雨が多いとは言え、秋になってきたやん。
長い間、癒やしのハイキングに行ってない。ということで、久しぶりに武田尾に出かけました。
-----------------------------------------------------------------------------
【武庫川渓谷】武田尾の秋ハイキング 2013
-----------------------------------------------------------------------------
記録:2013.09.14
天候:晴れ 最高32度
場所:京都府福知山 武庫川渓谷(JR福知山線廃線跡)
出発:JR生瀬駅
到着:JR武田尾駅
道程:[1]生瀬駅→[2]木ノ元バス停付近→[3]武庫川渓谷→[4]桜の園→[5]武田尾駅
Map:
より大きな地図で 武田尾廃線ハイク を表示
歩行:2時間
歩数:13280歩
距離:約 8Km
備考:懐中電灯
BV:★★★(コース自体は安全。就学前児童でも歩ける。)
CS:★★★(トンネルが楽しい)
BS:★★ (BS年代でも楽しいだろうが、大峰山経由のコースで迂回する手も)
VS:★ (高校生年代には物足りない。)
-----------------------------------------------------------------------------
■ 09:05 自宅出発
他に用事があったので出発が遅れた。
今日のコースは8kmほどの距離なので時間はかからない。
ゆっくり歩いても2時には上がれるだろう。

20130914_takedao10

駅前のコンビニ(ここ以外にない)

20130914_takedao11

国道176号線の木ノ元バス停前の道路を渡る


■ 10:24 [1]JR生瀬駅
2400歩。ハイカーたちが10数人降りた。
トイレを済ませる。ここから、ハイキングコースの[4] 桜の園までの7kmまではトイレがない。
どこかで、ツクツクボウシが鳴いている。

駅前はガランとしているが右手に生協がある。(写真左)
ここで、弁当を買う。ハイカーのなかの何人かもここで弁当を買っていた。

■ 10:36 出発。
ここから線路沿いに数十メートル進んで線路の高架下を右にくぐる。
くぐったところで国道176号線にでる。
信号を左に進む。大阪へ向かう車が渋滞している。

■ 10:20 [2]木ノ元バス停付近。
この前の横断歩道を渡り、武庫川の測道にでる。
2年前に来たときも横断歩道なのに信号はなかった。今もない。
じっと待ってたら車が止まってくれた。
ようやく道を渡って、渓谷沿いの道に入る。(写真右)
他のハイカー達も、私たちの前後にいる。

20130914_takedao12

入り口からみたところ(草がぼうぼう)

20130914_takedao13

JR西日本の立て看板


これが、コースの入り口だ。
夏の終わりとはいえ、草はぼうぼうと生えている。
自己責任でハイキングするように警告したJR西日本の立て看板がある。
外人を交えたハイカーがここで記念撮影していた。
ここは、あんまり記念撮影に向いてないと思うよ。

20130914_takedao14

この感じがたまらなくいいと思う

20130914_takedao15

最初のトンネルに入る


しばらく、右手に渓谷を眺めながら歩く。
蒸し暑いけど、風がヒンヤリと吹いて涼しさを感じる。
川の音が涼しさを後押しするようだ。

■ 11:06 一つ目のトンネル前。
5722歩。30分ほど歩いたら、最初のトンネルに出会った。
このトンネルが結構長い。ヘッドランプをつけて中に入る。
目が慣れていないので漆黒の闇だ。
枕木の跡があるので、つまずかないように歩かないといけない。
慎重に前へ進む。トンネル内は涼しい。
子供達が居て、キャアキャア叫んでいる。

20130914_takedao16

二つ目のトンネル(ひんやりとした風が吹く)

20130914_takedao17

トンネルの中から出口を見たところ


■ 11:24 二つ目のトンネル
7550歩。
子供達のグループを抜き去って先行した。
それとは別の女性2人連れのハイカーが前を歩いていたが、私たちに抜かせて後に続く。
どうやら、懐中電灯を持ってないらしい。それはあかんやろ.準備不足やで。
とかなんとか、思いつつもさっさと歩く。
トンネルの向こう側に、雰囲気のある道が見えるやん。(写真右)

20130914_takedao18

川の流れる音が心地よい

20130914_takedao19

三つ目のトンネル


■ 11:43 三つ目のトンネル
万歩計9285歩。
トンネルを抜けると、やっぱり渓谷の風景が展開する。
足下は、枕木の跡が続くので歩幅が小さくなる。
前後をたくさんのハイカーが歩く。
気温が高くなってきたので汗がにじむ。

20130914_takedao20

劣化が激しい赤い鉄橋(左側に通路がある)

20130914_takedao21

鉄橋から川を眺める


■ 赤い鉄橋
老朽化が激しそうだ。金網で進入できないようにしてある。
ハイカーは、この横の幅60cmくらいの通路を渡る。
通路から見た景色もなかなか良い。

20130914_takedao22

四つ目のトンネル

20130914_takedao23

桜の園の看板


■11:49 四つ目のトンネル
9700歩。
それにしても、トンネルだらけやな。ま、それが、このコースの面白いところ。

■ 12:00 桜の園到着
11020歩。河川敷におりて昼食にしようかと思ったが、先客がいたので断念。
上の芝生の広場で昼食にした。
河川敷にはペットボトルなどのゴミがたくさん落ちていた。
ハイカーはマナーを守らないと。せっかくの良いコースが...。

芝生の広場には、たくさんのハイカーが弁当を食べていた。
家族連れも多いが、女性だけのハイカーが多いような気がする。
 いつものように神様に感謝して、泡般若をいただく。(泡般若とは仏教界で言うところのビールのこと)
じっと、地面をみるとたくさんのアリがやってくるではないか。
冬支度のために、せっせと食料を巣に運んでいるのだろう。
 あたりは、アブラゼミとツクツクボウシが鳴いている。
さすがに夏の終わりにもなると蝉の鳴き方も上手だ。
(と、つまらんことに感心する)

■ 13:12 出発
いつもより長めの昼食タイムとなった。
ゆったりとしてご飯を食べていると眠くなる。(正確には酒の飲み過ぎ)
さあ、いきまひょか。どっこらしょと声をかけて立ち上がる。

20130914_takedao24

公園からすぐの橋で記念撮影

20130914_takedao25

橋から公園を振り返ったところ


ちょっと記念撮影。もっと、良い場所があったと思うが。まあ、いいか。
もう、一本、短いトンネルを抜けて歩いて行く。

20130914_takedao26

地面はこんな感じ。枕木のあとがある。

20130914_takedao27

ハイキングコースの終点


地面はこんな感じ。枕木が陥没しているようでいて、微妙に地表から出ている。
10分ほどでトイレに着く。
そこから木橋を渡って左に降りると舗道された道路にでる。
ここから駅までは10数分の距離だ。

20130914_takedao28

武田尾駅が見えてきた

20130914_takedao29

自動改札でPITAPAを使う


■ 13:43 武田尾駅
13280歩。
武田尾は無人駅だ。PITAPAは使える。
階段を上がってホームに向かう。
駅は、トンネルの中にあるのだ。
ホームに上がると、たくさんのハイカーが電車を待っていたのでちょっと驚いた。
ほどよいハイクだった。

感想
[1] 2時間ほどのお手軽コース。
[2] トイレは出発地点と終点近くの2カ所。その間は7kmほどある。
[3] 途中で自動販売機などはない。
[4] 逆から歩くのもよいだろう。お昼をどこで取るかがむずかしいが。