そろそろ霧氷の季節?
久しぶりに金剛山に行こうか!
いや、待て。霧氷祭りは2月じゃないか。ま、いいか。
-----------------------------------------------------------------------------
【金剛山】耐寒登山 下見編
----------------------------------------------------------------------------
記録:2014.01.18
天候:晴れ時々曇り
場所:金剛山
出発:金剛山登山口
到着:金剛山登山口
地図:特になし
道程:[1]金剛山登山口→[2]セト→[3]山頂→[4]千早本道→[5]金剛山登山口
Map:
より大きな地図で 金剛山セトから千早本道 を表示
歩数:10650歩(自宅から)
距離:約7Km
高低:20140118_kongo_koutei
備考:軽アイゼン、トイレ(登山口を少し登ったところ、山頂、ちはや園地等)
BV:★★★(ゆっくりなら登れる)
CS:★★★(十分いける)
BS:★★★(楽勝)
VS:★★★(鼻歌気分で)
LD:★★★(回数で勝負)
-----------------------------------------------------------------------------
■0738千里中央を出発
ちょっと出発が遅れたがくじけずに行こう。
近畿自動車道を南下して美原北ICから東進。
時間節約のため、今回はコンビニには寄らない。

20140118_kongo01

登山口の駐車場(外気は2度くらい)

20140118_kongo02

車ガードのある橋(ガードの向こうへ行く)


■0848 登山口の駐車場
154歩。
「さわやかといれ」というネーミングのトイレがある駐車場。600円。
周辺の駐車場はすべて600円のようだ。
たくさんのハイカーが来ていた。私の車で、駐車スペースは残り数台となった。

■0856出発
トイレも済ませて出発することにする。
山の向こうは晴れている感じ。

駐車場から歩いて3分くらいのところにあるお土産屋さん。
ここにも駐車場がある。同じく600円だ。
そこからすぐの三叉路を左へ向かう。右は千早本道(階段の道)。

しばらく歩いて、ガードがあるところに到着。
ガードをくぐり抜けて向こう側を歩く。
向こう側にはハイカーが歩いている。
5,6名のパーティだ。

20140118_kongo03

堰堤が続く(平成23年完成とある)

20140118_kongo04

セトへの分岐の表示は小さい(要注意)


山道にはところどころ雪が積もっている。
堰堤が新しくなっている!
4年前に来たときには工事中だったところだ。
へーと感心しながら歩いていたら、セトへの分岐を見逃してしまった。
「おーい」と呼ぶ声に振り向くと、先ほどのパーティの人が「セトへいくならそっちじゃない。」と叫んでいる。
あっ、そうだ。確かに、この川のどこかを渡らないといけないのだ。
雪で滑りそうになりながら、50メートルほどバックした。ご親切に感謝。

■0937セトへの分岐(写真右)
万歩計3500歩。
なんや、こんなところに標識があるやん。
もっと大きな標識だったら見落とさないのに。← 注意散漫が悪い!
思い出した。ボーイの耐寒登山でこの道を歩いたことを。← 遅すぎる

20140118_kongo05

急勾配の道(20分ほど続く)

20140118_kongo06

振り返るとこんな感じの林


かなり急勾配のルートだが、ゆっくりと登れば問題はない。
セトまでは20分ほどだ。アイゼンをしたほうがよいかもしれん。

20140118_kongo07

セトにある案内図

20140118_kongo08

セトから尾根道を望む


■0957セト(写真左)
万歩計3724歩。
「セト」ルートの到着点だ。いろいろなパーティがここで休憩する。
鞍部になるので風が通る。ベンチを見るとうっすらと雪が積もっている。
ここでアイゼンを装着する。気温が低いのかアイゼンのゴムが伸びない。
せまいところなので、次のパーティに場所を譲らないといけない。

■ 1005出発
アイゼンの装着に手間取り、10分経過した。身体が冷えないうちに早々に出発する。
山ガールが追い越していく。黄色い声なのでてっきり...。

20140118_kongo09

雪が積もったゴツゴツとした道

20140118_kongo10

残念ながら霧氷は見えない


足下は雪。ハイカーの足跡で固まっている。うっかりすると滑りそうになる。
アイゼンを着けないと歩くのはむずかしい。ほとんどのハイカーがアイゼンを装着している。
このあたりは霧氷がよく見られる場所。今回は全然だめ。出発が遅れたからかもしれない。

20140118_kongo11

ご存知。ライブカメラのある山頂の看板にて

20140118_kongo12

たくさんの人で賑わう山頂広場


■1040金剛山 到着
万歩計5523歩。
正式にはここは山頂ではない。三角点はもうすぐ先にある。
しかし、そんな細かなことは気にしない。時計台のすぐ横の看板は記念撮影のスポットだ。
今日はこの広場でお昼にする。
空いているベンチに陣取って、バーナーでお湯を沸かす。
あらかじめポットに熱湯をいれてきたので10分ほどでお湯ができるはずだ。
冷たい弁当を食べるのも嫌なのでカップ麺だけのお昼だ。
遠くに大阪平野の風景が見える。
広場には、次から次へとハイカー達がやっている。女性ハイカーが多いな。

■ 1110下山
5600歩。いつもより10分短いが下山することにした。
身体が冷えてきた。次のハイカーのためにもベンチを空けることにする。

20140118_kongo13

外気はマイナス2度

20140118_kongo14

この看板を右へ進む(千早本道へ)


事務所まで来てトイレを済ませる。金剛山は回数登山の山だ。
○○回登山者というような記録看板がある。1000回数を越える人がたくさんいるのにびっくり。
その横に気温計が表示されている。マイナス2度とある。どうりで寒いはず。
いつもなら、ここから金剛山の三角点に進むところだが、「千早本道」で戻ることにした。
午後から天候が悪くなりそうだとの予報が出ていたのだ。

20140118_kongo15

日が当たらないので雪が溶けない

20140118_kongo16

足形がついているのでかえって歩きにくい


積雪の道を下る。アイゼンを着けていなかったら確実に滑って転ぶだろう。
ざっくざっくと音を立てながら雪階段を降りていく。
下からたくさんの人が登ってくる。小さな子供から熟年世代までまんべんなくやってくるのに驚いた。
みなさん、手慣れた感じがする。

20140118_kongo17

途中にある休憩所(トイレ有り)

20140118_kongo18

階段が続くのでちょっと辛い


■ 1155トイレ休憩
8160歩。下山から約40分。
トイレ休憩をする。見ると粉雪が舞っている。
ダウンに雪が積もっている。かなり天候が悪くなっているようだ。

20140118_kongo19

しいたけセンターは近い

20140118_kongo20

粉雪が舞う駐車場


■ 1222二合目
9470歩。
林の中はおだやかに粉雪が降り注いでいる。
ぽつりぽつりと登山者が歩いているのが見える。
なんだかほっとする光景。

■ 1236駐車場
10613歩。
おおー。着いた。すごい粉雪だ。
早めに切り上げて良かった。

[感想]
[1] 霧氷を見るならやっぱり2月かな。
[2] 冬場はアイゼンが必須。
[3] ルートによっては、大人から子供まで楽しめる。
[4] お湯を沸かすならポットに熱湯を詰めていくべし。(そのほうがてっとり早くお湯ができる)