今日は、絶対に仕事を休むゾ。最近、ストレスがたまる。
よし、温泉に行こう。六甲から有馬へ。
--------------------------------------------------
【兵庫】魚屋道から六甲山へ 登山 2015
--------------------------------------------------
記録:2015.11.30
天候:晴れ
場所:六甲山
出発:阪急「芦屋川」駅
到着:有馬温泉駅
地図:山と高原社「北摂・京都西山」
道程:[1]芦屋川駅→[2]鷹尾山→[3]荒地山→[4]六甲山→ [5]有馬温泉
Map:

■Googleが見えない方は以下の画像をご覧ください
20151130_totoya_root

歩行:5時間
歩数:23300歩
距離:約 15Km
高低:20140630rokkou_koutei
駐車:六甲山 一軒茶屋付近
トイレ:芦屋川駅、一軒茶屋付近、有馬温泉街
備考:
BV:★  (岩梯子があるので無理)
CS:★  (岩梯子があるので無理)
BS:★★ (これくらいなら)
VS:★★ (まあ、いける)
--------------------------------------------------
■ 0638 桃山台
前と同じ時刻に出発したかったが、なぜか起きるのが遅かったので1時間遅れとなった。
周りはすでに通勤客で混み始めている。みんなスーツ姿なのに、自分だけハイカー仕様なのでなんとなく申し訳ない気持ちになる。

■ 0730 芦屋川駅
学生が大挙して降りる。1時間違うとこんなに...。

駅南のローソンでおにぎりとどら焼きとカニかまぼこを買う。← 最後のやつはなんやねん
ハイカーの姿がパラパラと見える。

20151130_totoya_01

駅前から見上げたら青空がひろがる

20151130_totoya_02

川沿いの風景は秋模様

■0748駅前
1635歩。トイレをすます。
駅前広場のベンチには学生が座っていた。他にも数人のハイカーを見かけた。
GPSのスイッチをONにして、準備運動なしに出発。今回は単独行なのでのんびりいこう。
芦屋川沿いをぶらぶら歩き、一つ目の信号を左斜めに進む。
でかい家が建ち並ぶ。ここからロックガーデンまでは定番の道だ。

20151130_totoya_03

城山の説明を読んで気が変わった

20151130_totoya_04

荒地山コースの入り口

■0807城山の看板(分岐点)
ふと目をとめた。いつもは素通りする城山の説明案内。これを右へ行けば荒地山だとか。
そういえば行ったことがない。どうせなら初めての道のほうが楽しそう。
気まぐれだが、そういう気分もいいだろうと思い、右へ進んだ。
しばらくすると、コースの入り口が現れた。おっ、いい感じ。

20151130_totoya_05

見晴らしが良い尾根道だ

20151130_totoya_06

TVの電波塔

■0834TVの電波塔
5208歩。空気が澄んで素晴らしい景色が展開している。
山道は歩きやすく傾斜もキツくない。典型的なハイキング道だ。

20151130_totoya_07

鉄塔の下から西を望む

20151130_totoya_08

鉄塔の下から東を望む

■0902 鉄塔の下
6568歩。秋晴れとはこのことか。
空気は冷たいが寒くはない。ハイカーは数人。若い人はいない。← ま、当然やな
山道は歩きやすくて展望がよいので気分がいい。ナイスな道やん。ここ。
とか、思いながらゆっくりと歩く。

20151130_totoya_09

岩梯子は10数メートルの高さ

20151130_totoya_10

上から見下ろしたところ



■0930岩梯子
なんにも下調べをしていなかったので、岩梯子?なんじゃいな、それって感じだった。
ま、ロックガーデンのようなもんだろうと思って、よじ登り始めた。
垂直な岩をくぼみに指をかけて登っていく。案外、普通に登れるな、これ。
ちょっと、剱岳を思い出したが、こちらの方が登りやすい。
でも、これってコースどおりの道なんかいな。とか、思いながら登っていったら。

20151130_totoya_11

岩場から見る景色

20151130_totoya_12

新七衛門蔵 この隙間をくぐりぬける

どでかい岩の下にたどり着いた。後ろを振り返ると、神戸の街並みが見える。
さあてと、と見上げるが、指を掛けるところが見当たらない。高さは3メートルほどある。
カメレオンのようにへばりついて登れというのか?
少し試してみたが、危ない。滑り落ちたら10メートルくらい滑落しそうだ。頭を冷やすことにした。
ほんまにこの道であってるんやろか。と、周囲を見回すと左手に岩と岩の間に10センチメートルくらいの溝が続いている。
その先には、小さな岩がちょこんと乗っただけの空間があった。
人がひとり、かろうじてくぐり抜けるくらいの大きさだ。

ん?これいけるんとちゃうか。と、慎重に進む。
三角形の空間に体をねじ込んで抜けようとする。ザックが詰まって抜けない。
体をよじって、なんとか空間を抜けた。
そこにはペットボトルやらが隙間に落ちていた。同じように抜けようとしてザックからこぼれ落ちたんだろう。
そう、これがルートだった。
あとで、地図で調べたら、「新七衛門蔵」とかいう名所だとか..。知らなかった。

20151130_totoya_13

岩場を登り切ったところからみた風景

20151130_totoya_14

荒地山(549メートル)の山頂

■0946荒地山 山頂(549メートル)
7846歩。
ふうー、緊張したなあ。岩梯子はドキドキやった。
簡易三脚でカメラをセット。記念撮影。
すると、初老のハイカーが黙礼をしてすたすたと通り過ぎていった。
えっ、あの岩梯子を登ってこられたのか!すごいなあ。

