール(筋肉痛対策)
  :救急用絆創膏 4枚
  :キズ消毒薬
備品:コースタイム表(自作A4サイズを折りたたんで使用)
   ペン
   上記を入れるチャック付ポリ袋(100円shop)
   デジタルカメラ1台(CASIO EXILIM)
   濡れティッシュ1
   ヘッドランプ1(単4電池3)
   予備の電池(単4電池4、単三電池2)
   腕時計(カシオプロトレック)← 高度計使用
   財布・定期
-------------------------------------------------------------------------------------------
今回の活動は屋久島キャンプのための事前訓練だ。
スカウト4名にリーダー2名の合計6名のパーティとなった。

05:05 千里中央
05:40 梅田(阪急神戸線)
06:24 高速神戸(山陽電鉄)
06:40 須磨浦公園
片道1,060円

前回よりも1時間早い出発くなったが、荷物を重くしたためペースは落ちるかもしれない。

rokkou0504 (1)

須磨浦公園駅のホームで

rokkou0504 (2)

さあ、元気に出発しよう

■06:50 須磨浦公園
1960歩。
快晴 だ。ついてるやん。
須磨浦公園駅で下車する客は私たちだけ。
ホームにトイレがあるので用を足して、軽く準備運動をする。
元気なうちに記念撮影しておこうか。私はこれで4回目となる全山縦走。
前回参加したスカウトが2名いるのでルートで迷うことはないだろう。

rokkou0504 (3)

最初は鉢伏山へ向かう

rokkou0504 (4)

旗振茶屋から明石海峡大橋を眺める

■07:26 旗振茶屋(歩行2km)
少しゆっくりペースだ。景色が良い。そして、気分も良い。

rokkou0504 (5)

鉄拐山の山頂で

rokkou0504 (6)

高倉台にて

■07:42 鉄拐山(2.9km)
眺望はないが、全員よいペースで歩いている。天気が良いので歩きやすい。

■07:53おらが茶屋
高倉台の石標があるところだ。周囲の景色が素晴らしい。
六甲全山縦走の地図をみながら、これからのコースをチェックする。

rokkou0504 (7)

大丸ピーコックを抜けて歩道橋を渡る

rokkou0504 (8)

第一の難関。400段の階段

■08:00 大丸ピーコック
スカウトが食料を一部補充したいというので立ち寄った。
10分ほどしてから出発。
高倉台を抜けて国道を跨ぐと、第一の難関と呼ばれる400段の階段だ。
スカウト達は15kgの荷物を担いでいるが元気に上っていく。

rokkou0504 (9)

栂尾山の展望所で

rokkou0504 (10)

ここからも明石海峡大橋が見える

■08:30 栂尾山(274m)
ハアハアいいながら展望台に到着。景色がすばらしい。汗が噴き出る。
■08:40出発

rokkou0504 (11)

横尾山の山頂

rokkou0504 (12)

須磨アルプスを歩くスカウト達

■08:53 横尾山(標高312m) (歩行6.7km) 
前は油断して道を間違えたことを思い出した。今度は間違えない。

rokkou0504 (13)

東山のすぐよこの開けた高台で

rokkou0504 (14)

地下鉄西神をくぐる

■09:13 馬の背(棒標識)
9460歩。
リーダーが下りで足が痙ったとのこと。滑りやすい砂地なので危ない。
後でわかったことだが、この時すでにリーダーの足に異常を来していたかもしれない。

■09:27 東山
10046歩。
ここから妙法寺へ降りる。急な下り坂なので、重いザックの一歩一歩が足に堪える。
10分ほどで住宅街に入り、アスファルト道を歩く。
やがて、高速道路と鉄道の陸橋の下をくぐり抜ける。

rokkou0504 (15)

ローソンで水分を補給

rokkou0504 (16)

高取山(荒熊神社)でお昼ご飯

■10:15 妙法寺交差点(歩行10.2km)
妙法寺小学校の交差点近くのローソンに立ち寄る。
全山縦走の最後のコンビニだ。水分を補給する。
気温はかなり上昇してきている。

■10:23出発
さあ、高取山を目指して歩こう。
民家の中を抜けるとやがて山道に入る。
標高は低いがなかなか目的地にたどり着かない。
ザックが重く肩に食い込む。ふうふういいながら登る。

■11:11 高取山(320m) (歩行12.0km)
16310歩。
ようやくたどり着いた。荒熊神社だ。
さあ昼食にしよう。すでに出発から4時間半が経過している。
歩行距離は10km弱。前回よりザックの荷物が重いだけにキツい。
水場はない。今回の私の昼ご飯はどら焼きとお餅だ。
景色はよく、いままで歩いてきた山々が一望できる。
■11:52 出発

■12:23安井茶屋
ここで水分の補給。空のペットボトルに飲料水を補給する。
猫が三匹いる。ついでにトイレ休憩。
ものすごく喉が渇く。
気を取り直して鵯越駅を目指して出発する。
■12:35出発

rokkou0504 (17)

