今日は、特例中の特例で仕事はお休み。
月曜日ってどんな感じ?温泉でも行こうか。
でもな、やっぱり登山してから汗流さんと。
--------------------------------------------------
【兵庫】魚屋道から六甲山へ 登山 2014
--------------------------------------------------
記録:2014.06.30
天候:曇りのち晴れ
場所:六甲山
出発:阪急「芦屋川」駅
到着:有馬温泉駅
地図:山と高原社「北摂・京都西山」
道程:[1]芦屋川駅→[2]ロックガーデン→[3]風吹岩→[4]六甲山→ [5]有馬温泉
Map:
より大きな地図で 六甲山魚屋道 を表示
歩行:5時間
歩数:23040歩
距離:約 15Km
高低:20140630rokkou_koutei
駐車:六甲山 一軒茶屋付近
トイレ:芦屋川駅、
備考:
BV:★   (ちょっと厳しいか)
CS:★★ (頑張ればいける
BS:★★ (十分いける)
VS:★★ (楽勝)
--------------------------------------------------
■ 0549 桃山台
6年ぶりかあ。魚屋道。
午前中に有馬へ抜けようとすると早朝出発しないといけない。
それに今日は五十日(ごとび)。あんまり関係ないか。
がらんとした電車に乗って神戸を目指す。
魚屋道なら、阪神電車「深江駅」かJR「甲南山手」駅。
しかし、自宅から行き慣れた芦屋川駅にした。

■ 0632 芦屋川駅
だあれも降りない。さすが平日。
駅南のコンビニで小さな弁当(三色弁当)を買う。
いつも大きな弁当を買うので食べ過ぎる。
自宅から持参したビールが重い。
買いものしてるハイカーが1人いる。

20140630_arima01

いつもはたくさんのハイカーがいるが

20140630_arima02

ロックガーデンの入り口

■ 0640 出発
1600歩。
いつもはハイカーで賑わう駅前の広場。おじさんが掃除している。
高校生らしき生徒が1人で英語の単語の勉強をしている。
蒸し暑い一日になりそうだ。
軽い屈伸をした後で出発する。

芦屋川沿いをぶらぶら歩き、一つ目の信号を左斜めに進む。
出勤途中のサラリーマンはいない。
犬を散歩している人に出会うだけだ。
見たこともないような大型犬。鼻がツンと前に出て歩き方もなんとなくお洒落。

芦屋は知る人ぞ知る高級住宅街。犬まで高級だ。
というようなことはどうでもよいが前へ進む。

■0703 ロックガーデンの入り口
4200歩。
おっ、前を歩いていた女性2人がロックガーデンの前で着替えている。
高座の滝が涼しげだ。
おじさん5人が座り込んでなにやら話をしていた。
目で挨拶してロックガーデンへの急坂を登る。

20140630_arima03

岩場の入り口

20140630_arima04

野猫が三匹いた

しばらくいくと岩場の入り口に。
両手でのぼらないといけないような岩場が続く。
昔はこの程度の岩場でもしんどいと思ったが、今は楽しいと思えるから不思議だ。
けっこう足の筋力がついてきたのかもしれない。
曇り空だが、湿度が高く汗が噴き出る。
登り初めから風吹岩までは急坂だ。ハイカーが1人、2人。
2つほど鉄塔を行き過ぎる。

■0739 風吹岩
5950歩。
やがて見慣れた風景に到着。
風はない。
三匹の野猫が退屈そうに、よく来たなっていう目線でこちらを見る。
1人のハイカーが清掃登山をしているらしく、ゴミ袋にゴミを集めている。
曇っていて、大阪平野がかすかに見える程度だ。
噴き出る汗がとまらず、しばらくクールダウン。
 5分ほど休憩して出発。
横池への分岐を右へ進む。

■ 0758 大谷乗り越えへの分岐
6876歩。コースタイム通り。
ここを左へ。雨ヶ峠を経由して六甲山へと進む。
相変わらず誰も見かけない。地面は少し湿っている。

20140630_arima05

ゴルフ場への入り口

20140630_arima07

雨ヶ峠

■ 0818 芦屋カンツリー倶楽部
いつも不思議に思うけど、なんで、登山道がゴルフ場の中にあるんやろ。
ゴルフ場が後から出来たのかもしれない。
芝刈り機の音が聞こえる。
見た目は緩やかだが、歩いているとけっこう急な坂が続く。

