ゴールデンウィークやんな。
ちょっと足慣らしに低山へ行こうか。
ついでだから、ビール工場も見学してみよ。
というわけで天王山へ行きました。
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2011.05.05
天候:晴れ
場所:天王山からサントリー京都ビール工場
出発:JR山崎駅
到着:サントリー京都ビール工場
地図:20110505_tennouzan
道程:[1]JR山崎駅→[2]天王山→[3]小倉神社→[4]サントリー京都ビール工場→
[5]JR長岡京駅
Map:ルートマップ(Google Map)
歩数:10772歩(自宅から)
距離:約6Km
備考:サントリー京都ビール工場には事前申し込みが必要。特別優待券の印刷もわすれずに。
(URL:http://www.suntory.co.jp/factory/kyoto/index.html)
BV:★★ (ビールのかわりにソフトドリンク)
CS:★★ (ビールのかわりにソフトドリンク)
BS:★★ (ビールのかわりにソフトドリンク)
VS:★★ (ビールのかわりにソフトドリンク)
LD:★★★(うまいビールが飲める)
-----------------------------------------------------------------------------
■08:30 自宅
天気もよいし天王山でもぶらっと出かけてみることにする。
270mの低山なので往復2時間もかからない。
せっかくなので、サントリーの京都ビール工場にも昨日予約を入れておいた。
新しいハイキングコースとして、ハイキング+工場見学をプログラムに追加しよう。
20110505_tennouzan0120110505_tennouzan02
■09:23 JR山崎駅
相変わらずハイカーがたくさんいる。写真は駅前の案内(写真左)
線路沿いに東へ進む。踏切を渡ってすぐの急坂を直進する。(写真右)
5分ほど歩くと宝積寺(ほうしゃくじ)がある。
鎌倉時代に聖武天皇が僧の行基に作らせたらしい。

20110505_tennouzan0320110505_tennouzan04
道沿いに進むと、山崎の合戦の様子を描いた案内板があった。
ここで、明智光秀と羽柴秀吉が戦ったんや。合掌。
少し行くと、17烈士の墓があった。(写真右)

20110505_tennouzan0520110505_tennouzan06
■10:00 酒解神社(写真左)
30分ほどで到着。がらんとしている。

■10:34 天王山 山頂(270m)
小一時間で山頂につく。眺望は望めない。
山頂で夫婦がGPSを見ながらあーでもないこーでもないと言ってる。
こんなところで迷ってたらどこへも行かれへんで。(心の中でつぶやく。)
記念撮影をしてから、少し離れた広場で昼食にする。(写真右)
少し早いが、工場見学の予約を1時に入れたのでしかたがない。
ビールを飲みたかったが、それはあとのお楽しみとする。
南西の方角を見ながら昼食に30分ほど費やす。
葉桜の合間に少しだけ桜が咲いていた。
のんびりする。
■11:10 出発
気がつくと周囲は弁当を食べる人でいっぱいだった。
天王山を左に見ながら山道を北進する。
ちょうどよいハイキングコースだ。歩きやすい。
30分ほど歩くと、小倉神社分岐に到着。
ここを東へ進む。案外、急な坂である。
何組かのハイカーで出会ったが、へばっていた。
普通の靴を履いているので、ゴールデンウィークにファミリーで遊びに来たという感じだ。

20110505_tennouzan0720110505_tennouzan08
■12:00 小倉神社
由緒正しい感じの神社だった。
手水場では二匹の龍が向かい合っている。めずらしい。
付近にはたくさんのノボリが立っている。この辺りでは有名なんや。
街中を抜けて、サントリー道路を進む。
遠くに工場が見える。でかそうだ。

20110505_tennouzan09■12:37 サントリー京都ビール工場
天候がよいのでほどよく汗をかいている。
早くビールが飲みたい。
たくさんの人が見学に訪れている。
1時からの予約だが、2組に分かれてスタートする。
受付で優待券を見せたら、ビールグラスを2組いただいた。
なんとなくうれしい。
ハイカーの格好しているのは私たちだけだった。
みんな、工場見学をメインにしてるんや。

20110505_tennouzan1020110505_tennouzan11
■13:00 工場見学
仕込みから発酵、貯酒、ろ過、缶詰までの工程を見る。
ガイドの方は感じのいい人でニコニコしていた。
毎日大変やろなと思う。
私はビール工場の見学はこれが初めてではない。
キリン工場にもいったことがある。
どこも同じような工程だったような記憶がある。
見学終了後、バスで工場内を移動して元の場所に戻る。

20110505_tennouzan1420110505_tennouzan13
■13:40 ビールの試飲
冷えたサントリープレミアムモルツをいただく。うまい!
子供や運転手はソフトドリンクが振る舞われる。
説明では、一人三杯まで。えっ、そうなん。
ちょっと残念な気持ちもあったが、三杯飲んだだけでも結構酔った。
ハイキングで汗をかいていたから、すぐに吸収したんだろう。
ガイドさんが、おいしいビールの継ぎ方を実演してくれた。
なるほど、泡とビールを3:7にするんや。
今日、帰ってからやってみよう。

■14:00 見学終了
しばらくショップなどをうろつく。
別に買うものはない。
一人のおばさんが、売り場の人に熱弁を振るっている。
私とこは、サントリーの大ファンやねん。
主人はモルツ以外飲めへんし、ほんま、大ファンやねん。
売り場の人も対応に困るくらい、大ファンを誇張している。
そんなに何回も言わんでもええやんというくらい「おばさん会話モード」になってる。

■14:22 シャトルバス
歩いて帰りたかったが、無料なんで乗ることにした。
適度に揺られたんでいよいよ酔いが回ってきた。

■14:38 JR長岡京駅
電車のなかで寝てしまった。
もう少しで乗り過ごすところだった。

■15:30 自宅

[感想]
[1] ハイキングと工場見学の組み合わせはなかなかよい。アーバンハイキングだ。
[2] サントリー工場の見学申し込みは意外と取れる。
[3] 脚力に自信がない方にもおすすめ。