住宅街を歩く

rokkou0504 (18)

元気なスカウトが前に立ってみんなを引っ張る

■13:30 鵯越駅(ひよどりごえ)(歩行16.2km)
住宅街のアスファルト道を歩くこと1時間。ようやく駅に出た。
このアスファルト道は足にこたえる。トレッキングシューズではしんどい。
この駅の横を抜けて歩く。ここはエスケープポイント。
足を痛めたリーダーがエスケープするか迷ったが、いけそうだということで続行。

rokkou0504 (19)

高架下で休憩

rokkou0504 (20)

菊水山手前の水場で頭を冷やす

■14:23 菊水山の登山口
30分ほど歩くと、ゲートの手前に水場があるのが見える。
冷たくて気持ちがいい!
しばらく、緩い登坂を進むと、ハイカーの休憩所にたどり着く。
さあ、ここから第2の難関。いよいよ菊水山の階段だ。
■14:32菊水山にむけて出発

rokkou0504 (21)

冷たい水で頭を冷やすと気持ちがいい

rokkou0504 (22)

最後の難関。菊水山の登山口の前で

■15:04 菊水山(459m) (歩行19.5km)
27900歩。
苦しい...。もう、あかん。やっぱりこの階段あかんわ。太ももが震える。
スカウト達は先に行っている。姿がみえん。あいつら元気やなあ。
やがて、山頂に到着!
先頭のスカウトは私より20分は早く着いたらしい。

rokkou0504 (23)

到着直後の様子

rokkou0504 (24)

やっぱりしんどい

菊水山の上りは厳しい。
バテバテだ。みんな順に到着したが、もう1人のリーダーが来ない。
しばらくして、スカウトが支援のために降りていった。
どうやら、リーダーが膝を痛めたらしく思うように登れなくなっているとのこと。
急きょ、荷物を持って上がり、リーダーの到着を待って、荷物を分担して持つことにした。

■16:00出発
スカウト達はみんな冷静に行動できている。素晴らしい。
トラブルがあったため出発が遅れたが、リーダーがなんとか歩けるのでホッとした。
ところが、下りの階段では一歩一歩でないと降りられない。
足が動かなくなっている! そこで、両足マッサージをすることにした。
20分ほどマッサージしていると、足が動くようになった。

■17:30 天王吊橋(歩行20.8km)
1時間30分かかったが、予定しているキャンプ場まではゆっくりでもかまわない。
しかし、この先にはつらい鍋蓋山への上りが待っている。

rokkou0504 (25)

鍋蓋山山頂にて

rokkou0504 (26)

市ヶ原のキャンプ

■18:11 鍋蓋山(487m) (歩行21.9km)
ようやくたどり着いた。距離が長い。とにかく長く感じる。いつもそうだ。
出発から歩行距離は20kmを超えている。重いザックがつらいし、膝にくる。

■19:00大竜寺(山門前) (歩行23.5km)
あたりはすでに暗くなっている。日没は6時50分くらいか。
まだ、ほんのりと道は見えるが全員がヘッドランプをつけて歩く。
ホウホウとフクロウが鳴く声が聞こえる。人数が少ないと寂しいが、6人もいると賑やかだ。
自販機コーナーで水分を補給する。
前回、市ヶ原の自販機は午後6時30分に停止するとの情報を得たためだ。

■19:45市ヶ原(茶屋前) (歩行24.5km)
34960歩。
無事到着。良かった。
すでに、3パーティがテントを張っていた。
1つのパーティでは、若者たちが大声で歌を歌ってる。

河川敷なので石がゴロゴロしている。砂地を見つけて1人用テントを張る。
みんな手慣れている。10分ほどで設営完了した。
やっぱり、経験やな。

茶屋まで歩いて数分。トイレと自動販売機がある。
ところがである。自販機は稼働していた!

■20:30夕食
スカウト達の食事は豪勢だ。
ご飯を炊いたり、カップ麺、アルファ米、缶詰、豚汁など。これが楽しみ。

いろいろアクシデントがあったが、すべて切り抜けた。
リーダーもかなり体力を回復したものの、右膝はかなり痛いようだ。

スカウト達は、わいわいがやがや楽しそうに飯を食べている。
みんな元気だ。これから、ラジオ番組に曲をリクエストするという。

横になったらすぐに爆睡しそうな身体の疲れを感じる。
お先にと声をかけて、寝ることにする。
川で手と顔を洗う。

■21:00 就寝
寒くはない。乾いたTシャツに着替えて寝た。靴下も脱ぐ。
いつ眠ったのかわからない。

二日目につづく...。

[感想]

[1] ザックを背負ってのハイクはペースがかなり遅くなる。
[2] 足の補助のためにテーピングを持参すればよかった。次回からは持って行こう。
[3] 水分補給は、公園などの水道を上手くつかえば良いだろう。
[4] 市ヶ原でキャンプをしたのは正解。自販機は使える。