みなさん、あけましておめでとうございます。
今年も張り切ってハイキングしていきましょう。
というわけで、最初のハイキング登山は剣尾山でした。
--------------------------------------------------
【能勢】剣尾山ハイキング
--------------------------------------------------
記録:2013.01.05
天候:晴れ後曇り
場所:剣尾山(784m) 積雪なし、アイゼン不要
出発:能勢の郷
到着:能勢の郷
道程:[1]能勢の郷→[2]行者山→[3]剣尾山→[4]横尾山→[5]鉄塔→
   [6]21世紀の森→[7]能勢の郷
Map:
より大きな地図で 【能勢】剣尾山ハイキング 2013 を表示
歩行:5時間
歩数:13070歩
距離:約 7Km
高低:20130105_kenbi_koutei

備考:【能勢】剣尾山ハイキング
BV:★★★(コース設定すれば十分いける)
CS:★★★(体力的にも大丈夫)
BS:★★★(オススメ)
VS:★★★(温泉がうれしい)
--------------------------------------------------
■0803 自宅出発
積雪があるかどうかわからなかったが、とりあえずアイゼンとスパッツだけは
準備していくことにした。備えよ常に!ってか。

20130105_kenbi_1020130105_kenbi_11
■0900 能勢の郷
万歩計309歩。
外気はマイナス4℃。えっ、マイナス?うそやん!
それくらいキンキンに冷えてる。
前回と同じように能勢の郷の駐車場に止めさせていただいた。
一般登山客はご遠慮くださいとある。
ただし、宿泊客や温泉に入りにくる人はOK。
帰りの温泉を楽しみに駐車させていただく。

20130105_kenbi_1320130105_kenbi_12
■0917 登山口(写真左)
万歩計1100歩。
登山口付近には車が4台ほど駐車している。
この人たちもハイカーだろうな。
すぐ近くにトイレがある。ここで用を足す。
剣尾山や横尾山にはトイレはない。

20130105_kenbi_1420130105_kenbi_15
すぐの急な階段を上る。この階段を見ただけで嫌になってくる。
思い出すのは、地黄キャンプ場(能勢)のメンテナンス作業で階段を作ったこと。
これがまた、大変な作業。階段を一段作るだけでも腰が痛くなってしまうくらい重労働だ。
だから、この階段を作った方々に感謝せんとあかんなと思う。とはいうものの。

■0928 大日岩(写真右)
万歩計1198歩。
いつ見てもでっかい岩だ。大日如来像が彫ってある。
柳生の里のハイキングコースにもおなじようなものがあったのを思い出す。

■0933 行者岩
万歩計1205歩。
これまたでっかい岩がある。確か人の気配がしたようだが誰もいない。
同じような大きな岩だったので写真はパス。

■行者山の標識
万歩計1387歩。
雪はほとんどない。霜がところどころに残っているだけ。
この辺りは尾根路なので歩くのも楽ちん。

20130105_kenbi_1620130105_kenbi_17
誰が名付けたの知らないが「風の峠」とは。よっぽど風が吹くんだろう。
でも、今日は風は全く吹いていない。

■1024六地蔵
万歩計4213歩。
先客がいた。3名のハイカーだった。先ほどの行者岩にはこのグループがいたのだろう。
ふとみると、お線香をあげていた。

20130105_kenbi_1820130105_kenbi_19
■1038剣尾山 山頂
万歩計4790歩。
登り始めて1時間少々で山頂だ。
展望はすばらしく360度のパノラマだ。
少し早いが昼食にする。先のグループもここで昼食。
気温は低いが、風がないので快適だ。
バーナーでお湯を沸かしてカップ麺を作る。
いっつも、いっつも、ありがとうございます!

20130105_kenbi_20
ふと、下をのぞくとイノシシ?の足跡があった。
この冬のなか、えさをさがしているんやろな。
昼間はどこにいるんやろと思う。

■1128昼食終了
さあ、出発だ。このコースは剣尾山から後の方が長い。
前回は、逆のコースのほうがよいと記録していたのを今思い出した。
そうだった。勾配に差があるのなら、登り始めを急な勾配にしておいたほうよい。
下り坂がゆるやかなほうが膝にやさしい。

20130105_kenbi_2120130105_kenbi_22
ずっと、こんな感じの路が続く。(写真左)

■1200横尾山の境界(写真右)
万歩計6700歩。
先ほどから何人かの女性ハイカーとすれ違うが単独行が多いことに気がついた。
不安はないのだろうかと思う。みんな中年のおばちゃん。← 元気や。とにかく。元気。

20130105_kenbi_2320130105_kenbi_24
■ 横尾山の山頂
ここが本当に山頂かどうかはわからないが、プレートがあるので山頂なんだろう。
三角点が近くにあるそうだがよくわからない。ま、とりあえず何となく写真に納めておく。

■1214分岐帯
万歩計7340歩。
ここからが実に急な坂路だ。ダブルストックがなければきっと膝を痛めているだろう。
中高年はダブルストックを使うことを強く推奨する。ストックを一本だけだとかえってバランスを崩すことが多い。最初は慣れないかもしれないが、いったん慣れたら、欠かせないアイテムになると思う。
今、持っているレキのダブルストックも、もう100回以上は使っている。けっこう堅牢にできてるな。

20130105_kenbi_2520130105_kenbi_26
■ 鉄塔
この辺りまで降りてくると霜もなくなっている。
日当たりがよいのだろう。
ここからの景色もなかなかのもんやなあ。

■1250頂上広場
万歩計9783歩。
これから先は自信の無い方は直進するなと書いてある。
そう言われると、直進するのはやめとこかと思うやん。
でも、その路を行くと駐車場から離れるので直進することはない。← なんやそれ。

20130105_kenbi_27
■1313二十一世紀の森(小鳥のテラス)
万歩計11033歩。
ほほう、耳を澄ませば小鳥が鳴いているではないか。
でも、なんという鳥なのかはわからない。
私にわかるのは、カラスと雀と鳩、それにウグイスくらいなもの。← 野鳥の会にでも入れよ!

20130105_kenbi_2820130105_kenbi_29
■1334 登山口
万歩計12650歩。
能勢の郷の赤門の前に出てきた。

■1339駐車場到着
万歩計13070歩。

[感想]
[1] 剣尾山山頂の景色はすばらしい。
  山頂まではピクニック気分で上れるので小さな子供でも十分歩ける。
[2] このコースは逆回りが良い。横尾山からの下りは急なので膝の負担が大きい。
[3] 下りは急過ぎて面白みに欠けるような気がする。というか、せっかちに降りることに専念するからやろな。やっぱり、これは余裕がないという証拠か。
もっと、ハイキング登山を楽しむ姿勢がないといかん。

明日は、耐寒登山の下見に六甲へ出かける予定。