昨日はものすごい人出のなかでの花見だったなあ。
今日はのんびり花見と行きたい。
そうか、じゃあ五月山でもぶらぶらいきますか。
--------------------------------------------------
【池田】五月山 ハイキング 2016 春
--------------------------------------------------
記録:2016.04.09
天候:晴れ時々曇り。風強し。肌寒い。16度。
場所:五月山
出発:公園総合案内所
到着:公園総合案内所
地図:案内所でもらったハイキングマップ(無料)
道程:[1]案内所→[2]秀望台→[3]五月台→[4]大一の見晴台→ [5]五月平高原コース →[6]案内所
Map:20160409_satsukiyama_root
歩行:3時間
歩数:7800歩
距離:約5Km
高低:20160509_satsuyama_koutei
駐車:総合案内所、他多数あり
トイレ:同上
備考:【池田】五月山 ハイキング 2014
BV:★★★ (安全)
CS:★★★ (いろいろなコースがあって楽しい)
BS:★★★ (それなりにコースが選べる)
VS:★    (物足りない。)
--------------------------------------------------
■ 0918 自宅出発
痛む右足をかばいながら歩けるような場所はどこ?
今日は快晴!
ということで五月山に出かけることにした。

途中でコンビニによって弁当を購入する。
特に美味しそうなものも見当たらない。
飽きてきたってことかもしれんな。

DSC02306

駐車場横に休憩所

DSC02308

ふと横を眺めると満開

■0945 第二駐車場
五月山の駐車場は奥の第一駐車場が狭い。
だから、手前の第二駐車場にいれることにしている。
GPSをONにしてから、案内所へと向かう。
すでに桜が満開だ。ここで花見をしてもいいくらい。

DSC02309

見上げると桜一色

DSC02310

ピンクの花が

■1000 案内所とトイレ
すでに五月山動物園は開いている。
案内書の前にはトイレがある。
ここで用を足してから出発する。

DSC02311

いい感じの階段を行く

DSC02313

階段をゆっくりとのぼる

案内所の裏の道を進む。大文字コースだ。
案内板があるので地図がなくても迷うことはない。
登山というより散歩の速度でぼちぼちと。
短いコースなので早く歩くのがもったいないくらいだ。

DSC02314

秀望台からみた景色

DSC02316

山の中にも桜が

■1020 秀望台
大きな吊り橋を見下ろせる場所に出た。
ここから道路沿いに進む、途中で右の山道に入る。

しばらく進むと先ほどの道路に合流する。
すぐそこが五月台という展望のよい場所だ。

■1030五月台
山を正面にした展望所だ。
一人のハイカーがぽつんと座っていた。
道路を渡って、元の山道に合流する。

10分ほど歩くとひょうたん島コースに突き当たる。
そこを左に折れて、階段を上る。
池田市のマップでは、階段の記述がないので注意したほうがよい。普通の道だと勘違いしてしまうのだ。

この道には「自然とのふれあいコース」という長い名前がついている。
たしかにのどかな道で、右側には桜が咲いているのが見える。

■1100 吊り橋
やがて、目印となる吊り橋に到着した。
なんで、こんなところにわざとらしいつり橋があるんやろう。
とか、思うのだが、ちびっこは喜ぶに違いない。

俺もたまには歩いてみるかと、吊り橋を見上げると先客がいた。
女性2人が3メートルほどの間隔で歩いている。
めっちゃ揺らしてるやん!わざとか?

違う。左右のバランスが悪いので揺らしているように見えるのだ。
へえーと、ゆっくりと吊り橋に足をかけてのぼり、二人の後に続く。

私の目の前をゆっくりと歩いていた女性が降りた。
くるっと振り向いて、私の顔をみてにっこり。

おめでとう!90歳での制覇。という声が隣から聞こえた。
仲間のハイカーらしい。

ええっ、この方、90歳!!
めっちゃ元気やん。やるなあ。
去年は89歳やでその人。とハイカー。

当たり前やん。とか思いながら、ちょっとした感動を覚えた。
俺が90歳のときにこんな揺れる橋歩けるかなあ。← きっと無理

やがて見晴らしのよい展望所が見えてきた。

DSC02318

展望所で昼食

DSC02319

緑のセンター

■1120 展望所に到着
数人のハイカーが大きな声で仕事らしき話をしていた。
こんなところまで来て仕事の話せんかてええやん。

ま、それよりお腹が空いてきた。
そこから下へ50メートルほどくだったところに、大文字焼きのような火祭りの場所がある。

■1150 昼食
巨大な望遠レンズをつけたカメラマンがバシバシと遠くに見える伊丹空港を撮影していた。
カラスがらせん状に飛びながら上へ上へと飛んでいく。
なるほどね。こうやって高いところに行くのか。
などと感心しながら、ノンアルコールビールで神様に感謝する。

眼下に伊丹空港を見下ろしながらの弁当だ。
むうっとした空気が地面から立ち上るようだが、心地よい風が吹く丘だ。
遠くの空港から飛行機が短い間隔で飛び上がる。
ずっとずっと先に梅田のビル群がかすかに見える。
このまま昼寝でもしたい気持ちだったが、そうもいかず出発することにした。

■1230 出発
やっぱり40分か。いつもこうだ。昼飯食ってひと段落ついたら40分。
ちょっと長いか。

下りは五月平高原コースを降りた。

DSC02321

緑のセンターにある大桜

DSC02322

駐車場までの側道

■緑のセンター
大きな桜の木がある。満開だ。
思わず見上げてしまった。

■13:30 駐車場
ああゆっくりした。のんびり花見もいい。

[感想]
[1] 五月山の桜は人も少ないのでたっぷり桜を楽しめる。
[2] ゆっくり歩くのもいい。
[3] 危険な場所はない。