あー、忙しい。って言ったらあかん。予定が詰まってると言わんと。
自然のめでたい姿を見ないとあかん。でも、足が痛む。
なら、すぐ近くの万博に行ってみよう!
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2012.11.18 (日)
天候:晴れ
場所:万博記念公園
出発:自宅
到着:自宅
地図:なし
道程:[1] 自宅 -> [2] 阪急山田駅 -> [3] 万博公園 -> [4] 阪急山田駅 -> [5] 自宅
Map:なし
歩行:4時間
歩数:19600歩(自宅から)
距離:約10Km
高低:高低差はほとんどない。
備考:
BV:★★(万博で遊べる。安全)
CS:★★(万博で遊べる。安全)
BS:★★(万博で遊べる。ハイキングも迷わない。)
VS:★★(万博で遊べる。)
-----------------------------------------------------------------------------
■ 1000 自宅出発
■ 1045 大丸ピーマート
4640歩。
20121118_banpaku_1020121118_banpaku_11
■ 1110 万博公園西口(写真左)
5960歩。西口の橋のところにあるイチョウの木。
燃えるような黄色というのはこんな感じかもしれない。

しばらく歩くと紅葉のエリアに入る。
もう、見事としかいいようがない。
北摂の人間はつい京都とか箕面に行くが、万博公園でも十分な紅葉が見られる。

20121118_banpaku_1220121118_banpaku_13
まあ、なんでもええけど。紅葉っていうのは真似できんな。
いったいどうやったらあんな赤色が出るん?← 出るのですかという関西弁。
ゆったりとした時間の中で味わうものがあるとすれば紅葉がそれにあたる。
足早に紅葉をチラ見していくのではなく、じっくりと存在を感じないといけない。

20121118_banpaku_1420121118_banpaku_15

これが近隣の万博公園で見られるのだからすごい。
カメラでは表現できない「朱色」がある。
やはりな。万葉集の世界だ。
人間のイマジネーションを喚起する表現がピッタリだ。
くっそー。短歌を詠むことができない。← なんでもっと国語を勉強しとかへってんやろ!

20121118_banpaku_1620121118_banpaku_17
とにかく人が多い。
紅葉のキーワードで駆けつけた人々だろう。

ソラードという空中遊歩道を散歩すると実に気分がよい。
写真は遠くに太陽の塔が見える。

万博公園の紅葉もあと少しである。

■ 1340 ひょうたん池
10022歩。
ここで、グダグダになるまで弁当とお酒を飲んだ。
(ま、それがある意味、心地よい)

春の花見と違って、違うメデタサがある。

[感想]
[1] 万博公園もなかなか見所が多い。
[2] 遠くに出かけられない人にはお勧めである。
[3] 歩こうと思えば、いくらでも歩ける。