今年ももう終わり。
それにしても、よくハイキングにでかけたなあ。
でもなにか物足りない。今年最後の日曜日なのに。
じゃあ、近場に行こうか。
ということで以前から計画していた「深山」に出かけることにしました。
(おいおい、年末の支度はどうすんねん。まあ、ええやん。)

-----------------------------------------------------------------------------
【深山】るり渓ハイキング
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2009.12.27
天候:曇り
場所:るり渓
出発:るり渓温泉
到着:るり渓温泉
地図:「関西の山あるき100選」昭文社
道程:[1]登山口→[2]ササ山のピーク→[3]深山宮→[4]ササ山のピーク→[5]登山口
Map:ルートマップ(Google Map)
歩数:11500歩(自宅から)
距離:約 6Km
備考:
BV:★★ (余裕で歩ける)
CS:★★ (余裕で歩ける)
BS:★★ (ちょっと物足りないかも)
VS:★★ (ちょっと物足りないかも)
LD:★★★(秋なら)
-----------------------------------------------------------------------------
■0840 自宅出発
■0945 るり渓温泉
  駐車場には10数台の車が駐車していた。
年末押し迫った時期にしては多いかも。
私たち以外にハイカーはいない。
 ガイドブックによると標高は516mくらいだとか。

miyama_091227_01miyama_091227_02
■1000 出発
  駐車場から道路にそって歩く。ひんやりと寒い。
10分ほど歩くと右手に深山へのハイキング道の看板を発見する。
標識にしたがってなだらかに登る。里山ハイキングだ。
落ち葉が重なって、なんども足が滑る。
途中で、おりてくる一人のハイカーとすれ違う。
この時間で降りてきてる!
どこにでもハイカーはいるのだと感心した。
しばらく「るり渓ゴルフ場」の横を歩く。
たまにゴルファー達のプレーを横目に見る。
まさか私がすぐ横を歩いているとは思っていないだろう。
miyama_091227_03miyama_091227_04
しばらく歩くとササ原に出会った。
気温は6度ちょっとくらいだが、体は温かい。

miyama_091227_05miyama_091227_06
■1100 ササ山のピーク
  この景色で大山を思い出した。植生限界に似ている。
  標高にしては見晴らしはよい。
360度の眺望である。シーズンであればもっと人はいたかもしれない。
  私が到着する寸前に車で来ていたグループがいた。
 車は四駆だ。私の歩いている道には、バイク(おそらくモトクロス)の
  轍があった。道は少しぬかるんでいる。
miyama_091227_09miyama_091227_10
■1120 深山の山頂(万歩計4860歩)
  レーダー観測の施設がある。門を開いて中に入る。
  深山宮という立派なお宮があった。大きな石がある。
  眺望はとてもよい。標高は790.5M。北摂の最高峰だけのことはある。
  他にはだれもいない。少し寒い。
  ここで食事しようとしたが気が引けるので止める。
■1130 出発。
■1135 途中のササ山で昼食
   他に誰もいない。風はほとんどないのでそれほど寒くはない。
天気予報では、最高気温は能勢は8度。
じっとして昼食を食べているほど暖かくはない。
お湯を沸かしてカップメンを食べる。おいしい。
バーナーのありがたさを思う。
 山の神様への御神酒を忘れてきたことを思い出す。
 まあ、今年最後なのでしかたがない。

■1200 昼食終了
   体が冷えるのでさっさと下山することにした。
下山は早い。
■1241 登山口
万歩計9250歩
■1320 るり渓の駐車場
万歩計11360歩
-----------------------------------------------------------------------------
[感想]
[1] ほどよい距離だった。今年最後の山としてはまあまあ。
[2] この標高で眺望がよいのは意外だった。
[3] 秋にくればもっとよいだろう。
[4] 全体的にのっぺりしているのでビーバーやカブには退屈するかもしれない。
[5] るり渓温泉とペアでイベントを組めば、面白いだろう。
[6] くつには泥がたくさんつく。しっかりとした靴を履く必要がある。