ええっ、出張?。どこ?山形?
そうか。じゃあ、山寺にいかなあかん。
-----------------------------------------------------------------------------
[山形]山寺ハイキング 2013
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2013.10.19
天候:晴れ
場所:山寺(ホームページ
出発:宿泊先
到着:宿泊先
道程:[1]宿泊先→ [2]山寺
Map:
歩行:1時間
歩数:11760歩
距離:約 3Km
高低:階段が1000段ほどある
備考:
BV:★   (対象外)
CS:★   (対象外)
BS:★   (対象外)
VS:★   (対象外)
-----------------------------------------------------------------------------
出張のついでに寄ることになった「山寺」。
山形に来たらここに来ないといけないと言われた。

2841
■ 1318入り口
誰が言ったが知らないが、通称「山寺」。
本当の名前は、立石寺(りっしゃくじ)と言う。天台宗のお寺だ。

で、どうしてここが有名なのかというと、アノ松尾芭蕉が詠んだ有名な俳句。
「閑さや岩にしみ入る蝉の声」
奥の細道で、この寺に立ち寄ったのだそうだ。
そこで、この句を詠んだのかどうかはわからないが、門人達が記念の石碑を建てたらしい。
せみ塚と呼ぶそうな。

1056
これが案内図。
お寺というより修行のための山だ。
いちばん上の奥の院というところに、1015段の階段を上らないと行けない。
ほほっー、ちょうどよいハイキングになる。
観光客のあとについて歩く。

2052


■ 1323 おおっ。登山口って書いてるやん。
お寺にきて「登山口」って書いてるのん初めてみた。
残り930段か。
なんでも高校生くらいなら15分くらいで登れるらしい。
そうか。ちょっと、挑戦したくなってきた。

1632
このお寺は、天台宗だけあって、修行僧が多いらしい。
周囲の岩場に修行の後がある。穴だらけだ。
ここに上って修行に励んだらしい。

5511
■ 1342奥の院。
周囲をうろうろ見ながら上ってきたら20分ちょっとでここまで来た。
登山っていうほどでもないか。
観光客はみんな息を切らせて上がってくる。

4751


なんとなく山寺の風情って、こんな感じかなと思って撮影した一枚。

0347


ここから見る山形の景色。遠くにJRの電車が走っているのが見える。
ミニチュアの世界を見ているようだな。
 向こうに見える山肌には、修行僧が彫ったと言われる道場みたいな穴がある。
垂直に切り立っていて、そこから滑落して無くなった僧も多いのだそうだ。
修行は厳しいのだ。

[感想]
[1] 出張時には隙あらば歩くことにしている。1時間ちょっとのウォーキングだった。
[2] ここには二度と訪れる機会はないかもしれない。
[3] 金比羅さんに続く1000段あまりの階段。でも、段差はそれほどでもないので上がれる。