さて、今日はどこへ行こうか。前日は食べ過ぎたのに運動不足。
よい天気だし、久しぶりに摂津峡へ行くことにした。
ガイドマップがないけれど、山と高原地図がある。
残念ながら、摂津峡エリアは5万分の1。
小径などがわかるか心配だったけど、とりあえず出発。
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2009.10.18
天候:快晴
場所:摂津峡
出発:摂津峡公園 桜広場
到着:摂津峡公園 桜広場
道程:[1]桜広場→[2]白滝→[3]萩谷→[4]武士自然歩道→[5]府道林道出合→[6]桜広場
Map:ルートマップ(Google Map)
歩数:16500歩(自宅から)
距離:約 10Km
備考:山と高原地図「北摂・京都西山」
BV:★ (途中、車道沿いを歩くので安全面を考えて★1つ)
CS:★★★(桜公園で遊ぶのもあり。渓谷は楽しい。)
BS:★★★(地図読みの適度な練習になる。)
VS:★★ (高校生年代には退屈かも)
LD:★★★(桜または紅葉の季節はいいだろうな。)
-----------------------------------------------------------------------------

0810 自宅から車で出発。途中のコンビニでお弁当を買う。
0850 摂津峡の駐車場に到着
   駐車料金は1000円。私が着いた頃は車が数台駐車していた。
   しかし、1000円は高いな。
settu_091018_01settu_091018_02
ここで、峡谷コースを確認する。
わかりやすい看板だ。標高は130m。
settu_091018_030900 桜広場のトイレ横の案内板
この写真の右の道を進む。
右は峡谷コース。左はキャンプ場へ。
万歩計は880歩。


settu_091018_04出だしの道はこんな感じ。
平坦な道が続く。周囲にはウオーキングしている人が多い。


settu_091018_05渓谷を見ながらハイク
廃線ハイクの時もよく似てる。
ええ感じや。


settu_091018_06川に降りてみたところ
水が冷たい。
きれいな水だ。


settu_091018_070923 白滝
あっという間に屏風岩から白滝に到着。
15mの滝だそうだ。
このコース唯一の滝。


settu_091018_08settu_091018_09
0930 行者橋と上行者橋を通過。
キャンプ場への道もあったけど、普通に戻ってはハイキングが1時間で終わってしまう。
だから、足を伸ばして、東海自然道を北上することにした。
settu_091018_10settu_091018_11
0940 里山ハイキングの景色になる。
「萩谷」に向かう。
手元の地図は5万分の1なので、小径がはっきりしない。
settu_091018_12settu_091018_13
1002 突然、ぽっかりと舗装道路に出た。
そう、ここは、萩谷総合公園なのだ。
地図にはない道がたくさん交差していた。
settu_091018_14settu_091018_15
1017 途中で、東海自然歩道の説明板を発見。
詳しく書かれてあったので助かった。
周囲は、親子でポイントハイクをしている人でいっぱい。
どこかのイベントらしい。

この萩谷総合公園はとても整備されているのだが、私の持っている地図には
公園内の舗装道路が書かれていない。
ここで迷ってしまった。道標を目指して進むがどうも方向が違う。

1030 バス道に出る。
   バス停は「下萩谷」だ。このすぐ近くに萩谷に向かう「健脚コース」があるはず。
   ところが、見えるのは一軒家への上がる道のみ。
   通りかかった郵便局の配達の人に聞くと、その先は道がないらしい。
   あれこれ考えたあげく、しばらくバス道を北上することにした。
   すると。
1050 中萩谷のバス停
   なんと、その近くに東海自然道への道を発見。
   つまり、最初のバス道へ出る道が間違っていたのだ。
   どこかで、東海自然道への道標を見落としてしまったらしい。
   最初の説明板にはそんなことは書かれていなかったが。
settu_091018_161115 武士自然道へ
竜仙の滝はあきらめて武士自然歩道へと向かう。
この東海自然道はこのまま進むと箕面の森につながっている。


settu_091018_171120 送電線(標高340mくらい)
ここでの景色がよさそうなので昼食にする。
眼下に高槻市や吹田市が見える。
1200 出発


settu_091018_18settu_091018_19
しばらく武士自然歩道を進むと車道に合流した。
車がけっこうスピードを出して走るので、カブ、ビーバー年代では注意が必要だろう。
settu_091018_20settu_091018_21
左には大きな変電所が見える。
地図上にも変電所のマークがあるのでボーイ隊には地図マークの発見の練習になるだろう。
settu_091018_221320 西ノ口
関西大学のところで、摂津峡へと左折する。
近くのバス停は「西ノ口」という。
ここから、一本道で桜公園に向かう。

1335 桜公園に到着

昼食の時間を引くと約4時間のハイキングだった。
といっても、急激な登りもないし、のんびりとしたハイクを楽しめた。
標高差も200mくらい。尾根沿いの道が多いので登っている感じがしない。

カブ年代、ボーイ年代には手頃なハイキングコースになると思う。
ブログはアップしなかったが、途中で、「カエル」や「沢ガニ」をたくさん撮影した。
紅葉の季節となれば、たくさんの人が訪れるだろう。

コース取りを考えればビーバーにも面白いだろう。
夏場はホタルなども見られるらしい。渓谷コースは危ないところはない。

桜公園にはいろいろな遊具もあるので、そっちに気を取られるかもしれない。

交通手段は車の他にはバスがある。
1時間に3本くらいか。

いつかは、竜王山に登ってみたいな。

勝尾寺からは少し遠いか。

いずれにせよ、豊中市からは手頃なハイキングコースである。