「とお〜い日の愛の残り火があ、燃えてるあらしやま〜。すべてすべて〜あなたのことが〜」
渚ゆう子の京都慕情を口ずさみながら、来月の耐寒登山の下見です。
20団のリーダー8名とともに、愛宕山へ。

-----------------------------------------------------------------------------
【京都】愛宕山下見ハイキング
----------------------------------------------------------------------------
記録:2010.02.14
天候:晴れ
場所:愛宕山
出発:清滝
到着:清滝
地図:「関西の山あるき100選」昭文社
道程:[1]清滝→[2]大杉→[3]水尾分岐→[4]山頂→[5]月輪寺→[6] 清滝
Map:ルートマップ(Google Map)
歩数:15000歩(自宅から)
距離:約9Km
備考:
BV:★★★(ゆっくりなら登れる)
CS:★★★(十分いける)
BS:★★★(ペースを守って)
VS:★★★(鼻歌気分で)
LD:★★★(じっくり勝負)
-----------------------------------------------------------------------------


■0710 自宅出発
 車2台で出発。

■0837 清滝駐車場
 駐車料金1000円。下見隊は駐車場で身支度。
 きょうはどうやら晴れ。たくさんの車が来ている。
 隣には京都剣友会のバスが駐車している。
 ハンターも来ていた。

■0900 出発
 いきなり月輪寺への道へと進んでしまうが、おかしいというメンバの声で正しい道へ。
 万歩計1034歩。

■0923 最初の休憩
 万歩計2373歩。3分休憩。
 15分登っては数分休憩するというピッチで登る。
 最初のお助け水をあっさり通り過ぎて進む。
 登りはじめは勾配のキツイ坂だが、ゆっくり登れば疲れはない。
■0938 二回目の休憩
 万歩計2921歩。
 そろそろ、体が暑くなってくる。
 
■0951 25丁の東屋(三合目)
 予定より10分はやい。万歩計3310歩
 いい感じだ。カブ隊は、ゆっくりペースで登ってくる。
 当日のペースを想定している。

■1010 休憩
 万歩計3832歩。高度480m

■1017 30丁
 万歩計3912歩

■1020 大杉
 万歩計4380歩。標高520m

■1036 七合目
 万歩計5530歩。標高615m

■1051 水尾の別れ休憩所
 万歩計5840歩。標高685m。
 このあたりに来ると雪が残っている。
 アイゼンをするほどでもない。

■1104 休憩
 万歩計6586歩。標高760m

■1117 総門
 万歩計6907歩。標高825m。
 ようやく目指す場所にたどり着く。
 予定通り。カブ隊リーダー達も追いつく。

■1124 登山者用休憩所
 万歩計7265歩。標高865m。
 近くの場所で昼食。お湯を沸かしてカップメンを食べる。
 バーナーには風防。水はあらかじめお湯を用意しておく。
 すると沸騰するのはやい。
 お楽しみを2合も燗して飲んでいるリーダーがいる。

■1229 愛宕神社
 気温はマイナス2度。万歩計8118歩。
 今回は三角点までいかない。次回のお楽しみだ。

■1237 白ひげ神社の鳥居

■1300 休憩
 万歩計10455歩。標高690m

■1317 月輪寺
 万歩計11723歩。560m

■1342 休憩
 万歩計13066歩。標高415m。
 ここで、佐藤リーダーがチーフリングをなくしたことに気づく。
 探すが見当たらない。本番にもう一度探すことになった。

■1420 月輪寺への分岐道
 ここからアスファルトの道につながる。

■1452 駐車場
■1500 出発

愛宕山下見登山



[感想]

[1] コースは行きは清滝から表参道を経由して山頂へ。
帰りは、月輪寺経由で戻るコースがよいだろう。
月輪寺経由は道は数年前に比べて整備されているのでビーバーでも安全に降りることができる。
[2] 登山寺のピッチは15分ごとの小休止が楽。
[3] 山頂でのカップメンは小ぶりなものを。必要な水を少なくするため。
[4] ボーイ隊はビーバー隊のカップメンの水を持って上がる。
[5] 替えの靴を用意させたほうがよいだろう。(本番当日の天候によるが)