昨日の伊吹山登山ではふがいない結果となった。
足腰はややだるかったが思い切って滝を見て涼みにいくことにした。
そう、丹波の日ヶ奥渓谷だ。
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2011.07.3 (日)
天候:くもり
場所:兵庫県丹波市の日ヶ奥渓谷
出発:日ヶ奥渓谷キャンプ場
到着:日ヶ奥渓谷キャンプ場
地図:自分でルートを作るグーグルのマイプレイス
道程:[1] 駐車場 -> [2] 神池寺 -> [3]妙高山 往復
Map:ルートマップ(Google Map)
歩数:12199歩(自宅から)
距離:約10Km
備考:20110703_higaoku

BV:★  (遊べるところが少ない)
CS:★★ (遊べるところが少ない)
BS:★★ (変化は少ない)
VS:★★★(渓谷は癒される)
-----------------------------------------------------------------------------

0845自宅
舞鶴若狭自動車の春日ICで降りる。
道の駅「丹波おばあちゃんの里」を行き過ぎて、渡所橋の交差点を右折する。
多利の交差点を左折して、あとはカーナビの誘導にしたがって進む。
県道138号線から適当に右折して日ヶ奥キャンプ場を目指す。
道はせまく途中は車一台が通れる程度の幅しかない。
20110703_higaoku0120110703_higaoku02

1010日ヶ奥キャンプ場の駐車場
483歩。
車が5、6台停まっていた。キャンプに来ているようだ。
案内には、駐車料金500円とある。
だれもいないので後で支払うことにして出発した。
トイレはキャンプ場にありそうだ。

20110703_higaoku031021出発
万歩計746歩。
駐車場から階段を下ると日ヶ奥キャンプ場だ。
渓流の音を聞きながら、川沿いに歩く。
よく整備された道で赤目四十八滝やみたらい渓谷を思い出す。



20110703_higaoku04新しい木橋を数回渡ると雌滝に出会う。
なかなかよい。冷気を吸い込む。
水が冷たい。
もう少し、こんな道が続けばよいのだが10分も歩くと渓谷を離れる。
急な階段を上る。


1031山の神様
万歩計941歩。
階段を上りきると小さな神社があった。
山の神様とある。拝んでおく。

ここから砂利道だ。
なだらかに上る道をしばらく進むと、雄滝があった。
岩を乗り越えて滝を観ようとしたが、岩が滑りそうなので断念した。
こんなところでけがをしてもしかたがない。
20110703_higaoku0720110703_higaoku08
よく整備された杉林の中をゆっくりと進む。
周囲は誰もいない。

1056小峠
万歩計2834歩。
蒸し暑い。海抜320m。
やがて砂利道から里山の小径になる。
山を巻くように進むと舗道された道にでた。
アスファルトの道路を上る。
20110703_higaoku0920110703_higaoku10
1128神池寺(写真左)
万歩計4660歩。古いお寺だ。
境内に入り、本堂を目指す。
157段の石段を上る。(写真右)
コケでつるつるしていて足を滑らせそうになる。
本堂の裏側から妙高山へ向かう。
標識があるので道には迷わない。
ふかふかの落ち葉のじゅうたんの上を歩くようだ。
やがて急こう配の道を10分ほど登る。
20110703_higaoku1220110703_higaoku11
1152妙高山(564.8m)
万歩計5871歩。眺望はまったくないが、二等三角点があった。(写真左)
ここで昼食にする。風がやや強い。
汗が渇き体が冷える。
携帯ラジオの受信状況がよくないので放送が聞き取りにくい。
ところが、もっていったスマートフォンでインターネットラジオを聞くと
とてもクリアなので驚いた。FM放送まで聞ける。
ラジオが万能ではないことを知った。スマホも活用できる。

1248下山
下山し始めると、風はぱったりと止んだ。
山の向こうとこちらでは風向きが違うらしい。

1311神池寺
万歩計7561歩。
元来た道をひたすら戻る。

1335小峠
万歩計9830歩。
しばらく歩くと、軽トラックがやってきた。
森の整備らしい。
なだらかに下る道を進む。

20110703_higaoku13
あたりはキャンプ場だ。
なかなか良い感じ。ボーイ隊のキャンプ場として十分使える。
水場もしっかりしているし、長期キャンプにも向いてそうだ。

1407駐車場
万歩計12199歩。
まあまあの歩いた感。
車は1台になっていた。
やはり誰もおられないので駐車料金は払わなかった。(ちょっとうれしい)
しずかに頭を下げて帰路についた。
途中の道の駅「丹波おばあちゃんの里」で野菜を買って帰った。
けっこうたくさんの人がいたので驚いた。

[感想]
[1] ほどほどの距離だが、渓谷から妙高山までのルートは変化は少ない。
[2] 妙高山の山頂でマダニにやられた。帰宅してから気がついた。虫対策は必要だ。
[3] 日ヶ奥渓谷はキャンプに向いているところだ。車がないと来れない。
[4] 紅葉のシーズンはもみじが綺麗だろう。
[5] 高速道路の無料化が終わったため、大した渋滞もなくスムーズに来れた。