■0950出発
5分ほどして後を追うようにしてコースを西へ進む。
やがて、山道は北西に進路をとる。
周囲には誰もいない。
ちょっと休憩しようと座っていたら、先ほどのハイカーがやってきた。
どこかで追い抜いたのだろうか。先方は、あんた、速いなあ。やっぱり若い人はちゃうわと関心された。
そこでちょっと情報交換することにした。
先ほどの岩梯子は登ってこられたのですかと尋ねたら、違うルートから合流したとのこと。
もう少し東に、地図には載っていないが良いコースがあるらしい。ありがたく教えていただいた。
健脚ですねというと、老人は家におってもしょーがないからな。の一言。
5分ほどか。横池経由で神戸に戻るというご老人に別れを告げて、六甲山を目指すことにした。

20151130_totoya_15

ゴルフ場への入り口になるガード

20151130_totoya_16

雨ヶ峠

■1022ゴルフ場の入り口
9992歩。
落ち葉でフカフカの道を楽しみながら歩く。気分がいい。
ふと前をみると大柄な人がゆっくり歩いている。
会釈をして追い抜いたら、白髪の女性だったのでびっくりした。

■1040雨が峠
11446歩。
若い女性ハイカー3人組がうれしそうに話をしながら案内板の前にいた。
今にも出発しそうなので、遠慮して休憩所で腰を下ろすことにした。
水分を補給して汗を拭いていると、先ほどの白髪の女性ハイカーがやってきた。
ちょっと、しんどそうだが、慣れた感じがする。
さあ、出発しよう。

20151130_totoya_17

本庄橋跡

20151130_totoya_18

巨大な土嚢

■1100本庄橋跡
先に出発していた女性トリオに住吉川の手前で追いついた。記念撮影していたらしい。
なにやら、ポーズをとってキャッキャと嬉しそうだ。少し待って、その横をすり抜ける。
ちいさなアップダウンを繰り返して、本庄橋跡につく。
ここから急な階段を上っていく。
やがて、七曲がりへの分岐点の手前の広場につく。予定だったが、なにやら工事をしている。
土嚢のようなものが積み上がっている。

20151130_totoya_19

工事中か

20151130_totoya_20

おおー、一軒茶屋だ

■1103七曲がり
ここからしんどい七曲がりだ。一気に300メートルほどの標高を登る。
といっても、巻き道も多いので、しんどいのは最後のほうだけだ。
とか、思いながら歩いていると6人の高齢者パーティがふうふう言いながら歩いていた。
やっぱり、キツいなこの坂。

■1137一軒茶屋
18240歩。
舗装された急な山道を登っていく。
20151130_totoya_21

六甲山山頂にて

20151130_totoya_22

ちょっと降りたところにある休憩所がお気に入り

■1144六甲山山頂(931メートル)
15760歩。
とうちゃーく。山頂には、3名のハイカーがいた。
こんな平日にもかかわらず。← おまえもな
そばにいたハイカーにお願いして写真を撮ってもらう。
さあ、ご飯にしよう。とばかり、少し下ったところにある休憩所に向かう。

神戸の街並みを見ながら、いつものように神様に感謝。
おにぎりと、なぜか衝動買いしたどら焼きを食べながら景色に見入る。
抜けるような青い空だ。ゴオゥーという空気の響く音が遠くから聞こえる。
そばのススキがゆらゆらと揺れている。
実にいい気分だ。

■1220下山開始
さあ、十分休息した。有馬へ向かおう。そして、温泉に入ろう。

20151130_totoya_23

有馬へ向けて癒やしのコース

20151130_totoya_24

こんな感じの道をゆっくり歩く

■魚屋道の入り口
有馬への道はだれも歩いていない。
ボクひとりだ。思わず鼻歌の一つも口ずさみながら歩く。速く歩くのがもったいない。
マイナスイオンを一身に浴びながら歩いているような。
それでも下り道なので歩くペースは速くなる。

20151130_totoya_25

登山口

20151130_totoya_26

稲荷神社

1326登山口
22662歩。
やがて、登山口にでた。目の前には道路がある。これを右方向へ歩く。
すぐに稲荷神社があって、その前の急な道を有馬へと降りていく。

20151130_totoya_27

炭酸泉源

20151130_totoya_28

銀の湯

■ 1134炭酸泉源公園
23300歩
もう、このコースも終わりだ。あとは、温泉に入るだけ。
今回は炭酸を飲まなかった。別に美味しくはない。

そこから5分ほどで銀の湯だ。
入浴料550円。

金の湯でもいいが、観光客でいっぱいだろう。
ここのほうが空いていてよい。

ゆっくり湯船につかると至福のひとときだ。
思わず寝入りそうになる。
湯上がりにはお約束のビールを飲んだ。

■1445温泉終了

20151130_totoya_29
いい気分で有馬の温泉街を抜けていく。
ふと、左をみると源泉とか。
ちょっと、立ち寄って撮影。もうもうと白い湯気をはき出している。

■ 1530 阪急高速バス
1080円。
千里行きは本数が少ない。40分は待たないといけないらしいがしかたがない。
おとなしく待合室で待つことにした。
寝そうになる。

バスがきた。
2Aという席は前から2番目。バスは乗客は半分くらいは埋まったか。
バスが動き出してしばらくして寝入ってしまった。

■ 1611 桃山台
不思議なもので目が覚めた。

[感想]
[1] 荒地山へのコースはもうひとつの地図に載っていないコースを行ってみよう。
[2] 有馬の温泉が癒やされる。
[3] 平日は歩きやすい。