まあ、今さら箕面の滝ハイキングでもないけど、一応レポートはしとこう。
ほぼ地元でもあるので新鮮味もないけど、良いコースであることは確か。
昨日は伏見稲荷まで足を伸ばしたので、今日は近場に行くことにした。

-----------------------------------------------------------------------------
記録:2009.09.22
天候:晴れ時々曇り
場所:箕面の滝
出発:箕面駅
到着:箕面駅
道程:[1]箕面の駅→[2]唐人戻り岩→[3]箕面の滝→[4]唐人戻り岩→[5]箕面の駅
歩行:2時間
歩数:11000歩(自宅から)
距離:約 5.2Km
備考:特になし
BV:★★★(安心して歩ける。)
CS:★★★(安心して歩ける。)
BS:★ ★(刺激は少ないかも)
VS:★ (癒されたいなら)
指導者:★★ (気晴らしに)
-----------------------------------------------------------------------------

08:00 自宅を出発
08:30 箕面駅の駐車場
08:40 箕面の滝の登山口入り口
箕面の滝_古場09:10 修業の古場
散策にはうってつけのコース。
早朝から、たくさんの人が歩いている。
出発して30分あたりがここ。
少し汗ばむような感じ。トイレがあるので遠方から来た人はここで休憩するとよい。



箕面の滝の小径箕面の滝_その2
箕面の滝への小径
滝までの散策道はずっとこんな感じ。
たくさんの人が歩いている。
幼児を連れた親子連れもちらほら。


箕面の滝_前景箕面の滝

09:30 箕面の滝
やはりメインは箕面の大滝。
10時前だというのにたくさんの人がいる。
近くの川にはたくさんの魚がいて、オオサンショウウオを見つけたとかいって騒いでいる親子連れがいた。
スタートからここまで2.6km。ほどよい距離である。

相変わらず箕面の大滝は迫力があるけど、一昔前に比べるとちょっとさびしい感じがする。
なんでも、箕面の有料道路ができたことで、水脈が枯れたとか。
かろうじて、ポンプで水をくみ上げて現在の姿を保ってるらしい。

ま、それはともかく。
箕面の滝は、手頃なハイキングコースである。
阪急箕面の駅からすぐのところからスタートできるし、道中に危険なところはない。
小学校の低学年でも安全である。

緑のオーラがでている。健康によさそうである。
早朝からひとっ走りジョギングしている人もたくさんいる。

北摂の手頃なハイキングコースとして市民に愛されている。
一年中、ハイキング(散策)できそうである。