そういえば秋の琵琶湖疏水に行っていないな。
紅葉を見ながら散策しよう。
-----------------------------------------------------------------------------
【山科】琵琶湖疏水ハイキング
----------------------------------------------------------------------------
記録:2010.12.04
天候:晴れ(降水確率ゼロ)最高気温16度
場所:琵琶湖疏水
出発:京阪山科駅
到着:東西線「蹴上」駅
地図:
道程:[1]京阪山科→[2]毘沙門堂→[3]琵琶湖疏水→[4]日向神社→[5]インクライン→[6]南禅寺
→[7]地下鉄蹴上
Map:ルートマップ(Google Map)
歩数:13127歩
距離:約9Km
備考:20101204_biwako

BV:★★★(歩きやすい)
CS:★★★(歩きやすい)
BS:★★★(歩きやすい)
VS:★★★(歩きやすい)
LD:★★★(癒しのハイキング)
-----------------------------------------------------------------------------
■0850自宅出発
御堂筋から新大阪でJRに乗り換え、快速電車で山科まで乗る。
「新快速」に乗れば新大阪から京都まで24分でいくが、「快速」だと36分かかる。
しかし、「快速」だとかなりの確率で座ることができる。
新快速だと大阪からの乗客が多いので座れないことが多いのだ。
だから、12分くらいの違いなら「快速」に乗ることにしている。
京都から山科まではどちらの電車の乗っても5分だ。

■0958JR山科(京阪山科)駅
万歩計1686歩。
JR山科駅の改札をでるとすぐ横に京阪山科駅がある。
ここのコンビニで「弁当」を買う。先週も同じ場所で弁当を買ったことを思い出した。
390円弁当だ。なんでこんな値段で弁当売れるねんと思いながらも、他の弁当がなかった。
京阪電車の踏切を越えて南へ30mくらい進んで左折。
そこが東海道だ。狭い道なのに交通量が多い。車にはねられないように気をつけて歩く。
昔はここをたくさんの人が通っていたんやろな。
5分ほど歩くと、毘沙門堂へという標識を見る。
前回来たときは、もう一つ向こうの道を北進したが、今回はストレートに毘沙門堂へ行くことにした。
ぽかぽか陽気になりそうだ。

1205_biwako021205_biwako01
普通の民家を左右に見ながら進むと、疏水の橋に着く。(写真左と右)
前回は、疏水からやってきて、この橋を毘沙門堂へと北進したなあ。
そのまま毘沙門堂へと進む。
このあたりの民家は、みんな立派な家ばかりだ。玄関も立派だし、きっと金持ちがすんでいるんだろう。
よく手入れの行き届いた松が見える。
「義士祭り」というノボリがそこかしこにある。12月14日らしい。
赤穂浪士ゆかりの地なんだろうか。

1205_biwako031205_biwako04
■1035毘沙門堂
万歩計3810歩。
紅葉が綺麗というより、撮影シーンの中にいるって感じだ。
静かなたたずまいを楽しみたい。
そのまま疏水に戻り西進する。
初冬の疏水は冷たい感じがするかと思えばそんなことはない。
ゆるゆると流れる疏水はゆったりとしていて、紅葉が川面に映り込んでいる。
目の前を琵琶湖が静かに流れている。
ジョギングする人たちもマイペースで走ってる。
聞こえない音が聞こえるような気がする。

1205_biwako051205_biwako06
■1058疏水の分岐
万歩計4776歩。このパターンは昨年と同じだ。
ここから紅葉の景色を見ながらの散策だ。

1205_biwako071205_biwako08
■1142昼食
万歩計8144歩。
昨年も来たこの場所で昼食。目の前にある紅葉を見ながら食事するのは贅沢かな。
犬を散歩している人やハイカーが軽く会釈しながら行き過ぎて行く。
この疏水の道は生活の道になってるんやなと感じる。

■1231食事終了
お腹が一杯になったので出発する。
昨年と同じコースをたどる。
ハイキングというからには、少しは歩かないとね。

1205_biwako091205_biwako10
■1311鉄塔
万歩計9484歩。
鉄塔からみた景色もなかなか良い。
この道を行くハイカーはあまり見かけない。
大文字山への分岐を日向神社へ抜ける。

1205_biwako111205_biwako12
■インクライン
前回と同じようにインクラインから裏手に回る。
この小路の雰囲気がとても良い。是非歩いてほしい。

1205_biwako13
■1418南禅寺
万歩計12798歩。
相変わらず観光客で一杯だ。
水路閣からアジアからの観光客がたくさん上がってくる。(写真)
客待ちのタクシー。早口で大声でしゃべるバスガイド。
ハイカーの自分たちが中に浮いている。

もう、息苦しくなり早々に退散する。
昔の南禅寺の雰囲気はどこにもないな。
でも、日本経済振興には必要か。

■1425東西線蹴上駅
万歩計13127歩。
まあまあ歩いた方だ。

感想
[1] 秋の琵琶湖疏水も落ち着いた感じだ。
[2] 来年の紅葉の季節もまた訪れたい。