今年もこの季節。芸術の春。
ハイキングは少しお休みして芸術に触れよう。ついでに串カツ。
--------------------------------------------------
【天王寺】日展と串カツ
--------------------------------------------------
記録:2014.03.21
天候:晴れ
場所:大阪市美術館(日展)
出発:自宅
到着:自宅
道程:[1]動物園前→[2]大阪市美術館→[3]新世界→[4]日本橋→[5]なんば
Map:なし
歩行:5時間
歩数:計測せず
距離:約4Kmくらい
備考:
BV:★★★(文化活動)
CS:★★★(文化活動)
BS:★★★(文化活動)
VS:★★★(文化活動)
--------------------------------------------------
■10:50 自宅
ゆっくり。急ぐことはない。たまには先を急がずに出かけるのもよい。
地下鉄で「動物園前」まで乗る。
駅を降りると人でいっぱいだった。

■11:35 大阪市美術館(日展)
新世界の中を横切り、動物園の受付を抜けると大阪市美術館がある。
 毎年のことだが、とりあえず日展は観ることにしている。
ホームページでクーポンを印刷すると100円引き。
串カツ一本分やな。これ。と思いながら受付で観覧料を支払って中へ入る。

さすがに美術館では写真撮影禁止。

あいかわらず、自分には芸術の素養はない。
しかし、ひょっとしたら、芸術の遺伝子が覚醒するかもしれない。
そう、スーパーサイヤ人のように変貌したらどうしよう。← そんなことは絶対ない。

そんな淡い期待を抱きながら、絵画を見て回る。
お気に入りの絵を3枚選ぼう。

今回は、なんか人物絵が多いような気がする。
それも、ほとんどが女性だ。若くて美しい女性と中年のおばさん....。なんで。
モデル大事やと思うねんけど。
あんなデカいキャンパスに描かれた人物像は、展覧会が終わったらどうするんやろ。
置く場所とか。それに、毎日、眺めるのもなんかなあ。← と、貧乏臭い発想しか浮かばない自分が悲しい。

ボクの好きな風景画は、あまり見かけなかった。
堂々とした風の作品が好きだ。
精緻な風景画も何点かあったが、まるで「一眼レフ」のレンズを通して観たよう。
技術はすごいと思うが、つまらなかった。ハートがないな。← 偉そうなこと言ってすみません。

書画のコーナーも回ってみたが、新聞報道で騒がれたこともあって閲覧する人が少なかったと思う。
というか、書がわからんから、観てもいっしょと思う人が多いんとちゃうかな。
教養がないのでしかたがないか。

とかなんとか、ぶつぶつ心の中で思いながら、絵はがきを2枚買う。
遠くに住んでる伯父と叔母に出すつもりだ。
年寄りにはインターネットのメールより絵はがきに限る。

■13:00 観覧終了
写真
■13:15 串カツ
さあ、腹が減った。
新世界へ戻ろう。って、めっちゃ人がいるやん。
有名な串カツ屋は長蛇の列ができてるし。

昔はこんな風景は考えられなかった。

しかたがないので、空いてる串カツ屋に入る。
1人でやってるお店だ。

値段は一本100円。だいたい、このあたりの店はこの値段。
有名な串カツ屋と味が違うか?いえいえ、おんなじ。
一番高いメニューが、瓶ビールで450円。(だったと思う)

どこもいっしょ。
けど、遠くからの客にとっては有名な店に行ってみたいんやろな。
30分も並ぶなんて考えられへん。
東京の友人が、30分なんて並ぶの当たり前。みたいな生活をおくってたら苦にならないとか。
なるほどなと思う。

串カツを食べながら、さっき買った絵はがきを書く。
その場で書いた方が臨場感があってよい。

■14:30 串カツ終了
2人で3000円ほど払って店をでる。
コンビニに寄って切手を購入。そのまま絵はがきに貼って投函。

■15:00 日本橋
ものすごい人混みに呑まれた。
日本橋ストリートフェスタというイベントがあったとか。
周りの人は、みんなコスプレ!!
すごいなあ。アニメキャラがそこかしこにいる。
今日は肌寒いのに。その衣装では凍えるんとちゃう。
などと心配しながら、歩行者天国を横切り、家電量販店に寄る。

途中でIBMの中古ノートを衝動買い。9800円。
カスタマイズしたら、まだまだ使えるやろ。

ちょっと買いものしてからなんばへ移動する。

■16:30 なんば
だらだら歩くのも疲れる。

感想
[1] 今回の日展はつまらなかった。次回に期待。
[2] コスプレにびっくり。