9月のシルバーウイークも終わる23日。
カブ隊リーダーのブログを見ていたら「コスモスの里」へいったとある。
じゃあ、その辺りに行ってみよう。ということになった。
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2009.09.23
天候:晴れ時々曇り
場所:光明山からコスモスの里
出発:豊能町役場
到着:コスモスの里
道程:[1]豊能町役場→[2]光明山→[3]法輪寺→[4]北の谷多曽石仏→[5]豊能町役場→車→コスモスの里
歩行:3時間
歩数:11300歩(自宅から)
距離:約 5Km
備考:特になし
BV:★(安心して歩けるが、変化は乏しい。)
CS:★(安心して歩けるが、変化は乏しい。)
BS:★(刺激は少ないが、コンパスの練習になる。)
VS:★(おそらく行かないほうがよい。)
指導者:★ (空気は美味しい。)
-----------------------------------------------------------------------------
09:00 桃山台を車で出発。途中のコンビニに寄って弁当を買う。
10:00 豊能町の役場に到着。
豊能町の看板農協の横を入る
ここから、すぐ横の「余野」の交差点から山道にはいる。
町の看板にはいろいろなハイキングコースが描かれていた。
本当にこんなところに山道があるのかなと疑いながら進む。
農家の路地を通り抜けようとしたところ、おじさんがおおきな唐辛子を寄り分けているのを見かけた。
「こんにちは。この路は光明山に続いていますか?」
「えっ、そうやけど。ややこしいで。」と怪訝な顔。
ま、行けるんだったらまあいいかと、そのまま進んだ。
登り初めの路山道を行く
写真のように山道は落ち葉の絨毯のようでとても歩きやすい。
しかし、道標の整備がいまいちなので、地図がなければ迷うだろう。
現に、スタートしてすぐに田んぼへの路に突き当たってしまった。
田んぼから100mほど逆戻りしてみたら、右方向へ緩やかな登り路があるのを発見した。

途中で、勢いよく駆け抜ける猟犬とすれ違った。
しばらく行くとヒューヒューという笛の音が聞こえてくる。
遠くにオレンジ色のベストを着たハンターと出逢う。
間近に見る散弾銃はなんとなく恐ろしい。
無線で、私たちのことを仲間に知らせてくれた。間違えて撃たれたら困る。
今は、イノシシと鹿しか撃ってはいけないらしい。
分岐路蛇もひなたぼっこ
途中でまたもや路に迷う。
道標に「妙見山・光明山」とあったので、その示す方向に進んできたのだが、どうも違う。
周囲は高さ10数メートルある森林なので、方向がよくわからない。
腕時計につけたコンパスを頼りに進むが、やっぱり違う気がする。
ふと森を仰ぎ見ると、かすかに高圧線が見える!
地図と照らし合わしてみると、予定の三叉路まではまだまだだった。
またまた、100mほど路を戻って、道標と反対の方向に行くことにした。
蛇がひなたぼっこしている。こいつで3匹目だ。
光明山の山頂
11:37 登りが続き、尾根沿いに500mほど行くと光明山へでた!
まったく眺望はない。639mとある。
周囲に弁当を食べるような適当なスペースもない。
しかたがないので、このまま下山することにした。
下山する路はみんな同じように見える。遠くから車の通る音が聞こえる。

石仏
12:30 北の谷多曽石仏
桃山時代天正八年(1580年)に造立されたらしい。
反対方向から登ってきた初老のハイカーの方と出逢って、いっしょに見つけた。
真ん中に阿弥陀如来、右に観音菩薩、左に地蔵菩薩が彫られている。

合掌。

彼岸花コスモスとミツバチ
12:40 山を下りてくると、農家のちかくで真っ赤な彼岸花を見つけた。
眺望は良くなかったが、最後に彼岸花を見つけたのがせめてもの救いだった。

13:00 豊能町役場
3時間かけて往復してきた計算だ。
ここから、コスモスの里まで車で行く。5分ほど。
入場料500円也。ちょっと高い感じがする。

その後、コスモスの花に囲まれて弁当を食べた。
それにしても、よく歩いた。

地図を見ながらのハイクだったが、路に迷うこと3度。
コンパスがなかったら今頃、妙見山あたりまで行っていたかもしれない。

途中で出逢ったハイカーの方は鴻応山(678.9m)を1時間で登って、豊能町から天台山へ行くと言っておられた。いかにも歩き慣れた格好。

低山縦走というのも味のある野趣かも。