仕事関係の方々から、劔岳に行くというお誘いがあったので喜んで参加させてもらった。
剱岳といえば、2009年に見た「点の記」が印象的だった。通常装備で登れる最も険しい山だとか。
--------------------------------------------------
【富山】 剱岳登山 2日目〜剱岳から室堂まで〜
--------------------------------------------------
記録:2015.09.12
天気:晴れ
場所:剱岳
出発:剱岳
到着:室堂
地図:山と高原社「剱・立山 2015」
ルート:[1]剱岳→[2] カニのよこばい→[3]前剱→[4] 一服剱→ [5]剣山荘 → [6]御前小屋→ [7]室堂
Map:20150911_turugi_root

歩行:7時間
歩数:計測したが実体を表していないので数字は利用せず
距離:約10 Km(直線距離は短いが体感距離は50kmくらい)
高低:20150911_turugi_koutei

駐車:周囲に車は一台も見えない
トイレ:山小屋のみ
備考:
BV:−  (たぶん無理)
CS:− (おそらく無理)
BS:★  (立山連峰だけなら)
VS:★★(自己責任で)
--------------------------------------------------
今回は以下の5名のパーティだ。

★リーダー役 Kさん(50代男性)
登山暦30年以上。雪山にも精通した大ベテラン。大学の登山部出身。
剱岳では雪山登山の経験あり。気象予報士。

★F子さん(40代女性)
登山暦5年だが白馬や槍ヶ岳キレットなどをつぎつぎと制覇してきた実力の持ち主。
大学ではスキー部に所属。

★M子さん(30代女性)
ここ数年で登山に目覚めた。子供の頃はよく登山していたという。
毎週末は10km走るマラソンランナー。

★Yさん(40代男性)
日頃、趣味で自転車やマラソンで体を鍛えてきた。

★私(50代男性)
ベンチャー隊の隊長。

●山岳保険
日本山岳協会の山岳共済会に加入
●共同装備
ツェルト4人用と2人用、携帯ラジオ、非常食1日分、燃料/ガスコンロ1台
--------------------------------------------------
二日目の後半。下山して室堂を目指す。

●9月12日
2015091229

下りもまたしんどい

2015091230

尻餅をついて降りていく

■0700出発
下を見ると、登山者の行列だ!
登りより下りのほうが石を蹴りやすい。
落石にならないように注意点しながらおりる。

2015091231

最初の1歩が見えない!

2015091232

ハシゴは垂直だがしっかりしている


■0720カニのヨコバイ
ここも名高いスポットだ。
絶壁の鎖を手掛かりにして、横に移動するのだ。
絶壁の下側がみえないので恐怖心がおこる。
鎖から手が離れないようにして腹ばいになりながら、体をズルズルと下の方へずらしていく。
上から覗くと足場になる場所に赤いペンキがマークしてある。
でも、足場は見えない。
石鎚山の試しの鎖によく似ている。
腹ばいになって、右足でおそるおそる足場を探る。
あった!
次に左足だ。鎖にぶら下がったまんまの状態。
左足も無事着地。
最初の二歩がスムーズに着地したらあとは大丈夫だ。
スリル満点だ。→ 命かかってるから
あとは、直径2センチくらいある金属棒に足をかけながら崖を横に横にと移動する。
ようやくスペースに着地してほっと一息。

次は直角に経ったハシゴを降りる。
金属が真新しい。
これが用意できるなら蟹のたてばいにもハシゴをかければよいのに。
などと思いながら降りる。
ま、それじゃあ値うちがなくなるな。
降り切ったら、小屋があった。
ここからは下りの岩場。
みんな、ほっとして転倒したりして事故を起こすらしい。
慎重に脚を運ぶ。

2015091233

向かい側にカニのたてばいがみえる

2015091234

きつい斜度のある崖を下る!

