朝からグズグズしていた。あかんな。こんなことでは。
と、気合いを入れて近場の中山連山に向かうことにした。
-----------------------------------------------------------------------------
【宝塚】中山連山縦走 2014
----------------------------------------------------------------------------
記録:2014.03.29
天候:晴れ
場所:中山(478m)
出発:中山駅(阪急宝塚線)
到着:山本駅(阪急宝塚線)
地図:
道程:[1]中山駅→[2]東尾根ルート→[3]中山山頂→[4]送電線鉄塔下→[5]満願寺出会→ [6]辰巳橋→[7] 最明寺滝→[9] 山本駅
Map:
より大きな地図で 中山連山ハイキング を表示
歩数:18660歩(自宅から)
距離:約12Km
高低:nakayama
備考:「もっと!阪急ハイキング」阪急電鉄株式会社
BV:不適 (岩場が危険すぎる)
CS:★  (中山山頂までなら)
BS:★  (送電線の岩場に注意)
VS:★★ (これぐらいは行かないと)
LD:★★★(送電線の岩場に注意)
-----------------------------------------------------------------------------
■1042自宅出発
300歩。
こんな遅い時間の出発は初めて。どうしようかなと迷ったが、迷ったときは行くしかない。
ということで、1時間以内で行けるところはどこや?で、中山に行くことにした。

20140329_nakayama01

堂々とした中山寺の門

20140329_nakayama02

春を感じさせる

■1127中山観音駅出発
1780歩。
中山観音駅?そんな駅あったか?中山とちゃうん。
そう、昨年の12月より、「中山」から「中山観音」と改名されたとか。へー。
駅で降りる人はそんなに多くないと思っていたが、中山寺に着いたとたん、たくさんの人に驚く。
ムッとした空気が寺門から匂い立つ。
門をくぐりしばらく歩き、本堂の手前を左に折れる。
その先に、奥の院への道が続くのだ。紫色の花が咲きほこり、まさに春。
この時間なのでハイカーは数えるほど。梅林が見頃とか。

20140329_nakayama03

東尾根ルートに入ってすぐの風景

20140329_nakayama04

天宮塚手前の交差点。赤い印が天宮塚へのルートだ

本堂から少し下る。東尾根ルートは、川の手前を右に上る。
左に進めば参道だ。いつもはこちらを行くが、たまには違う道もいいだろう。
■1139東尾根ルート
2730歩。
最初は少し登りがある。人1人くらいの幅の登り道が続く。10分ほど上ると、あとは尾根ルートだ。
女性2人のハイカーが道を掃除しながら上っていた。
邪魔な木々を横にどけたりして歩きやすいようにしているのだ。
年の頃なら、確実に70オーバーのお二人。ボクが近づくと、
「この道、どこに行きますのん?」と聞いてくるではないか。
中山山頂への道です。と、答えると、驚いた風に、「知らんかった。」と。
二人は中山をいつも歩いているらしいが、この道は初めてだとか。
めっちゃ話したそうだったので、お先にと言って先を急いだ。

そこから先は尾根道。右手には住宅街が見下ろせる。
適度な上り坂なので、歩いていても気持ちがよい。

やがて、下り坂になり、渓流をはさんで分岐道に出る。
そこで、中年の夫婦に出会う。
奥さんからいきなり、この道はミモザの花が咲きほこる梅林に出くわすかと聞かれる。
ミモザの花のなんたるかを知らない。ブログで綺麗だと書いてあったそうな。注:和名はフサアカシアというらしい。黄色い花
自分は中山寺から歩いてきたことを伝える。
すると、では、こちらの道へ進めばどこへ出るかと聞かれる。

ふむ。地図をお持ちですかと聞いてみた。
すると、ええ、ありますとよ、と言ってザックを下ろそうとする。
きっと、地図はザックの中にいれたまま。(それはあかんやろ。と心の中でつぶやく)

しかたがないので、スマホの地図を見せて、今いるところの場所はココと教えてあげた。
じゃあ、とりあえず前へ進めばいいのね。ご主人は、すみませんと頭を下げて先へ進んだ。
お気をつけて。と、言うほかはない。

