えっ、今日は夏日?30度超えるって?
どうするねん。涼しげなところにでも行こか。でもなあ、どこいってもいっしょやん。
いやいや、じっくり行こ。というわけで5年前にいった矢田寺へ(脈略ないなあ)
--------------------------------------------------
【奈良】矢田寺ハイキング 2014
--------------------------------------------------
記録:2014.5.31
天候:晴れ
場所:矢田寺
出発:矢田山遊びの森
到着:矢田山遊びの森
地図:山と高原社「北摂・京都西山」
道程:[1]矢田山遊びの森→[2]東明寺→[3]矢田寺→[4]弘法の井戸→ [5]まほろば展望休憩所 → [6]矢田山遊びの森
Map:20140531yatatera_root

歩行:5時間
歩数:12110歩
距離:約8 Km
高低:201405341yatatera_koutei

駐車:矢田山遊びの森 (無料駐車場)
トイレ:矢田山遊びの森 、矢田寺
備考:弁当は中村屋東生駒店 (0743-77-0034)で購入。
BV:★  (変化がない)
CS:★  (変化がない)
BS:★  (変化がない)
VS:★★ (あじさいを楽しむ)
--------------------------------------------------
■ 0940 自宅出発
土日は宝塚方面は渋滞することが多いから行かない方が無難。
つくづくそう思う。
どうせ行くなら南の方へ行くことにした。
近畿自動車道を南下して、阪奈道路に入り壱分ICで降りる。
そこから目的地まではコンビニがないのでスーパーに向かう。
中村屋東生駒店だ。ここで弁当を買う。
そこから、山遊びの森までは車幅2メートルくらいの細い道。
すれ違うのもやっとという道だ。
やがて、ぱっと視界が開いた。

20140531_yatadera01

無料駐車場。5時に閉門

20140531_yatadera02

きれいな管理棟。自販機がある。

■1040 山遊びの森 の駐車場
数台の車が駐まっていた。細い道を走り抜けたらいきなりたどり着いた。そんな感じ。
すでに気温は30度近くなっている。
管理棟は、意外なほどきれいで立派。水洗トイレがある。
団体客なら30人くらいは楽に休憩できるだろう。

■ 1055出発
準備が整ったので出発することにした。
ここから、東明寺までは15分くらいの距離だ。
すでに外気温が高くなって、もの憂い感じがする。

20140531_yatadera03

池沿いの道を行く

20140531_yatadera04

暗がり峠のような道

周囲は誰も歩いていない。暑すぎる。
他に歩く人はいない。これでセミが鳴いていたら完全に真夏だ。

20140531_yatadera05

近畿自然歩道の道標が見える

20140531_yatadera06

カタツムリを見つけた

近畿自然歩道を歩く。
道なりに誘導される。昔からある道のようだ。かといって、他に歩いている人はいない。
途中で、カタツムリを見つける。都会ではなかなかみかけない。
ナメクジとカタツムリではどちらが進化しているのか?
答えはナメクジとか。

20140531_yatadera07

イノシシの罠

20140531_yatadera08

竹林の中を行く


やたらとイノシシの被害について看板を見かける。そんなにイノちゃんがでるんかいな。
とか、思いながら歩く。5年前は、不法廃棄物の注意看板だったのに。
罠を見つけた。デカデカとした文字で檻に近づかないことと看板がある。
檻のなかには芋が置いてあった。

■1117 東明寺
2633歩。
がら〜んとしている。眼の病気を治したとかいう。
奈良県のお寺はみんな古い。写真を撮るのを忘れた。
お賽銭をあげて、お参りした。

20140531_yatadera09

道はこんな感じ

20140531_yatadera10

田植えの季節

矢田寺への道は生活道も兼ねている。
あぜ道には勢いよく農水道が流れている。
奈良県はため池が多い。そこから流しているんだろう。

20140531_yatadera11

途中で振り返ったところ

20140531_yatadera12

矢田寺正門

■ 1152 矢田寺
5300歩。いつもなら、入場料400円を徴収するところだが、そのままパスで通過?
あじさいが咲くころは入場料がいるのだろうな。参拝客もまばらだ。

20140531_yatadera13

あじさい

20140531_yatadera14

いい感じのみち

でも、園内のあじさいはほとんどがつぼみのままだった。
いつもなら、国見峠まで歩くところだが、この外気温。すでに30度くらいになっているだろう。
無理せずショートカットすることにした。
目指すのは、弘法の井戸。どこにも標識はない。
近くで弁当を食べているおじさんに道を尋ねたが、工事にきているだけなのでわからないという。
でも、この後ろの道をみんなが進んで行くとか。そう、その情報が欲しかった。
お礼を言ってさきへ進んだ。緩やかではあるが登り坂である。

20140531_yatadera15

露ナシ池

20140531_yatadera16

誰もいない展望台

■ 1230 弘法の井戸の三叉路
7693歩。
やがて三叉路にでた。地図には弘法の井戸とあるが、標識はない。少し進むとひっそりとした池に出くわした。露なし池?
まあ、普通の池だ。やたらとカエルがいる。久しぶりにウシガエルを見た。
どうみても楽園化してる。

■ 1246 展望台
8714歩。
蒸し暑い中、展望台にたどり着いた。一応上ってみたが景色は黄砂でかすんでいる。
周囲は草ぼうぼう。ここで弁当を食べる気はしない。
あと100メートルで「まほろば休憩所」とある。先へ進もう。

20140531_yatadera17

ああ、今日は黄砂だ。

20140531_yatadera18

矢田山の山頂

■ 1251展望休憩所
9047歩。
黄砂で遠景がかすんでいる。温度計は30度を超えている。
一組の夫婦が先に休んでいた。
さあ、お昼にしよう。凍らせてきたお茶が美味しい。

次にやってきたシングルの初老の方と話をする。ここには散歩がてらに来るとか。
奈良は、春日大社から若草山へ抜ける原生林が特にオススメだそうだ。
柳生街道の途中、夕日観音などの石仏を観て、若草山へ抜けるのだそうだ。
へえー、今度行ってみよう。

■ 1400出発
1時間以上も休憩してしまった。話が続くとあっという間だ。
ここからは、軽トラが楽に一台は通れるような整備された道を下っていく。
歩いているのは私たちだけ。
よほどシーズンオフなのだろう。ま、優雅な気分で歩くことにする。

■ 1416 小笹の辻
10234歩。
標識に小笹の辻と書いてある。意味はわからない。
標識の示すとおり子供の森へと進路をとる。

■ 1435 管理棟
12108歩。
やがて、管理棟の裏手にでた。
一組の女性ハイカー達が弁当を食べていた。その他は誰もいない。
自販機で炭酸飲料を買って飲む。汗が噴き出るようだ。
さあ、帰ろう。

[感想]
[1] やっぱり行くなら6月のアジサイの時期がよい。
[2] 日陰が少ないので帽子は必須。
[3] 斑鳩に抜けてもよいだろう。