暑い!熱い!hot!
こんな時は爽やかな清流の音を聞かねばならない。
--------------------------------------------------
【高槻】芥川から摂津峡 ハイキング
--------------------------------------------------
記録:2015.07.11
天候:晴れ
場所:摂津峡
出発:JR高槻駅
到着:JR高槻駅
地図:山と高原社「北摂・京都西山」
道程:[1]高槻駅→[2]旧芥川宿→[3]芥川→[4]摂津峡→ [5]上の口バス停 → [6]JR高槻駅
Map:20150711_root_akutagawa

歩行:4時間
歩数:14024歩
距離:約10Km
高低:20150711_koutei_akutagawa

駐車:高槻駅付近
トイレ:摂津峡
備考:
BV:★★(摂津峡までは飽きるかも)
CS:★★(摂津峡までは飽きるかも)
BS:★★(摂津峡までは飽きるかも)
VS:★★(歴史を知るにはいい)
--------------------------------------------------
■0925桃山台
さあ、いこか。いつもなら琵琶湖疎水か、清滝のハイキングに行くところだが、ちょっと待て。
摂津峡でもいいではないか。
ということで、JR高槻からのルートを探してみた。

■0944新大阪
ここからJR高槻駅までは10分ほど。


20150711_akutagawa_01

JR高槻駅

20150711_akutagawa_02

芥川商店街

■0955JR高槻駅
高槻駅は人でいっぱいだった。賑わってるなあ。
ここで、弁当を購入。

■1005出発
東へ進む。一つ目の信号を北へ進み、最初の信号を東へ進む。
そこには商店街がある。芥川商店街だ。

20150711_akutagawa_03

旧芥川宿の一里塚

20150711_akutagawa_04

宿場町の雰囲気が残っている

■1020旧芥川宿
江戸時代に設置された一里塚が残っている。一里塚は4kmごとに立てた標識だ。
ここは西国街道の宿場町である「芥川宿」。かすかに街並みが残っている感じ。
亨保19年(1734)に描かれた絵図には、いまのままの家並みと同じだ。
なんとなく風情がある。背の高いマンションなどはない。

20150711_akutagawa_05

教宗寺の門

20150711_akutagawa_06

お寺の中に石風呂がある

■1027教宗寺
説明を読むと1287年に出来たらしい。これも、宿場絵図に書かれている配置図と比べてみると変わらない。
お寺の中は整然としている。その中にぽつんと石風呂があった。
人影はなかったが、老松が今にも倒れそうになりながらも、石柱に支えながら懸命に生きているのが見て取れる。
そこから、徒歩10分くらいで芥川に出る。

20150711_akutagawa_07

何?神峰山寺への参詣道かいな

20150711_akutagawa_08

橋の上から芥川を眺める

■1036芥川橋
橋のたもとに、お地蔵さんがあった。その横には、神峰山寺毘沙門通りとか。
へえー、こんなところからか。上の口まではかなり距離があるのに。
自転車に乗った人が次から次へと通り過ぎる。うん、チャリの町やな。ここ。

20150711_akutagawa_09

川沿いの舗道

20150711_akutagawa_10

ゆめ桜通りっていうのか

気温は30度近くに上昇しているだろう。
カラー舗装していることからみても、この道路は市民のために整備されているとわかった。
汗をびっしょりかいたジョガーが通り過ぎる。
熱気をおびた道路からむぅっとした空気が立ち上る。
川の音も聞こえるが、その涼けさも帳消しにしそう。

20150711_akutagawa_11

くろさぎ、何してるん?

20150711_akutagawa_12

遠くに摂津峡がみえる

しかし、あっついなあ。ほんま。
倒れそうや。とか、思いながら、ふと、横をみたら、くろさぎが悠然と羽根を広げているではないか。
なんで、そんなことをしているのかわからんが、涼んでいるわけではなさそうだ。
エサでもとってるんかいなと、見つめていたら、やがてどこかに飛び去った。
衝撃的なシーンを見逃した感じ。
しかたがないから、摂津峡を目指して歩く。

20150711_akutagawa_13

20150711_akutagawa_14

■1125あくあぴあ芥川
こんなところによさげな公園がある。すぐ上に、プールがある。
小さな子供達が遊んでいる。少し歩いたところに、蛍が観察出来る場所がある。
ちょっとした広場でバーベキューをしている人達がいた。
どうやら、このあたりは市民の憩いのスポットらしい。

20150711_akutagawa_15

摂津峡の公園

20150711_akutagawa_16

茶屋のふもと

■1145摂津峡公園の入り口
かなりお腹が空いてきた。この道を歩いて、ここまで来るようなハイカーはいないらしい。
公園では、どこかのスポーツ少年団(もしかしてYMCA)が、子供達を集めてライフ・ジャケットを着せている。
どこかの川に入るのだろうか?
 とか、思いながら先を進む。
ここまでくると、さすがに冷やっとしている。これぞ、ハイキングやな。

■1205昼食
渓谷に降りると、川の水が近くて涼しい。
さあ、昼食だ。
流れを見てると、気持ちも涼しい。体中から汗が噴き出ている。
持参したビールをぐぃと一口。
おおおお〜。うま。

などと、言っていると。やがて、子供達の集団がどこからともなくやってきて、目の前の渓流に入り出した。
最初は恐る恐る川に浸かっていたがやがて
みんなパンツ一丁で、川の中に入っている。
歓声が上がる。子供たちの水遊びを眺めているだけでも楽しい。
私の後方で親とおぼしき大人がtシャツを脱げとか叫んでいる。
もう、そこは、自然のプールだ。
子供たちのはしゃぐ姿を眺めるのも楽しい。

■1310出発
さあ、出発しよう。

20150711_akutagawa_17

この辺のほうが泳ぎやすそう

20150711_akutagawa_18

魚が見える

渓谷沿いの道は、苔むしていて、うっかりすると滑りそうだ。
前後を歩くハイカーはいない。清滝のハイキングコースに似ているな。ここ。
看板がある。この川には鮎がいるそうだ。
へー、そんな季節か。とか、思いながら先を進む。
やがて、一般道に出て、バス停を目指す。

■1332上の口バス停
上の口のバス停には7、8人くらいが行儀よく並んで座っている。
2分ほどしてバスが到着した。
JR 高槻駅まで20分ほど乗る。

■1355 JR高槻駅
14024歩。

[感想]

[1] まあまあの距離。コースも順当だ。でも、春先のほうがよいだろう。
[2] 高槻駅近くには城跡もあるので、そこも見ておけば良い。
[3] 暑さ対策は必須。