20140329_nakayama05

天宮塚

20140329_nakayama06

参拝道と合流

■1238天宮塚
7220歩。
やがて、天宮塚に出くわす。修行の場とか。
あんまり興味もないので、というか、腹が減ってきたので、先を急ぐ。

10分ほどすると、参道と合流した。

20140329_nakayama07

周囲に人がいなかったので自分で撮影

20140329_nakayama08

山頂から降りてすぐのフェンス道。

■1252中山山頂(478M)
8523歩。
15分ほど歩くと山頂だ。数人のパーティが2つ。単独ハイカーが1人。
遅い食事をしていた。気温は既に20度近くになっているだろう。
家から出るときにカップ酒と弁当を詰めてきた。ついでにカップヌードルカレー味。
遠くに大阪平野を眺めながら、ぼちぼち昼飯にする。
恒例になった、山の神様と、ご先祖さまに感謝の意を唱えながらの御神酒。
これが止められん。実に幸せな気分になる。

■1340出発
ああ、ゆっくりした。このまま居眠りできたら最高やろなと、いつも思う。
それではいけないので、下山することにした。
フェンス道を東へ進む。周囲には誰もいない。

20140329_nakayama09

遠くにゴルフ場が見える

20140329_nakayama10

途中で見つけた方位盤?なんじゃこれ?

ゴルフ場を左手に見ながら南下する。数人のハイカーとすれ違う。
日差しは暑く、春を過ぎてる。今晩あたりから雨が降るとか。
アップダウンはないので、だらだら歩くっていう感じだ。
 4年前に比べると、山道のすぐ近くまで住宅街が迫っている感じがする。
このまま宅地開発が進めば、このコースは魅力が低下しそう。
近くで車の走る音がリアルに聞こえる。

20140329_nakayama11

60メートル以上の鉄塔は赤白になる

20140329_nakayama12

送電線の向こうに大阪平野が見える

■1456赤白鉄塔
14620歩。
やがて赤白鉄塔に着いた。数人のハイカーがご飯を食べていた。
景色が良いのでスポットになっているのかもしれない。でも、カゼがキツイ。
60メートルを超えたら赤白にするのがルールだとか。

■1458送電線鉄塔下
14720歩。
赤白鉄塔に続いて送電線が続く。
ここから見た景色は圧巻である。左は大阪平野。右は、神戸まで見える。
しばらく、強い風に吹かれながら景色を楽しんだ。
さあ、ガケ道だ。
20140329_nakayama13

危険なガケを降りる。写真は真横からみたところ。

20140329_nakayama14

ガケ道を降りきったところ


ガケというより壁という表現のほうが正しいだろう。
地図にも危険と書いてある。年配の方や子供は危ないのでこの道は通らない方がよいだろう。
もし、来るなら登りルートに選ぶことだ。前向きに転んでもケガはすくない。
でも、戻りルートで、ここから落ちたらタダではすまない。
一応、ロープが貼ってあるが急勾配。たくさんのパーティでは危ないと思う。
真横から撮影した写真を載せておくので参考にしてください。

這うようにして降りきると分岐道だ。

■1514満願寺出会
15300歩。
三叉路をこう呼ぶ。出会。
これを右手に進む。山本駅へという標識がある。
せせらぎを左手に見ながら山道を進む。良い感じだ。

20140329_nakayama15

堰堤の階段を降りる

20140329_nakayama16

辰巳橋

やがて、堰堤(えんてい)の階段に出くわす。これを降りて進むと派手な山門が見える。
■1425辰巳橋
16366歩。
前のブログにも書いたが「千と千尋の神隠し」を思い出させるような橋だ。
まだ、時間に余裕があるので最明寺滝まで寄り道することにした。

20140329_nakayama17

すがすがしい滝。深と冷えていた。

20140329_nakayama18

滝からの帰り道

■1532最明寺滝
16700歩。
誰もいなかった。滝の水しぶきがイオンを放出している。
何年前から滝になってるんやろ。不動明王を祭っているらしい。
ろうそくに火が灯っている。
滝の神様にお祈りしてから、戻ることにした。

20140329_nakayama19

ここにも春が

20140329_nakayama20

阪急「山本駅」

しばらく住宅街を歩く。平穏で誰も見かけない。
ぼちぼち歩きながら適当に進む。遠くに電車の走る音が聞こえる。

■1552山本駅
万歩計18660歩。
おお、着いたな。地下道を通って駅に入る。
ホームには人がまばら。

[感想]
[1] 単独行は自分のペースで歩くことが出来るので楽しい。
[2] やはりストックは必要だ。ガケ道はストックなしでは無理だ。
[3] 東尾根ルートは尾根道なのでそんなにキツくない。