■ 0840 雨ヶ峠
9500歩。
ふうー、ちょっと休憩しよか。っていう気分になる。
6km程歩いた計算になる。
先ほどの清掃登山をしている人が休憩していた。
他に誰もいない。しかし、蒸し暑い。

さあ、出発しよう。六甲山まであと1時間はかかる。

20140630_arima08

川を渡ると雰囲気がでる

20140630_arima09

おおーここまで来たかっ

森のなかはヒンヤリしている。
途中で川を何度か渡る。水音を聞くと、涼しく感じる。
やがて本庄橋跡を行き過ぎて、七曲がりを登る。
これが最後の急登だ。
小学生のころ、ここを登るのがしんどかったことを想い出した。
ラジオを流しながらゆっくり登る。

■ 0930一軒茶屋
13680歩。
ひょっこり、一軒茶屋に出た。
あれって感じ。真向かいの小径を登ると六甲山への舗装道路に出る。

20140630_arima10

山頂広場には誰もいない

20140630_arima11

立派な三角点

■ 0940 六甲山(931メートル)
14340歩。舗装道路を歩くのはけっこうキツイ。
山頂広場は見通しのきかない場所だ。予想したとおり、誰もいない。
タイマーを使って写真を撮る。
931メートルか。すぐ横に立派な一等三角点のプレートがある。
ここでご飯を食べるのもつまらないので少し下ることにした。

むこうの電波塔でなにやら音がする。
ふと見ると自衛隊の人たちがなにやら作業をしていた。

途中の展望所で昼食をとる。
かすかに大阪平野が見える。
山の神様とご先祖様に感謝の杯を捧げる。
うまいなあ。
なぜか、もういちど六甲全山縦走に挑戦しようかなと思った。

■ 1017 下山
もう少し、ここに留まっていたいが下山することにした。
有馬温泉が楽しみだ。

20140630_arima12

ここから森林浴です

20140630_arima13

道はこんな感じ

■ 1024 魚屋道の入り口
15070歩。
一軒茶屋まで降りて向かい側の道を有馬へと向かう。
案内板の説明を読むと、ここからは癒やしの森だそうだ。
ゆっくり3時間以上かけて歩くと、森の力でリフレッシュされるとある。
へえー、そうか。じゃあ、ゆっくり歩こう。
 道は歩きやすく両側にこんもりとした森を感じる。
葉は青々としていて、マイナスイオンが出てるような気がするな。
いい感じ。
ゆっくり歩く。
ゆっくり歩くと、地面を這っている虫が見えるなあ。
踏まないように歩く。

20140630_arima14

たしかに癒やされるような気が

20140630_arima15

有馬温泉癒やしの森

■ 1141 有馬温泉癒やしの森 出口
21810歩
やがて、癒やしの森も終わり有馬の町へ出た。
そばの道路でタクシーが止まってる。外に出て運転手が、タバコを吸ってる。

20140630_arima16
有馬の道はせまく急坂がつづく。
辺りは温泉系の保養所だらけ。
稲荷神社の前の狭い道を降りる。

20140630_arima17

炭酸がぶくぶく

20140630_arima18

飲んでみたら味のない炭酸水だった

■1150 炭酸源泉公園
炭酸がぶくぶくわき出ている。観光タクシーがお客を降ろして紹介している。
すこし、階段を上ると炭酸が飲めるようになっている。
昔は、これに砂糖を混ぜて飲んでいたそうだ。
飲んでみたらぬるい炭酸水だった。すこし、ぴりっとしている。

20140630_arima19

入浴料は550円

20140630_arima20

有名な金の湯

■ 1155 銀の湯
23000歩。
以前に金の湯に入ったことがあるので、今回は銀の湯にする。
炭酸泉だ。
月曜日とあって、ガラガラだった。正解。
風呂場のロッカーにザックをいれるのに苦労した。
汗を流してゆったりと温泉につかると気分がいい。

■ 1240 温泉終了
23040歩。
ここから、狭いお土産物屋を抜けると5分ほどで金の湯だ。
無料の足湯があって、すでに人がいっぱい!

■ 1300 阪急高速バス
1080円。ボクが予約を入れて満席。ラッキー!
クーラーの効いたバスで爆睡。

■ 1332 桃山台
23780歩。
よく歩いた。半日でかえって来れた。

[感想]
[1] 平日のプログラムとしては早朝出発がちょうどよい。
[2] けっこうキツい勾配だが下山は緩やかな坂なのでコースとしてはよく出来ている。
[3] 夏場は、水は1Lは必要だろう。