■0737 平蔵のコル
ホッとする間もなく、きつい崖。鎖を頼りに慎重に降りる。
上りよりも下りのほうが怖い。
足に疲れがきてるので、踏ん張りがなかなかきかない。
向かい側をみると、カニのたてばいがみえる。
あんなところを登ってきたのかとあらためて驚く。
すでに渋滞が起こり始めている。

2015091235

平蔵の頭をよじ登る

2015091236

下りのルートを降りていくところ

■0750 平蔵の頭
来た道はひきかえさないといけない。それが自然のルール。
とはいえ、しんどい。
平蔵の頭はどうみても絶壁頭。
下りのルートを回って降りていく。

2015091237

最後の鎖場だ

2015091238

女性陣は余裕綽々

■0813 前剱の門
また、鎖場か。といっても、これが最後なので楽しみながら登ることにした。
振りかえると空に静止している鳥がみえた。
上昇気流に乗ってぴたっと止まっている。
飛んでいる鳥を見たのは初めてだ。

2015091239

一服剱からの景色

2015091240

ここから下りだ

■0904一服剱で休憩
あーしんど。登りはこれが最後。
こんな風景やったのか。
まだ暗いうちに歩いていたのでわからなかった。
遠くに剣山荘が小さく見える。マッチ箱のようだ。
下から登ってくる人はいない。
さあ、降りよう。
砂利道に足を取られそうになりながら降りていく。

2015091241

こんな自然のなかに剣山荘はあったと気づく

2015091242

満足感でいっぱい

■0937剣山荘
無事生還しました。と、見えない雷鳥に報告す。
山荘を出て6時間をかかった。
置いていった荷物をザックに詰める。
つめたい水道水で顔を洗う。
ポツポツと登山客が戻ってくる。

■1018出発
周囲はパノラマが展開している。
こんなに素晴らしい景色のなかに山荘があったとは。
あらためて感動する。
山荘前のスペースにはすうめいの登山客がくつろいでいる。
メンバみんなで記念撮影。
さあ、戻ろう。
ここから御前小屋までは緩やかな登坂が続く。
剱沢を左手に見下ろしながらゆっくりと進む。
そういえば、鳥の声がきこえないことに気づいた。
うっすらと曇り空はかかっているが青い空が見える。

2015091243

遠くに剣山荘が景色に溶け込んでいる

2015091244

素晴らしい眺めが続く

■1152御前小屋(標高2760m)
良い天気になったが、風が強い。
ウロコ雲がゆっくり動いているのが見える。
小屋の前では落ち着いて食事もできないので少し下ることにした。
見下ろすと雷鳥ヒュッテや室堂までが見通せる。
相変わらずのゴロゴロ石を避けながらゆっくりと下っていく。
単調な坂だか勾配はきつい。
ちょっと気を抜くと、踏ん張りがきかないのでこけそうになる。
メンバーも何度か転びそうになっている。
太ももがかなり疲労しているのだ。
岩場よりこの道のほうがケガをしそうだ。

2015091245

遙か向こうに室堂がみえる!

2015091246

立山連峰を背景に

■1220雷鳥坂降りたところ
ようやくひらけたところを見つけて昼食をとる。
わたしは食べ残しの菓子パンだ。
目の前に立山連峰が見える。
下から続々とハイカーが登ってくる。
でも、子供は一人も見かけない。
長い下り坂を黙々と降りる。

2015091247

立山連峰に囲まれたキャンプ場

2015091248

この石道が足にこたえる

■1332雷鳥沢キャンプ場(2260m)
たくさんのキャンパーがテントを張っている。
来た道を振り返ってみると壮大な立山連峰に囲まれている。
こんなところで朝の目覚めを迎えたら気分がいいだろうな。

ここから長い長い石段を上る。
これがけっこう足にくる。
地獄谷から硫黄の香りが、かすかに漂ってくる。
観光客を見かけるようになった。
少しだけ、都会に戻ってきたような感覚だ。
メンバは温泉に入って汗を流すことになった。
私は先に大阪へ戻ることにしてみんなとして別れを告げる。

2015091249

みくりが池がきれい

2015091250

アルペン3号に乗って富山に帰ろう

■1435室堂
すぐにバスターミナルを覗くと1500発のバスがある。
ラッキー!

■1500バス
補助イスも使って満員。
登山客が3割ほどか。
ほどよく揺れるバスに爆睡。

■1530美女平駅
ここでもケーブルは満員だ。
半分は外国の観光客。

■1545立山
■1557アルペン3号
特急料金は110円。

■1705富山駅
■1805つるぎ725号
8910円
■1840サンダーバード42号
■2117新大阪

[感想]

[1] はあー、疲れた。2日間で14時間も歩いた。
[2] 立山連峰縦走だけならベンチャー連れて行こうかな。もう一度訪れたい。
[3] 晴れ男晴れ女が必要だな。