連日の寒波到来! こりゃ、すごい雪やん。
今頃、スカウト達はスキーの最終日。
よっしゃ、もう一度雪山に行くか。
--------------------------------------------------
【能勢】剣尾山ハイキング
--------------------------------------------------
記録:2011.02.13
天候:晴れ後雪
場所:剣尾山(784m)
出発:能勢の郷
到着:能勢の郷
道程:[1]能勢の郷→[2]行者山→[3]剣尾山→[4]横尾山→[5]鉄塔→
   [6]21世紀の森→[7]能勢の郷
Map:ルートマップ(Google Map)
歩行:5時間
歩数:12624歩
距離:約 7Km
備考:20110213kenbisan_map
BV:★★★(コース設定すれば十分いける)
CS:★★★(体力的にも大丈夫)
BS:★★★(オススメ)
VS:★★★(温泉がうれしい)
--------------------------------------------------
■ 08:15 出発
駐車場は凍っていた。
33劼曚匹竜離。
普通タイヤの車だが思い切って能勢に向かうことにした。
国道は凍結もなくスムーズに通ることができた。

20110213_kenbisan0120110213_kenbisan02
■ 09:17 能勢の郷
万歩計330歩。周囲は雪が降っている。
車は10台くらいは停まっているだろう。
宿泊客の車だろう。ここから行者山の登山口に向かう。
それにしても寒いなあ。わかってて来ているがそれでも寒い。
■09:26 出発
駐車場の前の道を東に向かう。
道路は真っ白で滑りそうだ。

■09:40 行者山の登山口
万歩計897歩。道路は積雪で真っ白。
軽アイゼンを装着する。
すぐそばの道路までハイカーが車でやってきたがスリップして上がれない。
危ないので側道に退避する。

20110213_kenbisan0320110213_kenbisan04
こんな雪日なのにハイカーは多い。みんな好きやなあ。
いきなりの木段。体をあたためるための準備運動にちょうどよい。(写真左)
しばらく歩くと、磨崖仏(まがいぶつ)があった。(写真右)
大日如来菩薩らしい。密教の行者が彫ったのだろう。

20110213_kenbisan0520110213_kenbisan06
行者岩(写真左)を過ぎてしばらく歩く。
■10:07 行者山の山頂
万歩計1751歩。
雪は止んだ。周囲の景色は良く見える。
しばらく歩いていると、後方からボーイスカウト達がやってきた。
どこの団かと聞くと猪名川1団とか。
8名程度の隊だ。頑張れとエールを送っておいた。
あいかわらずの雪道。
キュッ、キュッと雪を踏む音が面白い。

20110213_kenbisan0720110213_kenbisan08
道なりに歩く。雪道だ。
六地蔵が見える。(写真右) 日本昔話に出てきそうなお地蔵さん達だ。
とりあえず拝んでおくことにする。

20110213_kenbisan0920110213_kenbisan10
あたりは雪一色。お地蔵さんが雪に埋もれている。
しばし足を止め、雪景色に見とれる。
こんなところに井戸がある!(正確には井戸跡) 山頂に近いのに。

20110213_kenbisan1120110213_kenbisan12
■11:16 剣尾山の山頂
万歩計4751歩。ここまで迷うことなくやってきた。
この山に登るのは三度目だが、行者山から上るのは初めて。
山頂には10数名のハイカーが昼食をとっていた。
ボーイスカウト達が寒そうに黙々とおにぎりを食べている。

今から食事にする。
素晴らしい景色だ。山々の神様に感謝してお神酒(カップ酒)をぐいっといただく。
うまい。 家から詰めてきたかいがある。← せこい
カップメンのためのお湯を沸かす。
このバーナーはボーイ活動のときより活躍している。
しばらくすると雪雲に覆われて雪がちらついてきた。

■12:04 下山開始
かなり雪が降ってきた。視界が悪くなる。
北側の道を進む。
反対側から数人のハイカーがやってきた。
雪の踏み跡がないので横尾山から先へはすすめないのでピストンしてきたとか。
見ると60は超えているであろうおばちゃん達だ。
20110213_kenbisan1320110213_kenbisan14
そんなことには気にせず先を進むことにした。
ボーイスカウト達もこの道を進んだはずだ。
適当に雪が積もっているので歩くのも楽しい。

20110213_kenbisan15■12:46 国境の石柱
万歩計6696歩。
雪は止んだ。風はない。
積雪は足首あたりまであるが歩くのには不自由はしない。。
風がないので暖かく感じる。
横を見るとおじいさんが雪の中で弁当を食べていた。
そんなところで休まなくてもと思いながら先を進む。


20110213_kenbisan16■13:05 二の尾の峰
万歩計7432歩。
あれれっ、いつのまにか横尾山をやり過ごしてしまった。
雪のせいで周りが見えなくなっているからか。
戻る気もしないのでここから南下する。
柵ぞいに急坂。アイゼンをつけていなかったら滑るだろう。
ストックも両方の手でしっかりと握る。


20110213_kenbisan17■13:29 鉄塔
万歩計8851歩。
めっちゃ、見晴らしがええ場所やん。
ここから黙々と下山する。
南側なので雪も融けている。


20110213_kenbisan18■13:42 21世紀の森
万歩計9641歩。
また少し雪がちらついてきた。
けっこうな距離だ。
山道は雪が少ないので歩きやすい。
そろそろ軽アイゼンをはずすとするか。


■14:02 小鳥のテラス
万歩計10751歩。

■14:10 ひとやすみ峠
万歩計11270歩。

■14:22 つづら折れ口
万歩計12178歩。

■14:31 駐車場
万歩計12624歩。

■14:40 温泉入浴
ここで40分ほど入浴。大人700円。
たくさんの人が来ていた。
あまりの気持ちよさに寝入ってしまった。

■15:40 出発。
■16:40 帰宅

感想
[1] 冬場は軽アイゼンが必須。付近は普通タイヤの車は通行止めだった。
[2] コース全般は見るところが適度にあって飽きない。
[3] 帰りが急なので、逆回りのほうが足の負担が少ないかもしれない。